中部鋼鈑株式会社

中部鋼鈑株式会社の企業情報

名証

中部鋼鈑株式会社

【鉄鋼】

国内最大級の電気炉を保有する歴史ある鉄鋼メーカー。鉄スクラップに再び命を吹き込む、地球の未来に優しい鉄造り。私達の素材はこれからも日本のモノづくりを幅広く支えていきます。

  • 安定した顧客基盤

  • 無借金経営

  • アットホームな社風

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
素材で日本のモノづくりを支える

当社の製品「厚鋼板(あつこうはん)」は建築土木、産業機械、建設機械、船舶、橋梁など幅広い産業分野で使用されており、モノづくりに欠かすことのできない基礎素材です。
素材がなければモノづくりは始まりません。創業以来約70年、市場に素材を供給するという社会的使命を果たし、日本のモノづくりを幅広く支え続けてきました。

事業・商品の特徴
地球の未来を守る「環境にやさしい鉄づくり」

当社の電気炉製鋼技術は、鉄スクラップをリサイクルして再び社会へ供給するという、循環型社会において重要な役割を担っています。
鉄スクラップから「新たな価値」を創造すること。それこそが当社に課されたミッションなのです。
また、製品製造の際に排出する温室効果ガス(CO2)の量が少ないため、私たちの事業は、循環型社会・低炭素社会の構築に貢献しており、その役割は今後ますます重要となっていきます。

ビジョン/ミッション
厚板に特化し幅広いニーズに対応する「オンリーワン」

1950年創業。1961年には、当時世界最大の200t電気炉を導入しており、現在でも国内最大級の大きさを誇る規模です。その後も、世界的にもユニークな連続鋳造機による製鋼と圧延の直結プロセスを採用し、2009年には100億円の投資により最新鋭の技術が組み込まれた圧延工場が稼働。こうした特色ある設備導入で、高炉メーカーと競争できる体制を整え、業界の中でもオンリーワンとなる、電炉厚板専業メーカーとして歩んできました。
電気炉は多品種・小ロット生産・短納期生産が可能であるため、お客様の要望にきめ細かく、「face to face」で向き合い信頼関係を築いてきました。またお客様の声から数々の新商品も開発し、当社のオリジナルブランド製品として長く好評を得ています。

私たちの仕事

■技術系総合職:製鋼や圧延技術、鉄鋼材料に関する研究知識や専門技術を高め、工場の操業管理や品質管理、製造技術や品質の改善、設備管理などを行います。

【機械系】電気炉、圧延機、連続鋳造機など様々な機械設備のメンテナンスや改造、新規導入を検討し実行。装置産業である当社は事業において機械が果たす役割が大きく、機械系は幅広く活躍できます。

【材料系】操業方法や製品品質維持改善といった基本的な業務から、電炉技術を用いた製鋼方法を学び、電炉ならではの特性を活かした新商品開発まで、素材メーカーである当社において材料系は欠かせない存在です。

また、鉄鋼業界で開かれる研究会など、社内外の勉強の機会も豊富。自分の目標に向けて知識や技術を身に付けていく喜びがあります。
若手から責任ある業務を通じてこれらの幅広い知識と技術を身に付け、将来は顧客ニーズに応える新製品の開発に挑戦します。鉄スクラップに含まれる特有元素の活用や製鋼と圧延の独自技術を駆使しながら、電炉特有の新製品開発を実現することで、当社の「新たなる価値の創造」を担います。

■事務系総合職:営業、購買、生産管理、人事、経理、経営企画等様々な職務をローテーションします。当社の営業スタイルは常にお客様と「face to face」で向き合うこと。この堅実なスタイルを貫き続けることで信頼関係を築いており、市場において確固たる地位を確立しています。そして、様々な職務を経験することで、幅広い視野と柔軟な対応力や思考力を身に着け、将来的に会社経営を担う組織の中核となる人材へ成長することを期待しています。

はたらく環境

オフィス紹介
都市型製鉄所

当社は市街地に立地する都市型製鉄所。最寄駅やバス停にも近く通勤アクセスは抜群です。敷地面積約7万坪の当社工場の屋根には、ソーラーパネルを設置され、メガソーラー発電所としても稼働しています。市街地に立地するからこそ環境への取り組みにも力を入れています。

社風
少数精鋭! 1人ひとりが主役となって働いています

当社は長い歴史の中、お客様のニーズに対応するため、業界の中での存在を確立するため、合理化投資や最新鋭設備導入を繰り返してきました。その過程で組織がコンパクトになって行き、今では少数精鋭、1人ひとりが主役となって働いています。部署間の垣根も低く、とても風通しのよい組織です!

企業概要

創業/設立 1950年2月15日
本社所在地1 愛知県名古屋市中川区小碓通5-1
本社所在地2 名古屋市中川区
代表者 代表取締役社長 重松 久美男
資本金 59億700万円
売上高 522億円(2019年3月期)
従業員数 400名 (2019年09月現在) 平均年齢 39.9歳
子会社・関連会社 エンジニアリング事業 2社
商社事業 1社
広告看板の製作、厨房用品レンタル事業 1社
物流事業 1社
合計5社
事業所 東京営業所  東京都中央区
大阪営業所 大阪市西区
中部鋼鈑の理念 私たちは「資源リサイクル」による鉄づくりを原点として、新たなる社会的価値の創造に挑戦することを存在理念としております。1950年の創業以来、約70年にわたり厚鋼板製造に携わってまいりました。
電炉メーカーならではの多品種小ロット、短納期の特性を活かし、強豪ひしめく市場で独自の存在感を築いてきました。鉄スクラップという資源の有効利用に取り組むと共に、市街地に立地する製鉄所として環境にやさしい企業を目指すことで、これからも社会に貢献し続けます。
気になる

18人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません