中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社【NEXCO中日本グループ】

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社【NEXCO…の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社【NEXCO中日本グループ】

【建設コンサルタント|一般(その他)サービス】

先輩情報

内藤 大輔(2015年入社)

松本道路事務所 施設第一課  

職種 調査・測量・製図・積算
出身校 東京電子専門学校
出身学部 工業専門課程
専攻分野 情報工系

インタビュー

自分のアイディアが活きていく

  • 入社2年目の冬まで点検班にいて、3年目に入る少し前からETC保全管理を担当しています。今は、点検班が点検してきた内容をとりまとめ、異常や不具合などがあれば、その報告を受け、上の部署に知らせるのが主な仕事です。具体的には、故障した機器と故障の内容、その補修結果などをとりまとめます。
    通信職は、通信設備とETC全般の両方を見るのが仕事です。電気や機械設備の、通信機能などに関する全てを担当しています。現在私が見ているのは中央自動車道の諏訪南インターチェンジから伊北インターチェンジ、長野自動車道、安房峠道路です。故障発生頻度は一概にはいえませんが、雷が発生する時期は故障が出やすい傾向にあります。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    知識もスキルも学び続けられる

    現在担当している業務は、この会社に入ったからこそできる仕事であり、それが魅力の一つでもあります。デスクワークだけでなく光ケーブルやメタルケーブルに触れ、配線や接続をしたり、高度なスキルも要求されます。電源ケーブルを触りながら、どこがどう繋がって、どこまで電源が供給できているのかと考えるのは、良い勉強になります。
    保守点検というとマニュアル通りにやるというイメージがあるかもしれません。ですが実際には、点検しながらも、より効率的なやり方が見つかれば提案し、その提案によってマニュアルが変わることもあり、それもやりがいの一つだと感じています。

  • 思い出に残る仕事

    2年目の冬の事故対応

    2年目の冬、安曇野インターチェンジで大型トラックが機器に接触する事象がありました。積んでいた荷物が機器に引っかかってしまう大きな事故になりました。その時は点検班に所属していたので業者さんとのやりとりはなかったのですが、機器を直す工事が始まる時には現在のETC保全管理に着任していたため、現場で立ち合う必要がありました。しかし、当初は何をすればいいのか、どんな写真を撮ればいいのかもわからず、先輩に聞きながら手探りで業務にあたっていました。
    もちろん、ETC保全管理に着任してからも、点検班時代の知識は役に立っていると感じています。ただ、保全管理の仕事は、より細かいところまで確認しなくてはならなく問い合わせも多いので、分からない部分は後から慌てて調べたこともありました。初めは先輩のもとで覚えることで精一杯でしたが、慣れてくると自分なりにいろいろと頭を使い、工夫しながら業務を遂行できるようになっていきました。

  • 当社のいいところ

    任せてもらえる環境がある

    以前の私は、なかなか自分の意見を言うこともできなかったし、言える立場でもありませんでした。ですが業務をこなしていくうちに少しずついろいろなことがわかってきました。業務上で得た知識が増えたことによって、不具合を直す方法を考えたとき、「こうやってもいいですか」や「こういうやり方の方がいいのではないですか」など、自分から意見を言えるようになってきたのです。自分で言うのもおこがましいですが、それが大きく成長したところだと思います。今は、基本的に一人で仕事を任してもらっています。忙しいときもありますが自分のペースでやりたいように仕事をさせてもらえていると感じています。
    また、今の上司にもとても感謝しています。私の考えもきちんと聞いてくださるので、のびのびと自由にやれる環境のもと、仕事に自分のやりがいと成長を見出せているのだと思います。

仕事の特徴

  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 周りの人をサポートする仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
気になる

1,203人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません