埼玉縣信用金庫

埼玉縣信用金庫の企業情報

埼玉縣信用金庫

【信用金庫】

「動き出す BANK」を目指して~100年続く価値の創造~

  • CSR活動に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • 営業力が自慢

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
~地元‘埼玉’の発展のために~

私たちの出発点は地域のために何ができるのかを考えることです。
埼玉県全域を活動エリアとする≪さいしん≫は、全国で約260ある信用金庫のうち、預金積金残高第4位・貸出金残高第3位※とトップクラスです。
「≪さいしん≫Activeプラン」1.地域密着型金融の取組み、2.経営の効率化、3.さいしんブランドの構築・人財育成を掲げ、埼玉に生きる人誰もが、いきいきと活躍できる社会を実現すべく、取り組んでまいりました。これからも、「地域・お客さま・≪さいしん≫」がともに発展することを目指し、Face to Faceを大切に、いちばん聞き上手な信用金庫として“課題解決”を行っていきます。
※ニッキン調べ

私たちの仕事

信用金庫法に基づく金融業務、投資信託委託業務(関東財務局長202号)

◆金融業務を通じ、職員一人ひとりがお客さまの「総合プロデューサー」となり、「金融サービス+α」をご提供していく仕事です。金融業務には、預金業務、融資業務、為替業務の他、投資信託や保険の販売業務等があります。埼玉県内96店舗のネットワークを活かし、個人・法人問わず、地域のたくさんの方々にサービスをお届けしています。

はたらく環境

働く仲間
Challenge 精神を求めて

お客さまと信頼関係を築くまでには、時間がかかりますし、ときには失敗もあります。しかし、諦めることなく
お客さまが抱える“課題”を解決することに挑戦し続けることが大切です。その先に見える「お客さまの喜ぶ顔」は何よりも大きなやりがいにつながります。
自ら積極的に行動し、常に成長への強い意欲を持ち、失敗を恐れず何度でもトライする!そんな挑戦と誇りに満ちた仲間と一緒に、プロフェッショナルを目指しましょう。

組織の特徴
《さいしん》の聞き上手宣言!

《さいしん》の職員が目指す姿。それは、聞き上手となることです。経済環境が日々変化する現代において、お客さまの夢や未来、不安や悩みはさまざま。簡単な言葉でひとくくりにせず、一人ひとりの声に寄り添います。
「地域」の発展こそが《さいしん》の発展に繋がるという原点に立ち返り、お客さまの満足と感動が当金庫の経営基盤の強化につながるような好循環を実現してまいります。

企業概要

創業/設立 1948(昭和23)年2月1日
本社所在地 埼玉県熊谷市久下4-141
代表者 理事長  橋本 義昭
出資金 227億円(2020年3月末)
預金量 2兆8,070億円(2020年3月末)
職員数 1,706名 (2020年03月現在) 男:1,062名     女:644名
子会社・関連会社 埼信ビジネスサービス(株)、埼信リース(株) 他
事業所 本部/熊谷市
業務センター/さいたま市
本支店/埼玉県内96店舗
彩りプラザ/5カ所
ローンセンター/10カ所
店外ATMコーナー/76カ所(2020年3月末)
気になる

562人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません