AGC株式会社(エイジーシー)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

AGC株式会社

【ガラス|化学|セラミックス】

AGCは建築用、自動車用ガラス製品だけではなく、ガラス・化学・セラミックスの技術を融合発展させる事で、多くのグローバルトップシェアを有する素材メーカーです。

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
未来の可能性を追求する総合素材メーカー

AGCは「ガラス」「化学」「電子部材」「セラミックス」という4つの素材を中心に、さまざまな素材を生み出している総合素材メーカーです。
ガラスを例に挙げれば、光を通すもの、通さないもの、反射させるものとその特性はさまざまですし、パソコンやエレクトロニクス製品の内部など、みなさんの目に見えないところでも幅広く利用されています。素材の持つ可能性を追求し、新たな用途を切り拓き、素材を通して世の中にさまざまな提案を行っていく。それがAGCの姿です。

私たちの仕事

AGCでは事務系社員と技術系社員が協働して仕事を進めています。
事務系職種は、営業、人事・総務、法務、経理・財務、資材・物流 など。
技術系職種は、開発(研究、生産プロセス開発、商品開発)、製造エンジニア、設備設計開発・プラントエンジニア、情報システム、知的財産、技術営業、環境安全など様々です。

はたらく環境

社風
少数精鋭で若いうちから色々と挑戦をしていきます

若手に大きな仕事をどんどん任せる社風です。社内には「易きになじまず難きにつく」というAGC創業の精神が根付いており、事務系・技術系ともに各々の職種で裁量を持ち、グローバルに幅広く活躍をしています。昔から社内コミュニケーションは、上司・部下・役職関係なく「さん付け呼称」。お互いを尊重した、フランクで意見の言いやすい環境です。ただ、それは決して慣れ合いではなく、自立したビジネスパーソンとして、グローバル競争に勝つために意見を言える環境が必要だからです。AGCではBtoB、BtoBtoCというビジネス、目まぐるしく変わる環境の中で成長するために、常に新しい発想や主体的な行動が求められます。

企業概要

創業/設立 創立:1907年(明治40年)9月8日
設立:1950年(昭和25年)6月1日
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング
代表者 代表取締役・社長執行役員・CEO 平井 良典
資本金 908億7,300万円
売上高 5,050億円(単独)
1兆4,123億円(連結)
※2020年12月期
従業員数 56,179名(連結)
7,158名(単体) (2020年12月現在) 
子会社・関連会社 約30の国と地域 連結子会社213社 ※2020年12月現在

AGCセラミックス(株)、AGCエレクトロニクス(株)、AGCテクノグラス(株)ほか

AGCガラス・ヨーロッパ、AGCオートモーティブ・アメリカ、旭硝子特種玻璃(蘇州)有限公司、AGCディスプレイグラス台湾、AGCファインテクノ韓国、AGCケミカルズ・タイランドほか
事業所 本社/東京
研究所/横浜
事業部支店/東京、名古屋、大阪、福岡 他
工場/鹿島、千葉、横浜、相模、愛知、関西(尼崎、高砂)

採用連絡先

AGC株式会社 
人事部 新卒採用担当
住所  〒100‐8405 東京都千代田区丸の内1‐5‐1 新丸の内ビルディング
E-mail saiyo-agc@agc.com
URL  http://www.agc.com
*社員が在宅勤務中のため、お問い合わせはメールでお願いいたします