C-United株式会社(カフェ・ベローチェ/珈琲館)

C-United株式会社(カフェ・ベローチェ/珈琲館)(シーユナイテッド)の新卒採用・企業情報

正社員

C-United株式会社(カフェ・ベローチェ/珈琲館)

【フードサービス|食品|専門店(フード)】

”珈琲文化の創造と発展を通して人を幸せにすること”
”人”という言葉には、お客様、お取引先様、そしてすべてのスタッフとステークホルダーが含まれます。

C-Unitedは、コーヒービジネスを展開している「株式会社シャノアール」と「珈琲館株式会社」が合併し、2021年4月にスタートしました。歩んだ50年の道はそれぞれ異なりますが、コーヒーに対する「想い」と「情熱」は、共通する企業文化として、全スタッフのDNAに根付いています。私たちが目指すのは経営理念でもある「珈琲文化の創造と発展を通して人を幸せにすること」の実現です。一杯のコーヒーをきっかけに集まった仲間とともに、関わるすべての方々に幸せを届けていく。私たちはこれからもコーヒービジネスを通じて、豊かなカフェ文化の創造と発展を目指していきます。

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • アットホームな社風

  • 女性の管理職実績

  • 女性の従業員比率が50%以上

私たちの魅力

事業内容
カフェチェーンの全国展開(直営店及びフランチャイズ店舗)

「C-United株式会社」は、コーヒーチェーンを展開している「株式会社シャノアール」と「珈琲館株式会社」が合併し、 2021年4月にスタートした会社です。「心地よい日常を文化に」「一杯のコーヒーに心を込めて」という経営ポリシーのもと、お客様にくつろぎと安らぎの時間を提供しています。

企業理念
「珈琲文化の創造と発展を通して人を幸せにすること」

私たちが目指すのは企業理念でもある「珈琲文化の創造と発展を通して人を幸せにすること」の実現です。一杯のコーヒーをきっかけに集まった仲間とともに、関わるすべての方々に幸せを届けていきます。私たちはこれからもコーヒービジネスを通じて、豊なカフェ文化の創造と発展を目指していきます。

事業・商品の特徴
6つのカフェブランドを展開。

「CAFEE VELOCE(カフェ・ベローチェ)」
主力業態の1つです。「心地よい日常を文化にする」をポリシーに、1965年生まれのセルフサービス型の店舗です。心地よい日常を提供すべく、様々なライフスタイルやニーズに対応しています。多くの店舗は都心を中心に駅から徒歩5分圏内に立地しています。

「珈琲館」
主力業態の1つです。「一杯のコーヒーに心を込めて」をポリシーに、1970年に初出店したフルサービス型の店舗です。一杯ずつ丁寧に淹れたコーヒーと、銅板で焼き上げたトラディショナル・ホットケーキは絶品です。立地はロードサイド(郊外型)が中心ですが、ショッピングセンターや駅近への出店も行っています。

「THE SMOKIST COFFEE」
「心地よい一服、一杯、一息を。」をコンセプトに、2020年11月に誕生した新業態です。今まで当たり前にあった煙草と珈琲という文化を大切にしつつも、非喫煙者と共生できるクリーンな環境を整備しました。大風量換気システムを完備することで、煙草を吸う人も吸わない人も、そして働く人にとっても心地よい環境を築いています。

「珈琲館 蔵」
日本古来の「蔵」をコンセプトにしたフルサービス型の店舗です。蔵づくりの店内と庭園により、落ち着いた雰囲気でゆっくりとしたひとときを過ごせます。

「CAFE DI ESPRESSO 珈琲館」
イタリアの「エスプレッソコーヒー」をコンセプトにしたセルフサービス型の店舗です。バリスタが淹れるこだわりのエスプレッソコーヒーとカフェラテが楽しめます。

「コーヒーハウス・シャノアール」
「地域のリビング」をコンセプトにしたフルサービス型の店舗です。心のこもったサービスで幅広い客層に支持されています。主に首都圏郊外に出店しています。

私たちの仕事

私たちは、お客様一人ひとりの状況や気持ちを思いはかり、その時々に適した行動を日々実践しています。

(店舗)
美味しいコーヒーと食事を提供するだけではなく、気持ちの良い接客を通して、心安らぐ空間と時間を提供します。来店されたお客様に「来て良かった、また来よう!」と思っていただけるよう、最高の店舗体験をお届けする仕事です。

(本社)
店舗が目の前のお客様対応とパートナーのトレーニングに専任できるよう、専門的な視点で営業をバックアップをする仕事です。本社の半数以上が営業経験者となっており、「すべてのお客様と従業員、関連するステークホルダーのために」をモットーに活動しています。

はたらく環境

社風
役職名ではなく、「●●さん」づけで呼び合う

C-Unitedでは、社内で役職名(部長、課長など)を呼び合うことはありません。これは新会社へと統合することを機に導入されました。
役職は、時に行き過ぎたポジションパワー(権限)や勘違いを誘発してしまいます。『役職は組織の分業のための「役割」であり、「責任の範囲」である』というのがC-Unitedの考え方。役職を意識しないことで、「意見の言いやすさ」につながり、「意見の内容や質」で議論することができます。
社長も含めて全員を「さん付け」で呼ぶ。ちょっとした工夫ですが、これだけでも社員間の心理的な距離はグッと縮まります。

組織の特徴
意見を吸い上げる仕組みがあります

全国展開しているC-Unitedにとって、従業員から意見を集めることは簡単ではありません。店舗と本社の物理的な距離が遠いほど、仕組みによって意見を吸い上げる環境整備が大切だと考えています。おもな仕組みは3点です。今後も従業員にとって「よい会社」となれるよう、多様な意見を吸い上げていきます。

・ほっとライン
 →人事部直通の電話とメールです。仕事のあれこれを相談できます。

・自己申告書
 →年1回の自己申告書では個人的なキャリア希望はもちろん、会社に対する意見や要望を伝えることができます。自己申告書を通じて導入された福利厚生制度も多数あります。

・社内公募
 →本社の不足ポジションや新店の店長、スーパーバイザー候補などの選出は、基本的に公募によって行われます。自分の意欲を表明することで、次のステップへと挑戦できる仕組みです。

職場の雰囲気
毎月1回、全社員で朝礼を行っています

毎月1日に全店舗と本社で『全体朝礼』が行われます。オンラインの会議システムを活用し、トップメッセージや全体的な数値状況の共有を行います。営業の努力の成果を皆で共有し、次月のための取り組み課題へと展開していきます。

働く仲間
店舗を支える強靭なバックアップ体制が整っています

店舗が目の前のお客様とパートナーのトレーニングに専念できる環境づくりは、本社からのバックアップ体制によって実現されています。一般的にある商品開発、マーケティング、総務、人事、経理などの部署だけでなく、営業を直接的にバックアップするための専門部署も組織編成されています。
新入社員が直接配属されることはありませんが、将来的な人事異動により店舗を支える側に立つこともあります。

-部署紹介-
本社は大きく分けて4つの部門に分かれており、10の部署があります。様々な経験を持つ専門家と営業経験者から組織されており、それぞれが果たすべきミッションを掲げています。
「すべてはお客様と従業員、関連するステークホルダーのために」をモットーに会社を支えています。

【営業統括部】
「営業推進」「新店オープンサポート」「役職別トレーニング」「プログラム開発」などを担当し、営業経験豊富な人材が役割を担っています。店舗が目の前のお客様対応とパートナーのトレーニングに専念できるように、店舗に一番近い存在としてバックアップをしています。どんなことに困っているのか、どんな課題を抱いているのか、現場からの情報を本社各部署へと伝えるための重要なハブ役も担っています。

【マーケティング部】
SNSやメディアを通じて、新商品や各種キャンペーン、ブランドを世の中に広めるための施策を担当しています。お客様に店舗へと足を運んでいただくためには、まずは商品のブランドを認知していただく必要があります。様々なプロモーションを打ち出すことで、来店のきっかけを作ります。他にも社内報の作成や広報など、社内外に対してのインフォメーションを担当しています。

【店舗・FC開発部、設計監理部】
『店舗・FC開発部』は、新規出店に伴う業務(物件調査、交渉、契約締結など)、フランチャイズ加盟店の募集に伴う業務全般をt南東しています。新たな店舗を多く出店することで、全国に美味しいコーヒーを届けます。
『設計監理部』は、お客様にとって快適な空間を維持するためのメンテナンス業務や改修工事の計画策定、諸手続きを担当しています。店舗設備機器の新規開発や導入、改善も担当し、働く従業員にとっての快適な職場環境を作ります。

【商品部】
お客様に支持される新商品や季節商品の開発、既存商品のブラッシュアップについて、研究と調査を日々行っています。世の中のトレンドを掴むための市場調査や他社の研究を行うことで、常に付加価値の高い商品提供を目指します。他にも食材や備品の買い付け、物流体制の構築、商品の品質管理などを担当し、安心安全な商品体制づくりを構築しています。

【総務部、経理財務部、人事部】
『総務部』は、従業員の給与や労務管理、福利厚生の運用を担当しています。また、お客様相談窓口やCSR活動、社内行事全般の役割もあります。
『経理財務部』は、売上集計や経費管理、決算業務などの経理行医務に加え、予算管理、財務計画、ITシステムの構築など、お金とシステムに関する幅広い分野を担当しています。
『人事部』は、社員やパートナーの採用、評価システムの運用、人事制度の設計や改善を担当しています。人的資源の可視化と把握をし、経営計画に基づいたタレントマネジメントを推進しています。

【経営戦略室、事業推進室】
『経営戦略室』は、全社戦略の立案、経営判断のための情報収集と分析、新規事業や新業態の戦略立案を担当しています。会社の頭脳として、今後の進むべき数年先の成長戦略を担っています。
『事業推進室』は、経営判断のための管理計数の作成や分析、各部門の進捗管理に関するKPI管理、各会議の事務局を担当しています。複数あるプロジェクトの進捗管理やPDCAサイクルを回すための推進役も担っています。

オフィス紹介
”社長室”がないので、社長も同じフロアで仕事をしています

本社は東京(浜松町)にあり、ビルの1階と9階がC-Unitedのオフィスとなっています。1階には商談などを行う来客スペースや研修や会議などを行うセミナールーム、商品の試作などを行うテストキッチンがあります。
9階には各部署のデスクがワンフロアに並んでいますが、部署間の仕切りがありません。C-Unitedには社長室もないので、同じフロアに社長のデスクもあります。
そのため、社員全員の顔が見渡せ、他部署とも社長ともコミュニケーションがとりやすいオフィスとなっています。

企業概要

創業/設立 2021年4月
旧株式会社シャノアールと旧珈琲館株式会社が合併し、新社名C-United株式会社として始動
本社所在地 東京都芝大門2-10-12KDX芝大門ビル9F(受付1F)
代表者 代表取締役社長 友成勇樹
資本金 5,000万円
売上高 131億1,622万円(2020年度実績)
従業員数 5,304(うち社員数566名) (2021年12月現在) 
株主 ロングリーチグループ
事業所 店舗/関東圏及び北海道、宮城、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、三重、滋賀、奈良、和歌山、広島、香川、愛媛、福岡などに397店舗

採用連絡先

C-United株式会社 人事部
e-mail:jinji@c-united.co.jp
HPアドレス:https://c-united.co.jp/abouts/
マイページ:https://mypage.3170.i-webs.jp/c-united2023/