株式会社星野リゾート・マネジメント

株式会社星野リゾート・マネジメント(ホシノリゾートマネジメント)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社星野リゾート・マネジメント

【ホテル】

1914年、軽井沢の温泉旅館からスタートした星野リゾートは、108年の時を経て、日本国内外にホテル・旅館の運営を任せていただける企業に成長いたしました。
2020年の春以降、私たちは過去類を見ないコロナ禍という試練の中にいます。しかしながら、これまで人類が勝ち得てきた、「旅」という自由と権利を私たちは絶やすことなく、未来につなげていきたいと考えています。 
観光産業は平和維持産業である、という松下幸之助の言葉どおり、観光産業はその経済効果だけではなく、世界の人たちがお互いの違いを認め合う機会を作り出し、世界の平和に寄与する重要な産業であることへの信念と誇りを持って事業に取り組んでいます。
日本全国、日本国外も視野に観光業にコミットする多様な仲間をお待ちしています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 20歳代の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
世界に通用するホテル運営会社へ

星野リゾートは、 1.宿泊事業 2.スノーリゾート事業 3.ブライダル事業 の3つを軸に事業運営をしています。 
宿泊事業においては、「星のや」をはじめ温泉旅館の「界」、リゾナーレ、BEB、OMOの他に青森屋や西表島ホテルなど個性豊かなブランドを展開しています。 またブライダル事業は、長野県軽井沢町のホテルブレストンコートをはじめ、山梨県のリゾナーレ八ヶ岳、北海道トマムでリゾートウェディングを行っています。 スノーリゾートとしては、北海道トマムおよび福島県磐梯町のアルツ、今後は群馬県谷川岳でも事業を展開する予定です。
同じサブブランドであっても全国各地、その地形や気候によって魅力は異なります。歴史あふれる古都、新しい街、山岳、海、渓谷、大自然と一言で言ってもその特徴は多岐に渡ります。各地の魅力をその土地に生活し、地域の方々と協働しながら発掘し、体現していくことが私たちの事業です。

事業戦略
運営特化で外資ホテル運営会社と戦う

日本の宿泊業界では、所有と運営は一体化していることがスタンダードでした。星野リゾートは、所有と運営を分離、運営に特化する戦略をとり、外資ホテル運営会社と互角に戦う土台を構築してきました。さらに2013年、日本で初めて観光に特化した不動産投資信託である星野リゾート・リートを立ち上げ、この施策によりホテル運営企業としての競争力は増しています。2017年にインドネシア・バリ島に開業した星のやバリをはじめ、星のやグーグァン等、日本国外での事業展開にも積極的に取組むことにより事業の持続性を維持しています。
星野リゾートは、「教科書通りの経営」を標榜し事業戦略上もマイケル・ポーターの「競争の戦略」に忠実に従って事業運営を行っています。「教科書通り」であることは経営者の直感に依存するのではなく、事業の持続性を高め、安定した事業運営につながります。
マイケル・ポーターの「競争の戦略」では、(1)生産性のフロンティアを達成する (2)トレードオフを伴う活動を選択する (3)活動間にフィット感を生み出す、という3つのステップを確実に進めていくことを説いています。
このセオリーに則り、選択している活動の1つが「サービスチーム」です。サービスチームとは、マルチタスキングであり、顧客の滞在中の行動に沿って業務を設計し、遂行することです。サービス業の特徴は、商品の企画、製造、提供を現場の社員が同時に行うことです。顧客に近い社員がその場で主体的に判断を行い、次のサービス企画、製造、提供を現場の判断で行うことによって、サービスの品質は維持されるのであり、そのためには業務を分断することなく、マルチタスクを行っていくことが戦略として重要であると考えています。

私たちの仕事

「知られていない地域の魅力を発掘し、プログラムとして作りこみ、新魅力として情報発信する」これが、星野リゾートのコンピテンシーです。
日本には知られていない魅力が沢山あり、その魅力を一番知っているのは、その土地に住み、その土地の文化に触れている社員です。観光業が社会に貢献できることは何か、を考えながら、地域の方々と協働し、土地に根付いた文化を魅力として作りこみ、発信する。それが私たちの仕事です。
星野リゾートは、サービスチームというマルチタスクの仕組みによって、一般的な本社からのトップダウン構造ではなく、各現場で自由に発想し、魅力を開発する組織構造としています。サービスチームでは、接客だけでなく、マーケティング理論に基づいた市場分析や顧客満足度の分析を行い、「構想」と「実行」の分断をなくしています。構想と実行の一体化は、生産性の向上につながり、星野リゾートの競争力の源泉となっています。

はたらく環境

組織の特徴
戦略としての組織文化~Flat Culture~

日々テクノロジーが変化し多くの情報が溢れる現代において、人々の価値観も大きく変化しています。顧客のニーズも変化、多様化する中で、いかにイノベーションを起こし続けていくのか?その答えを私たちは組織文化「Flat Culture」に求めています。一人ひとりが考えを持ち、異なる意見の人と建設的に議論をする。その際に役職や年齢・国籍は関係ない。より良いものを生み出すためにために意見し議論することは、社員の自由であり権利だと考えています。星野リゾートのブランドを支え、構築しているのはこうしたFlat Cultureに共感し、コミットしている社員一人ひとりです。
この組織文化があることによって、独自の魅力が各地で生み出され、発信され、多くのお客様にご支持いただけるブランドとなっています。
異なる個性が切磋琢磨し、より輝く個性を育んでいける組織文化をこれからも目指しています。

企業概要

創業/設立 2008年9月19日
本社所在地1 沖縄県八重山郡竹富町字竹富1955番地
本社所在地2 東京都中央区銀座1-2-3 西京橋ビル2階
代表者 中村 海太
資本金 1000万円
従業員数 従業員3,831名
※グループ正社員数3,656名 (2021年04月現在) 
事業所 【北海道】
トマム、OMO7旭川、OMO5小樽、OMO3札幌すすきの、界 ポロト
磐梯リゾート

【栃木県】
界 日光、界 川治、界 鬼怒川、リゾナーレ那須

【茨城県】
BEB5土浦

【東京都】
星のや東京、OMO5東京大塚、OMO3東京赤坂

【神奈川県】
界 箱根、界 仙石原、OMO1東京川崎

【山梨県】
リゾナーレ八ヶ岳、星のや富士

【長野県】
星のや軽井沢、ホテルブレストンコート、界 松本、界 アルプス、BEB5軽井沢

【石川県】
界 加賀

【静岡県】
リゾナーレ熱海、界 伊東、界 アンジン、界 遠州

【京都府】
星のや京都、OMO3京都東寺、OMO5京都三条、OMO5京都祇園

【大阪府】
OMO7大阪

【島根県】
界 出雲

【山口県】
界 長門

【鹿児島県】
界 霧島

【大分県】
界 阿蘇、界 別府

【沖縄県】
星のや竹富島、星のや沖縄、リゾナーレ小浜島、西表島ホテル、OMO5沖縄那覇

【海外】
星のやバリ、星のやグーグァン、サーフジャックハワイ、嘉助天台

採用連絡先

〒104-0061 東京都中央区銀座1-2-3 西京橋ビル2階
株式会社 星野リゾート・マネジメント キャリアデザインサポートチーム
https://www.hoshinoresorts.com/recruit/
E-mail:hrd-new@m.hoshinoresorts.com