株式会社北海道新聞社

株式会社北海道新聞社の過去の採用・募集情報

株式会社北海道新聞社

【新聞】

 北海道新聞は朝刊約90万部を発行する国内有数の地方紙です。情報は日々デジタル化が進んでいますが、北海道新聞社の解説性や信頼性、災害時に対応する力の強さは変わりません。北海道が大好きな方、道民の役に立ちたいと考えている方、ぜひ一緒に北海道を盛り上げ「日本一の地方紙」「最強の郷土紙」を目指しましょう。

  • 資格取得支援制度あり

  • フレックスタイム制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 海外勤務のチャンスあり

私たちの採用について

採用担当者からのメッセージ
「北海道新聞社」で働く

情報を得ること。
皆さんが当たり前のようにしていることの背景には、たくさんの人が携わっています。
新聞社もその一つです。
新聞離れが叫ばれている昨今ですが、読んでくれている人の生活をより豊かに、さらにはもっと多くの人に新聞を必要としてもらうため、社員は奮闘しています。
辛さや苦しみを味わった分、きっと新聞社でなければ得られない達成感ややりがいを感じられるはずです。
ぜひ北海道新聞社の一員として一緒に北海道を盛り上げていきましょう。

求める人物像
人との出会いを大切に

編集、営業、制作部門。
全てに共通して大切なのは、「人と話すこと・関わることが好き」なこと。
どんな現場にも道民がいます。自ら行動することでやりたいことが実現できるはずです。
新しいことを知る・学ぶことが好きな方、人と話すことが好きな方、そして何より北海道が好きな方。
お待ちしています!

募集する職種

「記者職」、「営業職」、「メディアエンジニア」 

◆記者職=現場取材をする外勤部門と紙面レイアウトなどを担当する内勤部門があります。記事の執筆から紙面製作、写真撮影までこなす、いわば編集部門の総合職です。

◆営業職=販売局、営業局といった営業部門や、経営管理局などの管理部門に配属になります。1つの局にとどまらず、複数の部門を経験する社員も増えています。

◆メディアエンジニア=どうしん電子版を始めとするデジタル系システム、および紙面製作系や営業・総務系システムの開発や運行、運用を担います。

研修・社内制度

研修制度
年次別、階級別に研修を行っています

入社時には全職種共通の新入社員研修を約2週間実施。
編集、制作、販売、広告、事業など各職場の仕事内容について講義を受けます。
また、新聞製作工程の見学、販売所研修、社員のモラル・コンプライアンスなど、研修の内容は多岐にわたります。
販売所研修ではまだ夜が明けないうちに起床し、チラシの折り込み、配達、セールスなど販売所の業務全般の実習を行います。全職種共通の研修が終わった後、配属局ごとの研修を経て各職場に赴任します。
その後は入社1年、3年、5年目に研修を行います。
このほかに、目的やテーマに応じた研修や新任管理職研修などがあります。
また、職種別でもさまざまな実務研修を行っています。

採用プロセスと選考方法

  • STEP1

    書類選考

  • STEP2

    作文、論文要約

  • STEP3

    総合適性テスト

  • STEP4

    個人面接(予定)

エントリー/採用方法 《エントリー方法》
応募には「当社採用情報ホームページからのプレエントリー」と「エントリーシート(入社志望書)の提出」が必要となります。

※採用情報ホームページへアクセスし、プレエントリーしてください。
※プレエントリーだけでは正式な応募とはなりませんのでご注意ください。
※詳細はプレエントリー後に発行されるマイページでお知らせしています。
選考方法と重視点 面接を多く実施し、人物重視の採用を行っています。
提出書類 エントリーシート
応募資格(学歴、学校種) 大学、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方

募集要項

初任給 大卒 月給245,000円
院了 月給256,600円
短大・高専卒 月給231,000円
※2020年度実績
※一律支給金額となります。
※既卒者は経験などに基づき調整あり
昇給・賞与・諸手当 昇給:年1回(4月)
賞与:年2回(6月、12月)
諸手当:家族手当、通勤手当、時間外手当、駐在手当(本社以外の勤務者)など
※任地に自宅がない場合、借り上げ制度を適用
勤務地 北海道内(札幌本社のほか道内支社、総・支局)
※東京、大阪、東北(仙台)、海外にも拠点あり
勤務時間 1日8時間(実働7時間)
※9:30~17:30が基本ですが、始・終業時間は配属先により異なります。
福利厚生 任地に自宅がない場合、借り上げ制度を適用。
その他、契約する宿泊施設やスポーツクラブなどがあります。
休日休暇 週休2日制(年間休日数111日)、年次有給休暇(20日)、各種特別休暇(永年勤続慰労など)、産前産後休暇、育児休業、介護休業など
採用実績校 ※過去3年間の採用実績(50音順)

<大学院>
札幌大学、一橋大学、北陸先端科学技術大学院大学、北海道大学、明治大学、立命館大学、早稲田大学
<大学> 
 愛知県立大学、青山学院大学、小樽商科大学、関西大学、北見工業大学、京都大学、京都女子大学、京都府立大学、近畿大学、慶應義塾大学、国際教養大学、国際基督教大学、埼玉大学、札幌市立大学、上智大学、成城大学、専修大学、高崎経済大学、中央大学、津田塾大学、東京大学、東京外国語大学、東京女子大学、東北大学、東洋大学、名古屋外国語大学、日本大学、弘前大学、藤女子大学、法政大学、北星学園大学、北海学園大学、北海道大学、北海道教育大学、北海道文教大学、室蘭工業大学、明治大学、横浜市立大学、立命館大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校> 
 北海道情報専門学校、函館工業高等専門学校
採用予定学部学科 全学部全学科
今年度採用予定数 20名程度(未定)
昨年度採用実績(見込)数 2021年4月入社 22名(記者職19名、写真記者職1名、営業職2名)
試用期間 なし
教育・研修制度 入社時には約2週間の新入社員研修を実施。その後は入社1年、3年、5年目ごとに研修を行います。
このほかに目的やテーマに応じた研修や新任管理職研修などがあり、また職種別でもさまざまな実務研修を行っています。
求める人物像 ■コミュニケーション力のある方
 職種に限らずたくさんの人と接するため、「人と話すのが好き」なことが大切です。社内外問わず、相手にあったコミュニケーション力を発揮できる方を求めています。
■積極的に行動できるフットワーク力のある方
 事件・事故を始めとした現場取材をするうえでは、機敏な行動が求められます。また、営業活動やイベント運営の際には積極的に新しいことへチャレンジし、前進し続けることが必要です。動きながらも一歩先を見据え考えることのできる方を求めています。
■予定外対応力のある方
 新聞社では、想定外の事態に遭遇することがよくあります。その際に求められるのは、柔軟に対応できることです。「今、何が必要なのか」を感じ取り、その場の状況にあった行動に移すことができる方を求めています。

職場データ

新卒採用者数と離職者数
(過去3年間)
2020年度:採用人数32名、うち離職者数0名
2019年度:採用人数23名、うち離職者数1名
2018年度:採用人数25名、うち離職者数2名
男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2020年度:男性12名、女性20名
2019年度:男性15名、女性8名
2018年度:男性15名、女性10名
平均勤続年数 22.6年
平均年齢 46.4歳
育児休業取得者数(男女別) 男性:取得者2名(対象者18名)
女性:取得者5名(対象者5名)
役員および管理職に占める
女性の割合
役員 : 7.7%
管理職: 7.1%
受動喫煙対策 あり(屋内の受動喫煙対策 喫煙スペース)