植田基工株式会社

植田基工株式会社(ウエタキコウ)の新卒採用・企業情報

正社員

植田基工株式会社

【建設】

植田基工の杭が支えているのは、ビルやマンション、鉄道や高速道路の高架橋などの大型構造物。深く固い地盤から伸びた杭が基礎を安定させることで、構造物の重みを安全に支え、地震や地盤のゆるみによる構造物の沈下と傾斜を防いでいます。支えているのは、構造物だけではありません。そこにある安全も人々の生活も、地中の杭によって守られているのです。 目には見えないけれど、もっとも重要な部分。植田基工が手がけるのは、この社会になくてはならない「支え」です。

私たちの魅力

事業内容
基礎工事を一貫体制で手掛けています。

基礎工事の中でも特に場所打ち杭工・障害物撤去工を得意としています。大型構造物の土台を作る基礎工事において、計画から積算、施工、管理に至るまでを一貫して手掛けています。

ビジョン/ミッション
植田基準

建築や土木と聞いて一般的に連想するのはさび付いたドロドロの建機や古びたオフィスだったりしませんか?私たちは、そんな業界の概念を変えていきたいと思っています。 例えばガラス張りの洗練されたオフィスに、統一された清潔で機能的な作業着。業界の常識を壊し、植田基準でどんどん改革をすすめていきます!

私たちの仕事

私たちが専業とするのは、建設工事の中でも重要性の高い「基礎工事」。建築や土木工事において構造物を地中から支えるプロフェショナルです。マンションやビル、鉄道や高速道路などの橋梁・橋脚など大型構造物の基礎杭を施工します。また、古くなったマンションや商業施設(ビル・百貨店など)の建て替えの際、地上の構造物を解体撤去した後に、地中に残っている構造物の撤去作業を行ないます。現在、東京で開催される世界的な国際スポーツイベントや大阪万博、リニア新幹線など、様々な建築物やインフラ建設が進んでいます。それに伴い高度成長期に建てられたビルやマンションの解体や地中構造物の撤去工事にも携わっています。

はたらく環境

働く仲間
先輩インタビュー 「やりがい」

構造物の基礎を支える杭が完成したときの達成感は大きなもの。作業を終えて機械を片付けたときに「仕事を完遂した」と感じます。その感覚がすごく気持ちいいです。完成した建物を見たときに、改めて味わう達成感。基礎自体は見えなくても、自分の関わった仕事が地図に残ると思うとうれしくなりますね。2回も達成感が味わえるのは、この仕事ならではです。

オフィス紹介
職場環境への想い

「自信と誇りを持って仕事をしてほしい。」という考えから、職場環境は常にきれいに保つことを会社として推奨しています。オフィスや機材センターは明るく清潔感があり、常に整理整頓されています。

企業概要

創業/設立 設立 昭和61年(1986年)1月
本社所在地 〒567-0066
大阪府茨木市下井町11-3
代表者 代表取締役社長 植田 正樹
資本金 4,000万円
売上高 53億8千万円(平成29年度実績)
従業員数 140名 (2019年05月現在) 現場管理社員:20名技能社員(機材センター含む):95名事務系社員:25名
子会社・関連会社 ユーケー興産株式会社
株式会社ジェット
事業所 本社
〒567-0066
大阪府茨木市下井町11-3

東京営業所
〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-10-12パークサイド7ビル3F

名古屋営業所
〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南2丁目10-25名駅南ビル6F

北陸営業所
〒930-0010
富山県富山市稲荷元町2-10-5スタッフインビル1F-A

広島営業所
〒731-0113
広島県広島市安佐南区西原7-5-20比良ビル104

豊能機材センター
〒563-0215
大阪府豊能郡豊能町木代578-6

採用連絡先

〒567-0066
大阪府茨木市下井町11-3
TEL 0120-36-1191
FAX 072-643-9495
mail saiyou@uedakikou.co.jp
HP  http://www.uedakikou.co.jp/