秋田県警察

秋田県警察(アキタケンケイサツ)の新卒採用・企業情報

正社員

秋田県警察

【警察】

秋田県警察は、約2300人が勤務する組織であり、活躍できるフィールドは数多くあります。
自分の持つ知識やスキルを生かし、安全で安心な秋田を守ります。
警察官の仕事は、決して華やかなものだけではなく、地道で厳しく、時には犠牲を伴うこともありますが、達成感とやりがいのある誇り高い職業です。

秋田県警察では、女性警察官の採用・登用拡大に力を入れるとともに、女性が働きやすい環境づくりの推進に努めています。特に近年は、女性警察官が必要とされる場面が増えており、交番勤務をはじめ、ストーカー・DV対策、刑事、鑑識、白バイ隊員、警察学校教官など、多種多様なポストに女性を登用しています。給与や昇任においても男女の差はありません。まさに、本人の努力と実力次第です。
また、家庭と仕事を両立できるよう、出産休暇や育児休業など様々な制度を整備しています。

私たちの魅力

事業内容
「警察官」・・・それは「誇りとやりがい」のある仕事です。

警察の業務は、地域住民の相談をはじめ、悪質・凶悪化、ハイテク化、国際化するあらゆる犯罪の捜査から飲酒運転の取締りや交通事故の抑止、地域の安全・安心まちづくり支援活動、要人警護、災害時の救助活動など多岐にわたり、様々な面から郷土の治安を守り、県民生活を支えています。

警察官として採用された方は、全員が警察学校に入校し、警察官としての第一歩を踏み出します。
入校期間は、警察官A(大卒)は6か月間、警察官B(大卒以外)は10か月間となっています。
警察学校は、「公正明朗・不撓不屈・自律自考」を校訓として法学、警察実務、一般教養、逮捕術や柔道・剣道などを学びます。ここで、警察官として必要な知識、技能を習得し、体力、精神力等を培います。

警察学校は全寮制で、教場での講義のほか、柔道・剣道や逮捕術の訓練など様々な授業が行われます。
時に厳しく感じるかもしれませんが、そこには秋田県民の安全と安心のために働くと決めた、同じ志を持つ仲間がいます。同期の仲間と助け合い、切磋琢磨することで、一人前の警察官へと成長していきます。

警察学校初任科を卒業後は、全員が警察署の地域課に配属され、交番などで勤務します。地域警察官の活動は、全ての警察活動の基本となる重要な仕事です。地域住民の方と接しながら、様々な事案に対応することで現場の仕事を学びます。その後、本人の能力や実績、希望、適性、熱意などを考慮し、刑事や白バイ隊員などとして仕事をする機会が与えられ、活躍のフィールドが更に広がります。

私たちの仕事

◆地域警察  Community Police
〇管内のパトロール、防犯指導、巡回連絡
〇職務質問による犯罪の予防・検挙等
〇事件・事故発生時の初動活動
〇地理教示
〇落とし物・拾い物等の取扱い
〇各種相談等の受理

◆生活安全警察  Community Safety Police
〇犯罪抑止対策
〇ストーカー・DV等人身安全に関する事案への対応
〇サイバー犯罪の対策・捜査
〇少年非行防止対策、少年が関わる犯罪の捜査
〇風俗営業、銃砲刀剣類、古物営業等許認可事務
〇悪質商法などの生活環境・経済事犯の捜査 など

◆刑事警察  Criminal Investigation Police
〇殺人、強盗、放火、誘拐等の強行犯捜査
〇贈収賄、特殊詐欺等の知能犯捜査
〇侵入窃盗、ひったくり等の窃盗犯捜査
〇覚醒剤、大麻等の薬物事犯の対策・捜査
〇暴力団が関与する組織犯罪の対策・捜査
〇指紋や足痕跡採取等の鑑識活動 など

◆交通警察  Traffic Police
〇交通違反の指導・取締り
〇交通事故・事件の捜査、交通事故分析
〇交通事故抑制対策、交通安全教育
〇交通規制、交通管制、安全施設の整備
〇運転免許に関する事務 など

◆警備警察  Security Police
〇自然災害、大規模事故発生時における捜索・人命救助
〇テロ・ゲリラ事件等の脅威への対策・取締り
〇密輸入国事件、不法滞在者の取締り
〇要人の警衛・警護
〇祭典・イベント等における雑踏警備、デモ警備
〇空港・港湾施設等重要施設の警戒・警備 など

◆警務警察  Police Administration
〇組織運営、企画、管理
〇職員の採用、人事、給与管理
〇広報活動、情報公開
〇装備資機材の管理・運用
〇職員に対する各種教養
〇犯罪被害者への支援 など

◆警察行政職員  Police Clerical Official
〇会計手続、予算管理
〇職員の給与管理
〇健康管理、福利厚生
〇各種統計事務
〇落とし物・拾い物等の取扱い
〇情報システムの開発・運用
〇鑑識資料の鑑定 など

はたらく環境

働く仲間
秋田県警察で活躍する、先輩警察官のインタビューを掲載します!

【警察職員を志した動機は?】
○小学生のころ、祖父母と見ていた刑事ドラマに憧れて、警察官を目指しました。
○県民を守り、社会に貢献できる仕事がしたいと思い、警察官を目指しました。
〇学生時代に打ち込んだ剣道を通して培った体力、気力を生かして、人の役に立てる仕事がしたいと思い、警察官を目指しました。

【警察官として働いて感じているやりがい、警察の魅力は?】
○地域住民に信頼されること、地域住民が喜ぶ笑顔が見られることが、この仕事の大きなやりがいです。
○毎日の捜査の積み重ねで、事件が解決し、被害者から感謝の言葉をいただいたときは、達成感とやりがいを感じます。
○警察音楽隊の一員として、特技である楽器の演奏を生かした活動ができることに、やりがいと魅力を感じています。

【今後警察官を目指す若者たちへのメッセージ】
○女性警察官も男性警察官に負けないくらい、現場で活躍しています。警察官を目指す女性の方々と一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。
○警察の業務は多岐にわたるため、中には困難な仕事もありますが、周りには秋田の平和を守るという同じ志を持った職場の仲間がおり、一致団結して仕事に取り組むことができます。
〇警察官の仕事には、様々な分野の仕事があるため、自分に合った仕事が必ず見つかります。

企業概要

創業/設立 昭和29年7月1日
本社所在地 〒010-0951
秋田県秋田市山王四丁目1番5号
代表者 秋田県警察本部長 森田 正敏
職員数 約2300名 (2021年03月現在) 
事業所 秋田県警察本部及び県内の警察署(14署)

採用連絡先

〒010-0951
秋田市山王4丁目1番5号
警務部警務課 人事・採用係
TEL:018-863-1111
採用フリーダイヤル
 0120-863314