株式会社OCCのキャリタス限定情報

株式会社OCC

【非鉄金属|その他電子・電気機器】

INTERVIEW

  • 所属部署
    海底線事業本部 海底システム事業所 設備部
    出身大学・学部・学科
    北海道大学大学院 総合化学院

    工藤 裕貴(2019年入社)

  • スケールの大きさと、日本で唯一の会社である点に強く惹かれた

    物作りに携わりたかったので、就職先はメーカーに絞っていました。特に多くの人の生活に直結する製品が良いと漠然と考えていた時に知ったのがOCCです。国際間のデータ通信の要である長距離に及ぶ海底ケーブルを扱うスケールの大きさと、OCCはそれを製造する日本で唯一の会社である点に強く惹かれました。その工場内において「安全」は最も重視すべき項目の一つで、私は設備の導入や改善に関する仕事をしています。大型設備が多い弊社の工場で、より安全性を向上させるため、特定の範囲内に人の立ち入りを検知すると、設備に自動でブレーキがかかるシステムを導入しました。協力会社様と共に設置工事を行い、設備の動作プログラムの改善も自ら行うことで、自分が求めている通りに動作し、安全性向上に寄与できた喜びは大きいです。工場を支えている、土台である製造ラインの設備やインフラ設備に直接携わることができる部署ならではの感覚だと思いました。

  • 所属部署
    情報通信事業本部 上三川事業所 技術部
    出身大学・学部・学科
    長崎大学 水産学部

    竹川 陽菜(2018年入社)

  • 大変なこともありますが、これからも頑張ろうと思えます

    上三川事業所では、お客様の様々なご要望に合わせて製品を造る多品種少量生産を行っており、私はそこでケーブルの設計を担当しています。ご要望に沿った製品を設計・開発するためには沢山の知識が必要となるので、ケーブルについて勉強は欠かせません。最近では、水中ケーブル等の難易度の高い設計も任されるようになりました。水中ケーブルは浮きやすさや曲げやすさ、引っ張りに耐えられる力などを考慮する必要があるので、ケーブルの外径や重さ、材料などに注意して設計しなければなりません。用語や原理も難しく、理解するのも精一杯ですが、先輩社員に相談したり、試行錯誤したりしながら、日々仕事に励んでいます。初めて自分が担当したケーブルの検査に立ち会い、無事にお客様の希望条件を満たしていると確認したときは、努力が報われ、とても嬉しかったです。まだまだ1人で出来ないことも多く、大変なこともありますが、これからも頑張ろうと思えます。

  • 所属部署
    ケーブルシステム事業本部 営業部 技術グループ
    出身大学・学部・学科
    九州大学大学院 理学府 物理学専攻

    喜舎場 英吾(2014年入社)

  • ものづくりの各工程全てに関わることができます

    技術営業として、技術的・科学的なバックグラウンドや専門知識を活かして、クライアント企業へ営業活動を行っています。例えばお客様から、新しい製品を作ってほしい、というお話を頂いたとき、まずはお客様の要望を聞いて、「どんなものを作るか(製品仕様といいます)」を考えていくところから仕事が始まります。そこで自社の技術に通じている人間なら、お客様の抱えている問題の解決や要望を叶えるための良い提案をすることが出来ます。どんな環境で使うの?何を測りたいの?どんなセンサーを使いたいの?求められる性能は?大きさの制限は?距離は?深さは?等、まだ形も定まっていないところから仕事が始まって、製品仕様の協議・設計・試作・評価・製造・検査・納品、と、製品が世の中に出ていくまでのものづくりの各工程全てに関わることができます。

気になる

93人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません