フマキラー株式会社

フマキラー株式会社の企業情報

東証

フマキラー株式会社

【化学】

創業から走り続けること、150年あまり。フマキラーは、殺虫剤からはじまり、家庭用品、園芸用品、業務用品へと事業領域を拡大し、日本のみならず世界中を舞台とするグローバル企業へと躍進を遂げてまいりました。この成長を支えているのが、常にチャレンジャーであることを貫くアグレッシブな企業姿勢です。いつの時代も失敗やリスクを怖れず、”新しい価値の創造と提案”を愚直なまでに進めてまいりました。これまでにない性能や技術を追求するとともに、「日用品質」というスローガンのもと、使う人の立場に立ったモノづくりを徹底することで、オンリーワンの価値を持つフマキラー・ブランドの創造に全力を挙げています。

私たちの魅力

事業内容
殺虫剤は、もはや人々の命と暮らしを守る必需品です。

殺虫用品、家庭用品、園芸用品、業務用品等の製造販売、輸出入

事業戦略
新しい時代を切り拓くフロンティア・スピリット

これまでの常識を打ち破る製品を。創業者の大下大蔵が世界に先駆けて殺虫液を開発して以来、フマキラーに脈々と受け継がれているのが、新しい時代を切り拓くフロンティア・スピリット。たゆまぬ錬磨で培った卓越した研究開発力、既成概念にとらわれない斬新な発想、そして燃えたぎる情熱に支えられた飽くなき挑戦。真に価値あるモノづくりにこだわるDNAが、数々の世界初となる革新的な製品を生み出してきました。

企業理念
ひとの命を守る。ひとの暮らしを守る。ひとを育む環境を守る。

ひとの命を守る。ひとの暮らしを守る。ひとを育む環境を守る。わたしたちは、世界中の人々がいつまでも安心して快適に暮らすことのできる社会づくりに貢献していきます。

私たちの仕事

<開発部門>
常識にとらわれず、世界にないものをつくる。フマキラーという企業体をもっとも表すのが、尽きることのない研究開発スピリットです。それを支えるのは、昆虫学、植物学、細菌・ウイルス学といった基礎科学分野の果てしない研究。例えば殺虫剤では、 単なる殺虫能力の追求だけでなく、 虫の生態から徹底的に知り尽くすことが重要と考えており、 蚊やハエなど、 約50種類・300万匹もの虫を飼育。実験を繰り返すことで見出した新しい知見を、消費者の潜在ニーズに結びつけ、世の中の一歩先を行く商品開発につなげています。

<生産・品質保証部門>
理想の製品を、最高のクオリティでカタチにすること。それが、生産・品質保証部門の使命です。日本三景の宮島を望む絶好のロケーションに建つ広島工場では、3万坪を誇る広大な敷地内に多彩な商品ラインナップを支える生産設備が建ち並びます。最先端テクノロジーで制御されたプロダクトラインでは、「どこでもベープ」なら1日に12万個もの生産が可能で、市場動向に余すところなく対応できます。

<営業・マーケティング>
フマキラー製品とお客様との出会いの場。その大切な売り場づくりに欠かせないのが、営業スタッフの存在です。消費者と同じ視点で課題を捉えながら、気候などによって刻々と変化する最新の市場データを踏まえた販促企画や棚割プランを販売店や卸店にご提案。きめ細かな活動で、売り場の活性化をはかっています。同時に、そこで得たお客様の声を社内にフィードバックし、次の商品づくりや、マーケティング、セールスプロモーションへとスピーディに活かしています。

<海外事業>
日本で愛されるものは世界で通用する。フマキラーはこの信念のもと、早くから積極的に海外展開を進めてきました。そのネットワークは、今や世界70カ国に及んでいます。インド・インドネシア・メキシコ・マレーシア・ベトナム・タイ・ミャンマーの7カ国に子会社を設立。欧米・アフリカ・中近東などの7カ国では、技術指導による現地生産を実施、輸出先は55カ国を数えます。

はたらく環境

働く仲間
先輩が語る「フマキラーの好きなところ」

チャレンジ精神が旺盛なところですね。どんどん新しいことをやって、面白いことをやっていこう!という雰囲気がありますし、興味のあることを見つけたら「やってみようよ」と、後押ししてもらえる環境です。私はまだ入社二年目なんですけど、本当に自由にのびのびやらせてもらっています。信頼してもらっていると思いますし、大事にしてもらっているなぁと思いますね。(開発研究部 応用開発研究室の先輩)

「革新的」なものを作ろう、「新しい」ことを研究しよう、といった「これまでにないもの」への志向がとても強いところですね。フマキラーはこれまでも「世界初」の製品を数多く開発してきました。それは、知識のインプットを怠らない行動力の賜物だと思います。一見関係のないようなことが開発研究のヒントになることを理解し、化学だけでなく、幅広い分野の知識を柔軟に組み合わせることで実現できたのだと思います。私が今まで学んできた電気・電子分野の知識はもとより、今後も新しい知識をどんどん吸収し、これからの「生産技術開発」に活かしていきたいですね。(生産技術部 生産技術グループの先輩)

自由度が高いところです。入社2年ですが、好きなようにやらせてもらっています。自分で考えて「こういう提案をしたいです」と上司に話せば、頭ごなしに否定されることはなく、「それで行ってこい」と言ってもらえます。積極的に、色々挑戦したいという方には働きやすい会社だと思います。社員の年齢層は結構バラバラですが、人間関係は年齢関係なく良好です。私が所属している東京支店ではフリーデスクを採用しているので、営業部と園芸用品部、EC特販部が部署に関係なく同じデスクに座っています。園芸用品のことを教えてもらったり、ネット販売の情報が聞けたりと、情報共有や意見交流が日々自然にできるのも面白いですよ。(営業の先輩)

企業概要

創業/設立 創業1874年(明治7)年
設立1950(昭和25)年12月
本社所在地 〒101-8606 東京都千代田区神田美倉町11
代表者 代表取締役社長 大下一明
資本金 36億9868万円
売上高 単体249億円(2018年3月期)
従業員数 220名 (2018年03月現在) 
子会社・関連会社 大下産業株式会社
大下製薬株式会社
日広産業株式会社
フマキラー・トータルシステム株式会社
他2社
事業所 本店/東京都千代田区神田美倉町11番地
首都圏支店/東京都千代田区神田美倉町7-1 Daiwa神田美倉町ビル2F
中部支店/名古屋市昭和区御器所1-11-16
関西支店/大阪府吹田市垂水町3-5-15
中四国支店/広島市西区中広町3-17-9
九州支店/福岡市博多区下呉服町3-5
広島工場/広島県廿日市市梅原1丁目11番13号
北日本営業所/仙台市宮城野区榴岡3-4-18 タカノボル第22ビル303号
気になる

13人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません