ユニチカ株式会社

ユニチカ株式会社の企業情報

東証

ユニチカ株式会社

【化学|繊維】

■暮らしと技術を結ぶ「機能資材メーカー」
1889年、日本の近代産業の草創期に紡績会社としてスタートしたユニチカは、機能素材メーカーとして進化を続けながら、生活用品や産業活動、インフラ整備の質を根幹から高めていく素材を数多く手掛けています。例えば、世界初の独自技術により製品化されたナイロンフィルム「エンブレム」は、食品包装の用途でグローバルトップシェアを誇っています。
刻々と変化する社会情勢や環境問題の下で、「暮らしと技術を結ぶことによって社会に貢献する」という経営理念を掲げ、現在から未来のニーズを捉えた活動を行うグローバル企業へと変貌しています。

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 安定した顧客基盤

私たちの魅力

事業内容
世界を席巻するユニチカの「高機能資材」

ユニチカは、生活に密着した数多くの「高機能資材」を開発してきました。その中から2つの製品をご紹介します。
まずは「エンブレム」。世界初の独自技術により製品化されたナイロンフィルムです。プラスチックフィルムの中でも、強靭性、柔軟性、耐破裂性などに比類のない特性を持ち、食品包装の用途でグローバルトップシェアを誇っています。2つ目は「ユニビーズ」。球の大きさが数ミクロンから数ミリの真球度の高いガラスビーズです。光の再帰反射効果を持つため、センターラインなどの路面標示や、衣料・シューズなどの反射材に利用され、交通安全に貢献しています。また細やかなニーズにも対応し、一方高付加価値製品の開発で新規用途の拡大も進めています。

ビジョン/ミッション
暮らしと技術を結ぶ「機能資材メーカー」

1889年、日本の近代産業の草創期に紡績会社としてスタートしたユニチカは、機能素材メーカーとして進化を続けながら、生活用品や産業活動、インフラ整備の質を根幹から高めていく素材を数多く手掛けています。例えば、世界初の独自技術により製品化されたナイロンフィルム「エンブレム」は、食品包装の用途でグローバルトップシェアを誇っています。
刻々と変化する社会情勢や環境問題の下で、「暮らしと技術を結ぶことによって社会に貢献する」という経営理念を掲げ、現在から未来のニーズを捉えた活動を行うグローバル企業へと変貌しています。

事業・商品の特徴
世界最高レベルの性能を有する耐熱ポリアミド樹脂「XecoT(ゼコット)」

「XecoT(ゼコット)」は、耐熱性・結晶性・低吸水性・耐薬品性・耐摩耗性・電気特性・高品質すべてにおいて、世界最高レベルの性能を持つ植物由来の耐熱ポリアミド樹脂です。コア技術である、ポリアミド重合技術に、独自技術を融合した新規製造プロセス開発により、他社競合品に対し、品質面やコスト面で優位性があります。これからもユニチカは新たな高機能素材を開発し皆さんの生活を支えていきます。

私たちの仕事

【開発 N社員】
これまでのユニチカにない新しいフィルムを研究・開発しています。業務は計画、製造、評価の繰り返しで行います。デスクワークから現場作業、お客様への紹介まで開発品の全てに関わることができ、幅広い業務を経験できます。できないことに日々挑戦し、自分の成長を実感できたとき、また、チームワークをうまく発揮し、課題を解決できたときにやりがいを感じます。経験を積み、得られたアイディアや技術を駆使して、社内外の様々な課題を解決できるような人材になりたいです。

【機械系プラントエンジニア M社員】
設備投資業務を担当しています。具体的には、設備設計を行い、購入機器、工事等の仕様書作成、図面作成、工事時の施工管理などを行っています。生産量増加、新しい機能を持った製品の生産という目的を達成するためには、生産ラインの新設や機器改造のような設備投資が不可欠です。自分の設計した設備が、生産設備として形になり、製品の生産ができるようになることにやりがいを感じます。うまくいかないこともありますが、試行錯誤を繰り返し、改善できたときはやはり嬉しいです。

【電気系プラントエンジニア T社員】
フィルム・樹脂製造設備における、電気計装設備のメンテナンスおよび設計を行っています。設備に異常があった場合は、修理対応し、新たな設備を導入する際は、電気設計・工事管理等を行います。現在は、海外工場のフィルム設備での機器増設案件を担当しており、工事設計やソフト設計を行っています。自分が設計した設備が実際に動き、製品の生産を支えているということに達成感・やりがいを感じます。また、設備の異常時に修理対応し、現場作業者に喜んでいただけることを嬉しく思います。

【営業 F社員】
スパンレース不織布の営業を担当しています。 
ユニチカのスパンレース不織布は、綿(コットン)を原料としたシートで、メディカル用途・美容用途で多く使用されています。
このスパンレース不織布の新たな用途の開拓に取り組んでいます。営業を始めたころ、まだまだ知識の少ない自分が同業他社の営業に勝てることについて考えたことがありました。それは「スピード」と「丁寧さ」は初心者・ベテラン営業関係なく勝負できることだと思い、その2点を心掛けて営業活動を行いました。初めて採用を決めてもらった時は「ユニチカさんが一番早く、丁寧に対応してくれたので決めました」と言う言葉は嬉しく、今でも自分の営業活動のベースとなっています。

はたらく環境

組織の特徴
教育・研修制度の整った会社

社員全体の能力の一層の底上げが、組織力の基盤をより強固にするとの考えから、従来の教育研修体系を再整備し、様々なプログラムで実施しています。

企業概要

創業/設立 1889年(明治22年)6月19日
本社所在地1 大阪市中央区久太郎町4-1-3
本社所在地2 東京都中央区日本橋本石町4-6-7
代表者 代表取締役社長執行役員 上埜 修司
資本金 1億45万円
売上高 連結:1,195億3700万円(2020年3月期)
従業員数 連結:3,438名 (2020年03月現在) 
子会社・関連会社 ■国内
 ユニチカトレーディング(株)、日本エステル(株)、
 ユニチカグラスファイバー(株) など

■海外
 エンブレムアジア(インドネシア)、ユニテックス(インドネシア)、
 ユニチカトレーディングインドネシア(インドネシア)、
 ユニチカトレーディングベトナム(ベトナム)、
 TUSCO(タイ)、ユニチカアドバンス(タイ)
 ユニチカ香港(中国)、ユニチカ上海(中国)、
 デュッセルドルフ事務所、ニューヨーク事務所 など
事業所 ■本社           :大阪、東京
■営業所          :名古屋 ほか
■事業所          :宇治(京都府)、岡崎(愛知県)、垂井  (岐阜県) 常盤(岡山県)ほか
■研究所          :中央研究所(京都府)
■海外事務所・出張所         :インドネシア、タイ、中国、ドイツ、アメリカ、ブラジル
気になる

15人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません