国立国会図書館

国立国会図書館(コクリツコッカイトショカン)の企業情報

国立国会図書館

【官公庁】

企業概要

事業内容 国立国会図書館は立法府に属する国会図書館として、また日本で唯一の国立図書館として、一般の公共図書館等とは異なるいくつかの機能を持っています。

○国会に対する奉仕
国会議員等からの依頼に基づいて、法案等の案件の分析・評価、国政審議に必要な政治、経済、社会各般にわたる調査活動を行います。

○行政・司法各部門に対する奉仕
各行政省庁及び最高裁判所におかれた支部図書館を通じて、行政・司法各部門に資料提供、レファレンス等の図書館サービスを提供します。

○一般公衆に対する奉仕
広く国民一般に対し、レファレンス・サービス、館内閲覧、図書館間貸出による資料提供、来館及び郵送による複写サービス等を行います。

○資料の収集と保存
国内の出版物については、国立国会図書館法に規定する納本制度により、網羅的収集に努めます。外国資料は、購入、寄贈、国際交換等により収集し、蔵書の充実をはかります。収集した資料を国民の文化的資産として永く保存します。また資料保存に関する企画、調査、研究を行います。

○資料の整理、書誌の作成
全国書誌をはじめとする基本書誌、専門書誌、及び各種索引類を作成します。また、ホームページで国立国会図書館オンラインをはじめとする書誌データベースを公開しています。

○図書館協力
国内の様々な図書館や図書館関係団体と、さらには、日本の図書館を代表して、国際機関及び世界各国の図書館と、図書館活動全般にわたる協力を行います。

○電子図書館
資料の電子化やデジタル情報の収集・保存・提供を進めています。
創業/設立 1948年06月
本社所在地1 東京都千代田区永田町1-10-1
電話番号 03-3506-3315
事業所 国立国会図書館東京本館(東京都千代田区永田町1-10-1)
国立国会図書館関西館(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)
国立国会図書館国際子ども図書館(東京都台東区上野公園12-49)
代表者 吉永 元信
職員数 892名(2020年04月現在)(職員数の定員(令和2年度))
上場区分 非上場