社会福祉法人長岡福祉協会 首都圏事業部

社会福祉法人長岡福祉協会 首都圏事業部(ナガオカフクシキョウカイシュトケンジギ…の新卒採用・企業情報

正社員

社会福祉法人長岡福祉協会 首都圏事業部

【介護・福祉サービス】

「自分や家族、友人が利用したいと思うサービスの提供」という法人理念のもと、地域における医療・福祉サービスの多面的な提供を行っています。
法人内で、医療・高齢・障がいとサービスを展開しているので、様々な事業に従事することで、多くの経験を積むことが可能です。

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
病院/高齢サービス/障害サービス/児童

新潟県長岡市を中心に新潟、東京、埼玉、千葉において、医療・福祉サービスを提供しています。

新しい福祉のモデル構築が進む中、その中核を担うのは「人」です。
専門性を極めたい「スペシャリスト育成」や総合的な管理に携わりたい「ゼネラリスト育成」さらに管理職登用制度など、資格取得、幅広い研修を取り入れ人財育成に注力しています。

福祉には「やさしさ」や「あたたかさ」というイメージが先行してきましたがその上で今後は、より質の高いサービスを提供するために必要なビジネスモデルを構築する発想と設計力と行動力が重要になってきます。

私たち長岡福祉協会は崇徳厚生事業団のひとつです。
『崇徳厚生事業団』は、昭和42年に開放的な精神医療を目指し、田宮病院を開設したことに始まりました。 精神、一般の病院や在宅支援などを展開する「医療法人崇徳会」、福祉の「社会福祉法人長岡老人福祉協会、長岡福祉協会」、医療、福祉人材養成の「悠久崇徳学園」、さらに、ボランティアの受入れ、養成の「NPO法人長岡医療と福祉の里ボランティア連合会」、フードサービス、セントラルキッチンの「株式会社マイステルジャパン」など県内外の組織が連携しています。グループとして『自分や家族、友人が利用したいと思うサービスの提供』を理念に、きめこまかな医療、福祉サービスを提供することに念願しています。 また、医療と福祉の連携を目指す、地域包括システムにも取り組み、地域のセーフティネットの構築に努力してまいります。

ビジョン/ミッション
地域を支える総合福祉サービスの提供

長岡福祉協会は、障害児(者)を支援する「福祉」と、高齢者の暮らしを支える「介護」、福祉と介護における「医療」の事業を手がけるグループです。そして、今後ますますニーズが高まり多様化が予想される時代を見据え、医療・福祉の「人材教育」にも取り組んでいます。
福祉と介護、そして医療と教育。それらすべての事業は、長岡福祉協会の基本理念である「自分や家族、友人が利用したいと思うサービスの提供」に則り、連携を深めています。
その活動は、長岡市のみならず、首都圏においても展開され、それぞれの地域特性や社会ニーズにマッチしたサービスを提供しています。今後は、日本全体における超高齢化社会の到来や、総人口の減少など、様々な課題により社会からの要望も高度化と細分化が進むことが予測されます。しかし、そんな時代だからこそ、福祉の根源をシンプルに追求していきます。そして、福祉と介護、医療を組み合わせたサービスモデルの開発と、人による福祉サービスの質的向上、そして地域との連携を深めながら、それぞれの地域と時代の要請にあった総合的な福祉サービスを実現していきます。

私たちの仕事

長岡福祉協会は、昭和53年重症心身障害児施設「長岡療育園」の開設以来、福祉サービスの充実に取り組み、
現在では「福祉」「介護」「医療」「教育」という4つの分野を連携しながらより良いサービスを追求しています。
地域に密着しながら福祉や介護に医療を深く結びつけることで地域包括ケアシステムの実現を目指し、
利用者様とご家族にとって最適なサービスを提供しています。


私達の理念は「自分や家族、友人が利用したいと思うサービスの提供」です。時代や地域の要請を受け止め、常に一番大切な価値を見つめ、職員全員が支援に取り組んでいます。

時代の変化とともに
福祉の進化を先取り長岡福祉協会では、地元の長岡市だけでなく首都圏におけるサービスを行っています。これは、多様化する福祉サービスのスタイルをいち早く取り込むことで次のサービスモデルを創出するためです。地方だけでなく都市部における福祉サービスのあり方を学ぶことで、さらに多様な対応力を高めています。
さらに、医療や福祉・介護・住まいなど様々な要素が組み合わされる次世代型の福祉サービス開発にも取り組み、社会福祉法人や医療法人、民間企業、そして教育機関と連携しながら次の時代を見据えた福祉サービスのモデルづくりにも参画しています。 

長岡、都市部、そして外国へ
私たちが常に目指すのは時代が求める福祉サービスの提供です。そのためには、長岡市や首都圏などの国内はもとより、国外にも目を向けなければなりません。日本にとって、将来の労働力不足は大きな問題です。その解決策として、アジアを含めた諸外国からの人材教育を受け入れ、国内の福祉産業へとつないでいくことも欠かせないことだからです。今後は、福祉教育における国際化にも取り組んでいきます。

経営の効率化で積極的な投資を
長岡福祉協会では、福祉、介護、医療、教育など多岐にわたる事業の経営を効率化するために、ホールディングス制への移行を検討しています。事業内容を細部までチェックし経営ロスを軽減。コストマネジメントに秀でた事業モデルを構築することで、社会が求める福祉サービスの開発に向けた投資を活性化していきます。

当たり前という福祉を目指して
福祉は単一では捉えきれない状況を迎えています。時代とともに局面も変化しますが、「人のために」という思いと人材の大切さは変わりません。いつの日か福祉サービスが、電気・ガス・水道のように社会インフラとして当たり前のように利用できる日を目指して、私たちは人を大切に一歩ずつ前進していきます。

はたらく環境

組織の特徴
良好な職場環境の保持のための取組み

★ 当法人では、一般職から管理職、専門職コースへのキャリアアッププランの構築と人材育成にも力を入れています。このような人事制度を構築することで職員の向上心を醸成し、働きがいを見出すことのできる環境を作ることで良好な職場環境の保持に努めています。

★ 定期的な面談を通して職員のメンタルケアに配慮しています。また、年1回ストレスチェックを行い、必要に応じて産業医の面談を行います。

★ 利用者家族を含めた懇親会は、職員と家族がともに食事を囲み、交流することでき、家族との一体感を得る機会となります。職員自身が自分たちの仕事の成果を実感する場でもあります。

★ 担当職員、リーダー、役職を中心に、作品展、行事、利用者支援関係、虐待防止、危機管理、事故防止等さまざまな委員会が開催され、自分の意見が事業に反映される風通しの良い職場環境を維持しています。行事等では、委員会で決定した役割分担に従い、職員が一丸となって取り組むことで、達成感を得ることにつながります。

★ 法人の規定により永年表彰、資格取得表彰が例年1月の職員懇親会開催時に行われており、施設を超えて仲間を認め合い、喜び合う風土づくりを行っています。(感染症予防のため、近年は表彰式のみ)

企業概要

創業/設立 1978年10月
本社所在地1 新潟県長岡市深沢町字高寺2278-8
本社所在地2 東京都港区新橋6-19-2
代表者 理事長 田宮 崇
資本金 5,000万円
売上高 129億円(2019年3月実績)
職員数 2,050名 (2021年11月現在) 
子会社・関連会社 医療法人崇徳会、社会福祉法人長岡老人福祉協会、学校法人悠久崇徳学園、NPO法人ボランティア連合会
事業所 <東京都港区>(2006年5月開設)
  特別養護老人ホーム「新橋さくらの園」
  デイサービスセンター「新橋さくらの園」
  介護老人保健施設「新橋ばらの園」(訪問リハビリ・通所リハビリあり)
  居宅介護支援事業所「さくら川」
  障がい者支援施設「新橋はつらつ太陽」
  訪問介護ステーション「さくら川」

<東京都中央区>(2013年11月、2014年9月開設)
  地域密着型特別養護老人ホーム「ケアサポートセンターつきしま」
  地域密着型特別養護老人ホーム「ケアサポートセンター十思」
   (小規模多機能型居宅介護あり)

<埼玉県和光市>(2010年10月開設)
  小規模多機能型居宅介護「広沢」 
  グループホーム「広沢」

<千葉県柏市>(2014年5月開設)
  「福祉プラザとよしきだい」(地域包括ケアシステム)
   ・訪問介護
   ・定期巡回・随時対応型訪問介護看護
   ・小規模多機能型居宅介護
   ・サービス付き高齢者向け住宅の生活支援サービス受託

<東京都中央区日本橋>(2021年4月開設)
デイサービスセンター新規開設

採用連絡先

首都圏事業部 事務局 人事担当
金田・長谷川・大木
105-0004 東京都港区新橋6-19-2
TEL03-3433-0180/Fax03-3433-7320
Mail:kaneda@fukushiplazasakuragawa.com