茨城県庁

茨城県庁の過去の採用・募集情報

茨城県庁

【官公庁】

茨城県では、「茨城に住みたい、住み続けたい」人が大いに増えるような、「活力があり、県民が日本一幸せな県」の実現に向けて、県庁一丸となって取り組んでいます。
時代の変化に柔軟かつ的確に対応するためには、前例にとらわれず、新たな施策に積極果敢に挑戦していける若い力が必要です。
茨城県の持つ特性や優位性を活かし、県民全体の奉仕者としての強い使命感を持って、茨城県をワクワクするような魅力ある県にしたいと思っている皆さん、私たちと共に、未来に希望の持てる「新しい茨城」づくりに挑戦していきましょう!

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 離職率が低く安定

私たちの採用について

採用担当者からのメッセージ
「挑戦する県庁」への変革

未来に希望の持てる新しい茨城づくりに向けて、時代の変化に柔軟かつ的確に対応し、失敗を恐れずに、新たなチャレンジに取り組むことができる「人財」を求めます。

募集する職種

<令和2年度>
○大学卒業程度試験募集職種
事務(知事部局等)、事務(警察本部)、電気、機械、土木、建築、化学、薬剤師、管理栄養士、農業、農業土木、畜産、林業、水産、獣医師、福祉、心理

○高校卒業程度試験募集職種
事務(知事部局等)、事務(警察本部)、土木、農業、小中学校事務

※年度により募集しない職種があります。

※詳細については,茨城県人事委員会事務局ホームページをご覧ください。
http://www.pref.ibaraki.jp/jinjiiin/saiyojyoho.html

研修・社内制度

研修制度
幅広くスキルアップが可能です!

○一般研修
 新規採用職員から中堅・管理職の職員まで、それぞれの階層において職務遂行上必要とされる知識・技能を修得するための研修です。政策形成、事務処理、コミュニケーション、マネジメント等、様々な能力の向上を図ります。

○新規採用職員研修
 公務員としての心構えや職務上必要となる基礎知識を習得するため、「県の組織と仕事」「接遇」「効率的な仕事の進め方」「地方自治制度」「法の見方・考え方」等の研修を行います。

○特別研修
 職員自らが選択し、積極的・主体的に能力開発に取り組むための研修です。
 時代の潮流に学ぶセミナー、政策法務、企画書作成やクレーム対応の技法修得等の実践的で多様な研修を用意しています。

○派遣研修
 外部から茨城県を見直すことにより、意識改革と資質の向上を図ったり、高度な専門知識を得るための研修です。国や民間企業、大学院などへの派遣研修を行っています。

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 <令和3年度>
○大学卒業程度試験
 申込受付期間:4月28日(水)から5月19日(水)まで

○高校卒業程度試験
 申込受付期間:7月1日(木)から8月20日(金)まで

その他の試験及び選考に関する情報は、随時、茨城県人事委員会事務局ホームページで公表します。
http://www.pref.ibaraki.jp/jinjiiin/saiyojyoho.html
選考方法と重視点 <令和2年度>
○大学卒業程度試験
【第1次試験】
教養試験(択一式:50問出題40問解答:2時間)
専門試験(択一式:事務職は50問出題40問解答,技術系職種は40問全問解答:2時間)
【第2次試験】
論文試験(1問:1時間20分、1000字程度)※
口述試験(集団討論及び個別面接2回)
適性検査
※論文試験は第1次試験日に実施

○高校卒業程度試験
【第1次試験】
教養試験(択一式:50問全問解答:2時間)
専門試験(択一式:技術系職種のみ。40問全問解答:2時間)
【第2次試験】
作文試験(1問:1時間、800字程度)※
口述試験(個別面接1回)
適性検査
※論文試験は第1次試験日に実施
提出書類 第1次試験合格者については、面接票、住民票記載事項証明書等の提出をお願いしています。
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方
受験資格(年齢要件など)を満たしていれば学歴に関係なく受験することが可能です。
※職種によってはこれによらないことがあります。

募集要項

初任給 ○大学卒業程度 月給200,022円(大学卒)
○高校卒業程度 月給164,194円(高校卒)
(令和2年4月1日時点)
・採用前に職歴がある場合は、この金額に一定額が加算されます。
・地域手当6%を含んだ額です。
・職種・勤務課所によっては、研究職・医療職・福祉職の給料表が適用され、上記の金額と異なる場合があります。
昇給・賞与・諸手当 ・扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、期末・勤勉手当等が支給されます。
・期末・勤勉手当(ボーナス)は年2回(6月、12月)支給されます。
・勤務成績に応じて、原則として、年1回昇給が行われます。
・人事委員会の勧告により給与の改定が行われます。
勤務地 茨城県(水戸市、その他各市町村)、東京都など
勤務時間 通常:午前8時30分から午後5時15分

※以下のような時間帯で時差出勤制度があります。
早出1:午前7時から午後3時45分
早出2:午前7時30分から午後4時15分
早出3:午前7時45分から午後4時30分
早出4:午前8時から午後4時45分
早出5:午前8時15分から午後5時
遅出1:午前8時45分から午後5時30分
遅出2:午前9時から午後5時45分
遅出3:午前9時15分から午後6時
遅出4:午前9時30分から午後6時15分
遅出5:午前10時から午後6時45分
遅出6:午前10時30分から午後7時15分
遅出7:午前11時から午後7時45分
遅出8:午後1時から午後9時45分
福利厚生 ○共済制度
 職員やその家族が病気などの時に療養費等を給付するほか、退職後の生活を保障する年金の給付、住宅・結婚資金の貸付等を行っています。
○健康管理
 全職員を対象とした定期健康診断のほか、人間ドック、脳ドック、婦人科検診等を行っています。また、悩みや心配事などを抱えている職員を対象に心の健康に関する相談を行っています。
○体育・レクリエーション
 職員の健康増進を図るため、県庁内に福利厚生棟(アリーナ・トレーニング室など)を設置しているほか、野球、バレーボール等の球技大会等を行っています。
○宿泊・保養施設 
 全国各地にある共済組合の宿泊・保養施設を割引料金で利用できるほか、海の家・山の家として指定したホテル・ペンションの利用料の一部助成が受けられます。
○サークル
 体育サークルとして、野球、サッカー、スキー、テニス、バドミントン、剣道、弓道、山岳等、文化サークルとして将棋、生花、神輿等のサークルが活動しています。
休日休暇 ・完全週休2日制を導入していますので、原則として土曜日、日曜日は休みです。
・年次休暇(有給)は、1年につき20日(ただし,4月採用の場合は採用年のみ15日)で、未使用日数は20日を限度に翌年に繰り越すことができます(年間最大40日)。
・5日間の夏季休暇があります。
・このほか、育児休業,特別休暇(結婚・忌引・介護等)等があります。
採用実績校 公表しておりません。
採用予定学部学科 全学部全学科
今年度採用予定数 4月28日公表予定です。
昨年度採用実績(見込)数 ○令和2年度大学卒業程度試験最終合格者数
事務(知事部局等)86人
事務(警察本部)11人
電気 2人
機械 1人
土木 12人
建築 2人
化学 5人
薬剤師 4人
管理栄養士 1人
農業 18人
農業土木 5人
畜産 4人
林業 4人
水産 4人
獣医師 2人
福祉 15人
心理 5人
※通常の試験のみ

○令和2年度高校卒業程度試験最終合格者数
事務(知事部局等)42人
事務(警察本部)12人
土木 2人
農業 0人
小中学校事務 42人
試用期間 なし

職場データ

男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2020年度:男性181名、女性181名
2019年度:男性87名、女性83名
2018年度:男性135名、女性66名
採用者数補足 ・上の人数は当該年度の大学卒業程度試験の最終合格者数であり、実際の入社人数とは異なります。
・2019年度の高校卒業程度試験から、受験申込書の性別欄を削除したため、2020年度の人数181名は最終合格者数の総数です。
平均年齢 42.7歳
平均残業時間(月間) 12.2時間
受動喫煙対策 あり(屋内の受動喫煙対策 禁煙)
気になる

18人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません