大平洋機工株式会社

大平洋機工株式会社の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

大平洋機工株式会社

【機械|プラントエンジニアリング】

先輩社員紹介

大徳 穂高(2015年入社)

ポンプ部技術課  

職種 機械・電機・電子機器設計
出身校 信州大学
出身学部 工学部環境機能工学科
専攻分野 材料系

インタビュー

ポンプが支える、ものづくり社会

  • 大平洋機工は、スラリーポンプ・粉体機械の総合メーカーとして幅広い分野で多くのお客様に製品を提供しています。

    私は、ポンプ部の主力製品であるスラリーポンプの部品の設計を担当しています。
    スラリーポンプとは、スラリーと呼ばれる固形分を多く含んだ液体を送る事ができるポンプで、様々な液性の液体の輸送に対応している優れたポンプです。
    スラリーポンプは、社会のインフラを支えている工場や発電所、排水を綺麗にする処理場には必ずと言っていいほど使用されています。
    普段の生活ではなかなか見ることもなく、決して目立つ存在ではありませんが、ものづくり、ひいては社会を支える仕事です。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    入社前に感じた安心感

    私の大学での専攻は材料や化学系がメインであり、設計や機械を中心とした仕事についていけるかどうか不安でしたが、
    弊社の選考過程にて採用担当の方や先輩社員の方々とお話をする機会があり、その際に質問一つ一つ(答え難い質問もあったと思います)に対してきちんと回答がもらえた為、入社前に自分の中の不安や疑問点を解消することができた事が入社の決め手となりました。

  • 当社のいいところ

    労働条件が良く、プライベートとの両立が図れる

    労働条件が良く、プライベートとの両立が図れる。

    大平洋機工に入社することを決めた理由の一つは、「労働条件の良さ」です。
    私が尊敬する本田宗一郎さんの言葉に、
    「遊ぶときはとことん遊べ、仕事するときは、とことん仕事をしろ」という言葉があります。

    プライベートの時間と仕事を両立させ、毎日を楽しみながら仕事をする「振り幅の大きい生き方」をせよ、と私は解釈しております。

    大平洋機工には、働きやすい環境が整っています。
    年休がとれない、サービス残業が多い、帰宅が毎日深夜になる・・・といったことが無く、出産・育児休暇等の制度も整っていますので、女性にとっても働きやすい職場だと思います。

  • 仕事のやりがいは・・・

    自分のイメージが形になる

    ポンプの部品を設計する際、
    「いかにして安全性を盛り込むか」
    「いかにしてコストを削減するか」
    「製作し易い構造とは」
    といったことを考え、図面を書きます。
    私自身、知識や技能が未熟なので失敗もありますが、自分が頭に描いたイメージ(=設計思想)が実際にカタチになった時には何とも言えない喜びを感じます。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • コツコツ研究・開発する仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • モノつくりをする仕事
気になる

0人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません