富士紡ホールディングス株式会社

富士紡ホールディングス株式会社の企業情報

東証

富士紡ホールディングス株式会社

【化学|医薬品|半導体デバイス】

一世紀を超える歴史を持つ繊維事業を礎に、IT、バイオテクノロジー、メディカル、産業資材へとさまざまな分野にフィールドを拡大して確立した技術や製品という実績をもまた礎として、さらなる高みを目指し新たなビジネスを創造します。常に時代が求める新しい技術・製品を提供することで先端産業を支え、人・社会・地球にとってより豊かな未来の創造に貢献し続けます。

  • 多角的な事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 無借金経営

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
日本の産業発展とともに紡績・加工技術を進化させ、総合化学事業を展開

明治29年創業、長い歴史の中で培った技術と経験を生かし、時代のニーズにマッチした新しい技術・製品を生み出すことで先端産業を支えます。グループ会社それぞれが研磨材、繊維、化学工業製品、化成品など有機材料技術を持つメーカーとして、高付加価値を国内外へと提供しています。

私たちの仕事

フジボウグループは、持株会社である富士紡ホールディングス株式会社と事業子会社から構成され、超精密加工用研磨材・機能性不織布を扱う研磨材事業、ファインケミカル中間体の受託製造を行う化学工業品事業、紡績・テキスタイル・アパレルを中心とする繊維事業、車両・自動車部品等の輸出やプラスチック成形の技術開発、溶剤精製事業などのその他の事業を展開しています。世界が認めるジャパンクオリティメーカーとして、グローバルな視点、素早い意思決定を武器として、今後もさらなる事業拡大を目指します。

はたらく環境

組織の特徴
グループ各社国内外15拠点で最新技術を支える

グループ各社の生産工場は国内に7カ所。いずれも広大な敷地と最新設備を誇っています。研磨材事業は愛媛県壬生川にはじまり、現在では静岡県小山、愛知県小坂井を加えた3か所に拡大し成長を続けており、今後もフジボウグループの牽引力として、ますますの成長を目指していきます。とくに最新設備を誇る小坂井新工場には、今後も需要増が見込まれるパワー半導体やLED基板の研磨に不可欠な補助器具であるテンプレートの製造ラインを新設し、生産能力の向上に努めています。工場ほか本社、支社など合わせて10拠点、海外には5拠点を展開しています。

社風
技術者が高い目標を持って働くことができる環境

富士紡の社員は少数精鋭で、年齢に関係なく実力次第でいろいろな仕事にチャレンジすることができます。「昇群制度」というキャリアアップ制度があり、各段階で試験に受かれば昇格することができます。

企業概要

創業/設立 明治29年3月24日
本社所在地 東京都中央区日本橋人形町1-18-12
代表者 取締役会長兼社長 中野 光雄
資本金 66億7383万2000円
売上高 (連結)358億9100万円(2018年3月実績)
従業員数 連結 1,353名 (2018年03月現在)
事業所 本社/東京都中央区
支社/大阪市
営業部門/東京、大阪
製造部門/愛媛、静岡、愛知、山口、福井、和歌山、大分、埼玉
研究・開発部門/愛媛
気になる

67人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません