ロート製薬株式会社

ロート製薬株式会社の企業情報

東証

ロート製薬株式会社

【医薬品】

目薬、スキンケアなどのヘルス&ビューティー事業を軸に、私たちの身体をつくる食、最先端のライフサイエンス研究を突き詰め、再生医療の領域にも事業を拡大しています。

私たちの魅力

事業内容
4つの主力事業

◎ヘルス&ビューティー事業
1899年に胃腸薬「胃活」を発売以来、一般用医薬品、化粧品などを通じてお客様の健康と美を支えてきました。
胃腸薬、目薬、皮膚用薬に加え、1980年代後半からはスキンケア領域にも注力。
効果のある機能性化粧品づくりに医薬品メーカーとしての視点を生かし、今や売上の6割を超える軸に成長させました。
これからも長年培ってきた研究開発力をバックボーンに、
グローバル品質の製品を国内工場で生産。
幅広い世代のお客様の多様なニーズにお応えしていきます。

◎食事業
薬は病や怪我を治し、人を癒しますが、「本当の健康は薬が必要でなくなることではないだろうか?」と私たちは考えます。「薬に頼らない製薬会社」を目指し、日々の健康をつくる源である「食」にも挑戦。
日本各地で循環型農業や有機栽培に取り組むとともに、薬膳・栄養学の考えを生かしたレストラン「旬穀旬菜」の運営、旬の果実を使ったフローズンフルーツバーPALETAS」の販売など、製薬会社の枠を超え、「食」からはじまる真の健康に挑戦しています。


◎再生医療事業
治療法がないと諦めていた病気を、治せる病気に変えていく。
大きな可能性を秘めた最先端の技術「再生医療」に、2011年から挑戦しています。
長年にわたり、様々な分野で研究開発を重ねてきたロート製薬の強み
「細胞を扱う技術」と「無菌製剤技術」を活用。
「幹細胞」を用いた医薬品分野のトップランナーを目指し、
国内外の研究機関と共同研究を行い、技術開発を進めています。
その成果や知見の一部をアイケア、スキンケアにも応用し、より多くの人々の健康と美しさに貢献していきます。


◎グローバル事業
米国、中国、ベトナムをはじめとする世界の各エリアに現地法人を置き、世界110か国以上で事業を推進しています。
国ごとに異なる環境や文化、嗜好を理解し、その国の人々から本当に必要とされる製品を開発。
海外や日本の生産拠点とあわせて、高品質の製品を各国で展開しています。
インド、南米、アフリカなど、日本のビジネス戦略が通用しない新興国でも、現地の方々と共に一からスタートし、その国のために活動をしています。
今後も世界各国で人々の健康と美をサポートし、社会に貢献していきます。

私たちの仕事

ロート製薬と聞いて思い浮かぶのは目薬、それとも胃腸薬?
それはほんの一部にすぎません。
健康について本気で考えたとき、私たちはこれまで取り組んできた医薬品の枠を超え、ビューティーケア、食、そして再生医療などの新しい領域に独自の理論を持って進出し、さらに世界へも活動を広げていきました。
本当の健康とは何か。企業としての活動を通じて、世の中すべての健康のためにチャレンジを続けます。

はたらく環境

組織の特徴
ロート流 健康経営

当社が考える‘健康’とは、単に病気でない、ということだけではありません。心身の健康を基盤として、情熱(働き甲斐・生きがい)をもって日々の仕事に取り組むことができてこそ‘真の健康’であり、そういった社員が世の中の健康を支えていく‘健康人財’であると考えています。
社員が自ら前向きに健康であり続けようとする「きっかけづくり」に注力することで、さらに健康人財を育成していきます。このような健康人財のポジティブなエネルギーが世の中に伝わり、社会そして次世代へと健康の輪を広げていくことができると考えております。

企業概要

創業/設立 創業 1899年(明治32年)2月22日
設立 1949年(昭和24年)9月15日
本社所在地 〒544-8666 大阪市生野区巽西1-8-1
代表者 代表取締役社長 杉本 雅史
資本金 6,504百万円
売上高 106,477百万円<単体>
188,327百万円<連結>(2020年3月期現在)
従業員数 1,529名<単体>
6,619名<連結> (2020年03月現在)
事業所 ■本社・支社
大阪本社、グランフロント大阪オフィス、東京支社
■支店
名古屋支店、福岡支店、札幌支店、仙台支店、広島支店、関東支店
■工場・研究所
大阪工場・研究所、上野テクノセンター、ロートリサーチビレッジ京都
気になる

435人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません