コトヒラ工業株式会社

コトヒラ工業株式会社の企業情報

コトヒラ工業株式会社

【機械|金属製品|重電・産業用電気機器】

自然環境に恵まれた信州・浅間高原の山裾を拠点に、伝統の中で培ってきた複合技術力をもとに、住宅・情報・システム・環境の多岐にわたるフィールドでテクノロジーの可能性を追求。豊富な設備によって機器製造の社内一貫生産を実現しています。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
卓越した開発設計技術と一貫した製品開発体制

コトヒラ工業の製品領域は広く、全国トップランクの生産量を誇るユニットバスルームパネルをはじめ、県内有数の大型加工設備による大型製缶加工、高い信頼を得ている情報関連機器の筐体を得意とするOEM製品、バイオテクノロジー技術による環境関連機器など、製造・生産技術、開発・設計、システム開発などの複合技術力を生かした製品群を生み出しています。完全自動化されたパネル加工ラインや無人搬送システム、自動倉庫まで高度に自動省力化されたハイテク工場は、その大半が自社開発によるもので、FA・OAシステムから生産管理などのシステム設計も独自に社内で開発されています。

私たちの仕事

職種は、営業課と連係した市場調査や、3DCAD/CAE・各種計測器を駆使した試作評価が主な業務の技術開発職、「大型製缶加工」と呼ばれる大きな金属加工の仕事が主流で、日本を代表するメーカー様を相手に商談を行う受託営業職、Kotohiraブランドの自社開発製品を販売する自社製品営業職ほかSE、事務職、製造職など社員が一体となって高品質製品を製造。B to B事業のため身近な製品は数多くありませんが、食品工場や自動車工場、半導体工場などで間接的に一般生活に必要なモノづくりを通して社会に貢献しています。

はたらく環境

社風
社員のチャレンジ精神が旺盛で、助け合いが根付く職場

コトヒラの文化を語る上で重要なキーワードは「挑戦」「働きやすさ」「助け合い」。チャレンジすることを推奨する風土、個々を尊重する職場環境、困っている人がいたら周りが気付き、手を差し伸べる優しさが、コトヒラには根付いています。新たな技術を用いて試作機を製造したいと思えば、社員同士で集まって議論を繰り返し実際に設備を動かす。社員の挑戦を会社は見守り、バックアップ。そして社員の業務量が増えれば仕事をシェアし、困っている社員がいれば誰かが助ける。仕事の配分や社員同士のサポート体制が自然な形で行われる風通しのよい活気あふれる社内です。

企業概要

創業/設立 創業/1940年(昭和15年) 設立/1945年2月(昭和20年)
本社所在地 長野県東御市滋野乙1320
代表者 代表取締役社長 手塚久仁彦
資本金 4000万円
売上高 116億円(2017年11月期)
従業員数 322名 (2017年06月現在)
子会社・関連会社 (株)メカニカル/(株)ウィングソフト/タイコー電子(株)
事業所 本社・本社工場(長野県東御市滋野乙1320)
佐久工場(長野県佐久市塩名田65)