帯広地方卸売市場株式会社

帯広地方卸売市場株式会社(オビヒロチホウオロシウリシジヨウ)の新卒採用・企業情報

正社員 応募受付終了

帯広地方卸売市場株式会社

【商社(水産)|商社(食品)】

当社は大正2年、十勝魚菜市場として創業し、今年で109年を迎えます。帯広市に開拓の鍬が入れられて、137年の歴史の中で、一世紀以上にわたって地域の食生活を支え続けてきました。十勝は、今では食料自給率が1100%と、国内でも最も大切な食糧基地に成長しました。当社はその恵まれた環境の中で、生活に欠くことのできない「食」を支えるという重要な使命を担い、安全・安心な生鮮食料品等を地元だけではなく、全国各地から大量に集荷し、地元住民に供給し食生活の安定に努めています。

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 無借金経営

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
十勝35万人の台所として…

私たちの生活に欠かすことのできない水産物、野菜、果実の生鮮食料品を中心に、花き、食肉、一般食料品を取扱い、また、冷蔵倉庫部門を設置する、全国でも数少ない民設民営の総合卸売市場です。
生鮮食料品等の流通の基幹として、集分荷機能をはたしながら、円滑な供給と価格安定のため、地域住民の食生活に寄与しています。

私たちの仕事

卸売市場には、毎日様々な種類の魚介類、野菜、果物、花が届きます。
市場の職員は、まだ日が昇らない早朝から仕事が始まります。職員それぞれが異なる商品を担当し、毎日産地から届いた商品を仕分けします。生鮮食料品は消費者からの需要の変化が少ないにも関わらず、天候次第で入荷状況が大きく変わることもあり、市況や旬の商品の流れを読みながら、集荷や販売の対応をしています。公正な取引で価格を決め、商品の特徴や産地の背景などを知ったうえで、顧客のニーズに応えながら商品を消費者のもとへ送り出す、産地から消費者までをつなぐ仕事をしています。誰が作ったものか、どこでとれたものか、また誰が買っていったものかが分かることで、信頼のできる安心で安全な生鮮食料品を、日々繰り返して送り出し、安定した「食生活」を支える役割を担っています。

はたらく環境

職場の雰囲気
居心地の良い職場環境なので【高定着率】

市場と聞くと慌ただしい雰囲気をイメージするひとがいるかもしれません。しかし、各々の役割が明確なので、意外と仕事風景は穏やかです。竹を割ったような性格の人が多く、和気あいあいとした仲が良い雰囲気の中で働いています。

オフィス紹介
社員食堂で美味しい【給食】

毎月給食費を支払って、旬で新鮮な食材を使った給食が朝、昼別メニューで食べられます。
社員食堂は昨年リニューアルしたばかり!毎日、美味しい給食を食べながら、他愛のない会話を楽しんでいます。

組織の特徴
腰を据えて働ける【転勤のない】会社

十勝・帯広に根差して108年。転勤のない会社なので、人生設計がたてやすいです。
そして、毎日定時に帰ることができるので、自分の時間を十分に確保できます。
プライベートな時間がもてることで、仕事とのメリハリがつき、仕事にも集中して取り組んでいます。

社風
【景気に左右されにくい】会社

生活の基盤となる食に関わる仕事なので景気に左右されにくい会社です。
美味しい食材に沢山出会えて、味わえる職場です。

企業概要

創業/設立 創業 大正2年2月/設立 昭和3年10月
本社所在地 帯広市西21条北1丁目5番1号
代表者 代表取締役社長 高嶋昌宏
資本金 4,800万円
売上高 152億(2021年12月実績)
従業員数 110人(正社員 男:56人 女:14人 嘱託・定時40人) (2021年12月現在) 
事業所 本別事業所、東京事業所
沿革 1913(大正2年)2月
合名会社十勝魚菜市場として創業する。

1928(昭和3年)10月
他市場会社を合併形式により継承、一鱗帯広魚菜市場(株)(帯広市西3条南6丁目)を設立し、再発足する。

1934年(昭和9年)2月
卸売市場規則にもとづき、(株)一鱗帯広魚菜卸売市場に名称を変更する。

1951(昭和26年)2月
北海道魚菜卸売市場条例にもとづき、開設の許可を受け、一鱗帯広魚菜卸売市場(株)と改称する。

1967年(昭和42年)3月
市場施設の近代化、合理化を図り卸売市場の機能を充実強化するため、帯広都市計画卸売市場の位置決定を受け、現卸売市場用地を取得する。

1969年(昭和44年)6月
新市場竣工。旧市場より移転、同時に業務を開始する。

1969年(昭和44年)7月
北海道卸売市場整備計画にもとづき、池田魚菜卸売市場(株)の営業権等を譲り受け、池田支店を設置する。

1972年(昭和47年)12月
卸売市場法施行による北海道地方卸売市場条例にもとづき第1号をもって帯広地方卸売市場として開設の許可、並びに卸売業務(青果部・水産物部)の許可を受ける。

1973年(昭和48年)6月
営業用冷蔵庫を新設。倉庫業の許可を受ける。

1975年(昭和50年)11月
卸売市場法にもとづき、花き部の設置及び卸売業務の許可を受ける。

1987年(昭和62年)6月
花き卸売場を新設する。

1991年(平成3年)6月
一鱗帯広魚菜卸売市場(株)を現社名の帯広地方卸売市場(株)に商号を変更する。

1993年(平成5年)11月
定温冷蔵庫、事務所棟を増設する。

2001年(平成13年)2月
本別地方卸売市場の廃止に伴い、本別集配センターを設置する。

2008年(平成20年)11月
食品関連総合センターを新設する。

2013年(平成25年)2月
創立100周年を迎える。

2018年(平成30年)11月
東京事業所を設置する。

2019年(平成31年)4月
池田集配センターの卸売機能を本別集配センターへと集約し、改めて本別事業所とする。

2020年(令和2年)12月
池田集配センターを閉鎖する。

採用連絡先

〒080-2492
帯広市西21条北1丁目5番1号
TEL:0155-37-3333 総務部総務課 南部・菅原
https://www.obihirosijyo.co.jp/