コマツ(株式会社小松製作所)

コマツ(株式会社小松製作所)の企業情報

東証

コマツ(株式会社小松製作所)

【機械】

建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業用機械などの事業を展開しています。

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
日本のモノづくり技術を世界へ-押しも押されもせぬグローバル企業へ成長

石川県小松市の一鉄工所からスタートしたコマツは、今や建設・鉱山機械メーカーとして、押しも押されもせぬグローバル企業へと成長しました。連結売上高は世界第2位で、建設・鉱山機械部門売上げの8割以上は海外が占めています。
コマツの合言葉は「グローバル・チームワーク」と「チャレンジング・スピリット」。全世界で働く社員が一丸となって、お客さまに喜んでいただける製品・サービスの提供を目指し、愚直に「モノづくり」を追求しています。また早くから多くの経験を積むことで、失敗を恐れずに挑戦し続ける精神を養うことができます。目標をクリアすることで味わう喜びや達成感が、さらなる困難な状況にも立ち向かえる原動力となるのです。

事業・商品の特徴
成長を止めない技術力

コマツで小松」と呼んでいます。これはハイブリッド建機や無人走行ダンプトラック等に代表され、これらを使った「ダントツサービス」を提供しています。業界に先駆けて開発されたICT建機は、自動制御により初心者であっても熟練者と同精度に施工出来るため、人手不足という建設現場の課題解決に貢献しています。コマツは進化を続け、お客様の現場に直接関わりより良い工程をご提案する新サービス「スマートコンストラクション」を開始しました。今やコマツはただのメーカーではなく、お客様の現場を熟知したパートナーとしてなくてはならない存在になる事を目指しています。

私たちの仕事

建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの事業を展開しています。

はたらく環境

職場の雰囲気
「人への投資」が第一優先

会社が成長を続けていくためには、多様な価値観、考え方を持った人材が必要です。コマツでは様々な立場の社員が安心して働き続けられるよう、ワークライフバランスの推進をはじめとする働きやすい職場環境作りに力を入れてきました。例えば、育児・介護等のライフイベントに応じて働き続けられるよう、在宅勤務制度や休業制度の充実など、多くの選択肢を提供しています。入社から定年までの40年間という長い会社生活の中で、コマツで働くすべての社員が仕事とプライベートを両立し、充実した生活を送ってほしいという願いから、「人への投資」を続けています。

企業概要

創業/設立 設立 1921年(大正10年)5月13日
本社所在地 東京都港区赤坂2-3-6
代表者 代表取締役社長(兼)CEO 小川  啓之
資本金 【連結】 686億89百万円 (米国会計基準による)
【単独】 709億73百万円
売上高 【連結】 2兆4448億円
(2020年3月現在)
従業員数 【連結】62823名
【単独】11692名 (2020年03月現在)
事業所 【本社】
 東京

【営業拠点】
 国内及び海外各地

【工場】
<国内>  
 石川・大阪・兵庫・茨城・神奈川・栃木・福島・富山

<海外>
アメリカ・ブラジル・イギリス・ドイツ・イタリア・スウェーデン・ノルウェー・ロシア・インドネシア・タイ・インド・中国 など

【研究・開発拠点】
<国内>
 石川・大阪・茨城・神奈川・栃木・福島・富山 など

<海外>
アメリカ・ドイツ・イタリア・スウェーデン など
海外販売拠点 211拠点
気になる

86人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません