キャリタス就活 トップ  >  特別企画  >  キャリタス地元就活&U・Iターン  >  九州・沖縄エリア  >  決定!就職希望企業ランキング

地元就活&U・Iターン

九州エリア

決定! 就職希望企業ランキング

アフターコロナを見据えた環境の中で
人気ランキング常連企業やインフラ大手に人気が集まる

2023年3月卒業・修了予定の会員を対象に就職希望企業の調査を実施した。コロナ禍での就活も3年目を迎えた。昨年は業績悪化に伴う新卒採用の中止や採用人数を抑えていた企業が、アフターコロナを見据えて新卒採用再開や採用人数枠を増やしている。就活戦線を取り巻く環境は売り手市場へと変化を見せている。新型コロナウイルス感染対策が迫られる中で、一気にデジタルへとシフトした採用活動も感染対策の緩和により、デジタルとリアルの両輪での活動が増すことが予想される。

業界研究・企業研究

COMPANY RANKING

総合ランキング(1~100位)

コロナ禍でインフラ企業への注目度が高まる

今年の総合ランキングの結果は、上位3位まで昨年と同じ顔ぶれとなり、1位のふくおかフィナンシャルグループが4年連続首位を守った。当グループは、福岡銀行、熊本銀行、十八親和銀行の3行を傘下に持ち、国内地銀トップの総資産27兆円超。
2位の福岡トヨタ自動車は、全国のトヨタ系ディーラーの中でもトップクラスの販売台数を誇り、本調査で毎年高順位に選出されている。3位の西日本シティ銀行は、西日本フィナンシャルホールディングスの傘下。取引先支援に積極的に取り組み、地域経済を支えている。4位の地元インフラ最大手の九州電力は、昨年6位から順位を上げた。コロナ禍で改めて社会インフラとしての「金融」や「インフラ」に対する重要性が再認識されたことが背景にあると思われる。5位の地元通信販売大手のやずやは、昨年と同じ順位を保持。昨年9位から6位に順位を上げたのは、九州を基盤とする麻生グループの一員で総合人材サービス会社のアソウ・ヒューマニーセンターだ。7位の安川グループは、産業用ロボットなど3つの分野で世界トップクラスの製品を誇る。世界的な電子部品需要の拡大を背景に、産業用ロボットをはじめ主要事業での業績も好調に推移している。昨年同様8位には、無添加石けんの老舗企業シャボン玉石けんが、10位にはTOTOが入った。今回新たにトップ10入りをしたのは、9位のテレビ西日本のみとなった。
 
◎西日本新聞・朝刊(2022年4月21日発行)の掲載記事において、3位西日本シティ銀行の説明に誤りがあったため、一部内容を修正して掲載

総合ランキング(1位~10位)

総合ランキング(11位~100位)

順位 企業名 Point 前年順位
順位 企業名 Point 前年順位
※前年順位(-)は、100位圏外

【調査概要】

■調査主体
株式会社ディスコ キャリタス就活 地元就活&U・Iターン【九州・山口・沖縄エリア】

■調査方法
就職情報サイト「キャリタス就活2023」会員の中で、九州・山口・沖縄出身および同地区の大学・大学院、短大、高専、専門学校生が対象。アンケートフォームで九州・山口・沖縄地区に本社を置く就職希望企業名(民間企業)、最大5社を連記。1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として計算した。同地区でのインターンシップイベントならびに就職イベントの会場内と、キャリタス就活のサイト内で実施した。

※官公庁を除く民間企業で集計

■調査期間
2021年10月16日~2022年4月2日

■有効回答数
1,092名(男子478人、女子614人)

西日本新聞・朝刊2022年4月21日(木)に掲載

地元就活&U・Iターン TOPへ