株式会社ヤスジマ

株式会社ヤスジマの企業情報

株式会社ヤスジマ

【プラントエンジニアリング|機械】

”challenge for good results”

ヤスジマは各種真空プラントの設計、製造をメインとして、各種乾燥プラント、各種含浸プラント、その他の装置など幅広い分野で活躍しています。
さらにチャレンジを続け、新製品の開発、お客様のご要望にあわせた装置開発、新規分野の開拓にも努力を重ねています。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 実力と成果を重視

私たちの魅力

事業内容
チャレンジを続ける研究開発型企業

当社は平成9年に中央研究所を開設し、各種テスト装置を設置し産学官連携、お客様との新製品開発、省エネ提案にも積極的に取組んでまいりました。
さらに平成30年3月石川県白山市に新社屋を移転し、これまで分散していた製造拠点を集約し、中央研究所はリサーチラボと名称を改め、さらにテスト装置を充実させました。
この新社屋竣工を機に、さらにチャレンジを続け新製品の開発、お客様のご要望にあわせた装置開発、新規分野の開拓など、常に最新の技術を導入し、皆様の期待に応えていきたいと考えております。

企業理念
限りなき挑戦 より良いものへの探求心

”challenge for good results”
当社は昭和25年にボイラ、圧力容器メーカーとして創立し、創立以来、研究開発型企業としてお客様のニーズにお応えすべき様々な装置設計、製作に取リ組んで来ました。
今では、ボイラ、圧カ容器だけではなく、各種真空プラントの設計、製造をメインとして、各種乾燥プラント、各種含浸プラント、その他の装置など幅広い分野でお客様のご希望に添えるよう日々努力しています。
私たちはこれからも創立の精神を忘れずに、挑戦を続けます。

私たちの仕事

ヤスジマの開発する装置には大きく5つの分野があります。
これまでに世の中に送り出した製品は下記の通りですが、1社1社オリジナルの装置を製作するため、実際はここには書ききれないほどさらに多岐にわたっています。

【食品関連装置】
YKD食用連続高速撹拌乾燥機、YVD真空撹拌乾燥機、真空冷却装置、凍結乾燥機、食品含浸装置、連続殺菌装置、レトルト殺菌装置、真空濃縮装置、二重ジャケット式圧力釜

【木材関連装置】
木材含浸装置(湿式)、木材含浸装置(乾式)、
ハイエレックドライヤー、ハイブリッドドライヤー、水蒸気爆砕装置、真空熱板乾燥機、インサイジングマシン

【廃棄物関連装置】
バイオマスボイラ、YKD連続高速撹拌乾燥機、YVD真空撹拌乾燥機、ロータリーキルン

【産業関連装置】
ワニス含浸装置、トランス真空注油装置、トランス真空乾燥装置、オートクレーブ、封孔処理装置、加水分解装置、加硫缶

【その他の装置】
クレーン、真空セット機、炉筒煙管ボイラ

はたらく環境

オフィス紹介
2018年3月に新社屋が完成

新社屋はカラフルな内装が特徴的で、事務スペースには広々としたデスクが設置され、一人ひとりにゆったりとした作業スペースが確保されています。使い勝手が良く効率的な仕事ができる環境が整いました。
昼休みや休憩に使用するカフェテリアもポップでおしゃれな空間となっていて、ゆっくりとくつろげるスペースになりました。
社員の皆さんにはできるだけ働きやすい環境を整備し、その中で自身の持てる力を存分に発揮して欲しいと願っています。
ちなみにこの新社屋は、第31回日経ニューオフィス賞において「中部ニューオフィス奨励賞」を受賞しました!

働く仲間
経営幹部が若く、明るいメンバーが揃っています。

創業から70年経ちましたが、現経営者は4代目でまだ51歳です。他の幹部や部課長クラスも30代~40代が多く、若くて活気のある会社です。新工場となり、これまで分散していた工場が一つに集約され、より大型の機械装置の開発や海外も視野に入れた新製品の開発も可能となりました。若い力を結集し、持ち前の提案力を活かし、大手にも負けない技術力をさらに高めていきたいと考えています。

社風
社員のチャレンジを会社で応援しています!

当社には社会人になっても、何かにチャレンジしている社員を全力でバックアップする風土があります。
2年前に入社した宮下君は高校時代に個人メドレーで県高校記録を出したこともある選手でしたが、その後ケガなどで結果が残せず、心残りがありました。もちろん大学に行くという選択肢もありましたが、できれば働きながらその夢を叶えたいと考えていたところ、偶然、当社と出会うことができました。
当社では、実はこれまでそんなタイプの社員を雇用した経験はありませんでしたが、彼が仕事と水泳の両立を真剣に考えており、【会社員である以上、仕事が優先】という信念はしっかり持っていたため、思い切って採用を決めました。
正直なところ最初はやはり心配もありましたが、仕事にも水泳にも毎日懸命に取り組む宮下君の姿を見て、今では大会になると社員も応援に出かけたりと、みんなでバックアップしています。
当社としても企業イメージのアップにつながるので、ちゃっかり社名入りの競技用ウェアを準備し、PRさせてもらったりしてますね…。

企業概要

創業/設立 1950年4月 安島製罐株式会社 設立
1991年8月 株式会社ヤスジマへ社名変更
2018年3月 本社・工場・研究所を石川県白山市へ全面移転
本社所在地 石川県白山市矢頃島町1001番地1
代表者 代表取締役社長 安島 勲
資本金 4,800万円
売上高 19億3,600万円(2020年7月期)
従業員数 65名 (2021年01月現在) 男性55名 女性10名
主要取引先 ナラサキ産業、兼松サステック、アクトリー、守谷商会、官公庁、食品メーカー各社、その他
事業所 関東営業所/埼玉県川越市
【リサーチラボ】ヤスジマの世界に誇る技術がここにある。 『お客様に満足して頂く製品を提供する。』を目標に掲げリサーチラボは設立されました。
リサーチラボでは、お客様に安心して当社の製品を購入していただく為の研究開発を日々行っています。
まず、小型試験機を設置し、基礎的なデータを取ることであらゆる原理を理解。その後、実践で使っていくために実用機サイズの試験機を設備し、基礎データを実用的に応用化します。
次に、基礎と実用的観点の角度から徹底的に分析を行い、お客様の期待に添う製品を提供させて頂いております。
また、リサーチラボは研究結果をお客様に直接見て頂くと言う役割があり、随時、お客様のご意見を聞く事でお客様との絆を深める場としても存在しています。
このようにして当社の製品はリサーチラボでのデータの確実な裏付けをもとにして開発されており、リサーチラボは製品開発の核として活動しております。
決して現状に満足することなく、明日の未来を共に切り開く製品進化の場所、それがリサーチラボなのです。
気になる

1人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません