株式会社三十三銀行

株式会社三十三銀行(サンジュウサンギンコウ)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社三十三銀行

【地銀】

2018年4月、三重銀行と第三銀行は経営統合し、三十三フィナンシャルグループを設立しました。そして2021年5月、新しく「三十三銀行」が誕生!地域のお客さまから愛され信頼される銀行として、地域とともに成長し、活力あふれる未来の創造に貢献します。合併により、両行の強みを完全に融合させ、「リレーション&ソリューションの深化」「経営の効率化・最適化」「強固な経営基盤の確立」という3つの基本方針のもと、ビジョンとして掲げる「質の高い地域ナンバー1銀行」を目指します!

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
地域金融機関として地域の成長に貢献しています!

すべてのお客さまに質の高い金融サービスと、従来の銀行業務を超えた金融仲介機能をご提供することで、地域の活性化に貢献し、地域のお客さまから愛され信頼されるよう日々活動しています。

事業・商品の特徴
幅広いネットワーク

三十三銀行は、東海・近畿に亘る幅広いネットワークを駆使し、さまざまな情報やノウハウを集約。企業や個人のお客さまのニーズに応えていきます。

私たちの仕事

銀行と聞くと「預金」や「貸金」といった仕事を想像される方も多いかもしれません。私たちは従来の銀行業務はもちろん、経営環境の変化に応じて「印鑑レス取引の拡充」「人材紹介」「IT化・DX化支援」など新しい業務も積極的に取り入れています。お客さまと深い「リレーション」を築き、高度な「ソリューション」を提供し、三重県、愛知県をはじめとする近接地域内のマーケットで、今まで以上に必要とされる銀行を目指しています。

はたらく環境

職場の雰囲気
若手の意見を積極募集!

銀行を取り巻く環境はここ数年で大きく変わりました。今まで通りの仕事をしているだけではお客さまから選ばれ続ける銀行にはなれません。三十三銀行では若手行員の意見を積極的に募集し、先輩行員の永年の経験や幅広い知識と合わせてこれからの時代に即した提案や取組みを行っています。皆さんの若い感性を求めています!

企業概要

創業/設立 2021年5月
本社所在地 三重県四日市市西新地7番8号
代表者 代表取締役頭取 渡辺 三憲
資本金 374億円
預金量 3兆7,970億円(2021年3月末現在)
従業員数 2,539名 (2021年03月現在) 
子会社・関連会社 三十三総研、三十三リース、三十三カード、三十三信用保証、三十三コンピューターサービス、三十三ビジネスサービス
事業所 三重121、愛知34、大阪6、和歌山5、奈良2、岐阜1、東京2

採用連絡先

〒510-0087 四日市市西新地7-8
TEL:059-354-7181
FAX:059-355-8221
jinji@miebank.co.jp
人事部:西川・西塔・青木