西美濃農業協同組合

西美濃農業協同組合(ニシミノノウギヨウキヨウドウクミアイ)の新卒採用・企業情報

正社員

西美濃農業協同組合

【農協】

大垣市にある西美濃農業協同組合(JAにしみの)です。

協同組合は組合員の共通の願いやニーズを満たし、組合員の暮らしを守りながら向上させ、よりよい社会をつくる組織です。

  • CSR活動に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
事業紹介

◆指導事業
(営農指導)
農業生産力を維持、向上するため専門的な立場からアドバイス及び相談活動を行い、農家の皆さまのサポートをする事業です。
(生活指導)
生活全般について指導し、組合員や地域の皆さまの生活改善と向上を図る重要な事業です。

◆利用事業
収穫した米や小麦の乾燥・調整・貯蔵などを行うカントリーエレベーターや水稲・野菜苗を生産する育苗センターなど個人では持てない施設を設置して、共同で利用する事業です。

◆加工事業
農家の皆さまが生産した農産物を加工する事業です。

◆販売事業
農家の皆さまが生産した農畜産物を出荷して販売する事業です。作物や地域ごとに組織をつくり、数量をまとめ、品質を揃えるなど「共同販売」により、市場などへ有利に販売します。

◆購買事業
肥料や農薬など農業生産に必要な生産資材、日用品など生活に必要な生活資材を安定的に供給する事業です。また、地元農家の新鮮な野菜が購入できる直売所を展開しています。

◆信用事業
組合員の皆さまに必要な資金を貸し出し、貯金等を受け入れるという相互金融によって営農や生活の改善・向上を図ることを目的としています。

◆共済事業
「ひと・いえ・くるま」の相互保障を提供しています。組合員とそのご家族や、地域の皆さまの病気や災害などさまざまなリスクに対する保障を提供し、生活の安定と将来の安全を図る事業です。

私たちの仕事

農協法に定める事業
(指導、購買、販売、利用、信用、共済事業等)

はたらく環境

組織の特徴
会社とは違う経営理念

JAの根底にあるのは助け合いの精神。”一人はみんなのために、みんなは一人のために”を基本理念にすべての事業が行われています。

企業概要

創業/設立 平成11年7月1日
本社所在地 岐阜県大垣市東前町955-1
代表者 代表理事 組合長 小林 徹
出資金 45億3004万円 (2021年3月末現在)
売上高 貯金残高:5803億円
貸出金残高:803億円
長期共済保有契約高:1兆1267億円
購買品供給高:68億円
販売品販売高:99億円
(2021年3月末現在)
従業員数 848名(男542名 女306名) (2021年10月現在) 
事業所 本店、支店、事業所(大垣市、海津市、安八郡、養老郡、不破郡)

採用連絡先

採用窓口名称 総務部人事課
住 所 〒503-0849 岐阜県大垣市東前町955-1
受付電話番号 0584-73-8162
担当者 伊賀並、山田
URL
http://www.jan.or.jp/index.html
E-MAIL
jinjibu@jan.gjadc.jp