株式会社ロボット工業

株式会社ロボット工業(ロボツトコウギヨウ)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社ロボット工業

【機械|その他商社】

創業より半世紀。この歴史の中で弊社の技術は育まれてきました。
マニュアル化して誰でも身につけられる技術もあります。でもそこを超えたところに本当の技術はあると考えます。それは経験。経験に勝る教育なし。弊社の人材育成は時間がかかります。そのため弊社では若く元気な人材を常時募集しています。もちろん経験がなくてOK。理系でなくても大丈夫。
長く共に歩み、仕事を通じて共に成長し、「ものづくり」の喜び、「ものづくり」を通じて社会に貢献する誇りを一緒に味わいましょう。
【冬の積極採用企業】(MF2320)

  • 安定した顧客基盤

  • 経験や年功を重視

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
お客様のニーズに合った高性能でリーズナブルなマシーンを

世の中で幅広く使われているプラスチックフィルム。この製造ラインに欠かせない巻取装置を主体とした様々な産業用機械の製造及び販売。

工場の生産ライン用の装置の為、工場のスタイルに合った装置を提案します。綿密な打合せにより顧客の要望を引き出し設計することで、長年使って喜んでいただける機械を一台一台作り上げていきます。電気、制御も自社にて設計し、組立配線後、社内にて試運転調整、そして現地据付までの一貫しておこないます。

ゼロからのものづくりを体感できる仕事です。

私たちの仕事

◆営業部
顧客とのコミュニケーション窓口。発注検討いただく機械の仕様を決め見積書を作る。受注後、納入後のフォロー。

◆技術部
機械の設計、試運転調整。受注した内容を精査し、営業とともに打合せをし、機械を作る為の図面を作成する。完成後の運転調整、納入後の運転確認も行う。

◆製造部
部品の手配、製作。機械の組立、配線、配管。製品を一つひとつ作り上げていく。顧客への据付工事も担当。

どの部でも、商品である機械の知識なくしては仕事ができません。それを元に各部のフィールドでの仕事になりますが3つの部の連携なくしてはいい商品が提供できません。どの仕事をしていても、常に顧客を意識して仕事をしています。
なお、本社工場から全国の顧客に機械を納入しております。

はたらく環境

社風
ホームページで最新の採用動画公開中!

ロボット工業という名前は、1970年創業時に、ロボットという夢の最先端産業を担いたいという思いで名づけました。

当時ロボットというのは一般的にはまだ夢の世界で、創業したばかりの小さな会社にできる仕事はありませんでした。
仕事を確保するために、それまで知見のあったプラスチックフィルムの業界の工場を回り、装置の改造などをしていました。
その頃からスーパーのレジで渡す袋が紙袋からポリ袋に変わり、コンビニエンスストアの展開とともにレジ用ポリ袋の需要は急激に拡大していきました。またゴミ袋や米袋等のポリ袋も普及し、様々な用途でプラスチックフィルムが作られるようになりました。
(補足:一般的に「ビニール袋」といわれているほとんどの物は、実は「ポリ袋」なんです。)

その様な背景で、巻取機という商品が、ひとつの価値を産む様になりました。薄く、伸び易く、シワになりやすいフィルムをきれいに巻くのには、高度な技術が必要であり、付属品であった巻取機が商品として一本立ちしたのです。
現在の生活には欠かせない物になっているプラスチックフィルム。弊社もその生産現場で活躍する機械を作ることで一翼を担っております。

ロボットそのものは作っておりませんが、創業時の夢は形を変えて現在社会の産業に貢献しております。
(補足:ポリ=ポリエチレンの略称。数あるプラスチックの中で最もたくさんつかわれている樹脂)

採用動画をホームページにUPしましたので、是非ご覧ください。

企業概要

創業/設立 1970年7月13日創業
本社所在地 神奈川県愛甲郡愛川町中津6762番地
代表者 代表取締役社長 唐木 純一郎
資本金 5,600万円
売上高 6億6,598万円(2021年6月期)
従業員数 24名 (2022年04月現在) 
事業所 神奈川県愛甲郡愛川町中津6762番地

採用連絡先

〒243-0303
神奈川県愛甲郡愛川町中津6762
TEL.046-285-2591