株式会社朝日エル

株式会社朝日エル(アサヒエル)の企業情報

株式会社朝日エル

【広告】

企業概要

事業内容 マーケティング、広告、PR、イベント等の企画と運営、制作、編集、人材育成、外部の専門家や組織との連携などのノウハウを用い、多様な企業(製薬、食品、家電、衣料、美容、サニタリー、住宅、生保等)、地方自治体、学会、NPOなどの団体をクライアントとして事業を展開しています。また、サステナブルな社会を目指し、保健医療福祉、子育て、教育などをテーマとした企画を、SDGsを掲げる企業など外部とネットワーキングしながら推進する事業形態は、日本での先駆けであると自負しています。事業の一部をご紹介します。
●事業の方向性づくりのための、独自の手法(クライアント企業と協働して開発)を用いた「5年後の環境予測」を、25年以上にわたり継続して実施。
●「女性の健康といえば、○○社」という、企業のブランデイングをサポート。女性の健康を担う専門家とのネットワークづくりや、ターゲット女性を対象としたセミナー開催、女性誌等メディアを用いた情報発信などを行う。
●アパレル企業による、服のリサイクルを通じた社会貢献活動をサポート。「ESD=持続可能な社会づくりの担い手を育む教育(文部科学省ホームページより)」の推進に携わっている経験から、学校現場での取り組みを実現させている。2018年には、当活動が文部科学省や経済産業省が主催するアワードを受賞。
●乳幼児-保育園-幼稚園-小学校-中学校-高校など、各成長段階の子どもたちにとって必要な知識(いのち、食、ライフプランニングなど)と、企業がもつ情報や製品をマッチングさせ、最適な場と機会を通じて発信する、SDGsの視点に立ったマーケティングを展開している。
●闘病中の人のQOL(生活の質)、ケアの安全性や効率性等に配慮した、新しいコンセプト及び製品の開発サポート。データや現場取材からの環境分析→専門家とのプロジェクト化→コンセプト及び製品の開発と検証→学会等での発表や論文化→広報など、マーケティングを一貫して行う。
●保健医療福祉分野での知見やステークホルダーとのネットワークが高い評価を得、SDGsへの貢献を掲げる製薬企業の、病気との共生社会づくりを目指す中長期企画をサポート。国の施策や社会環境、当事者(患者さん、家族、医療者等)のニーズなど情報収集と分析~コンセプト明確化~企画立案~実施を行う。
●日本人の2人に1人が罹患する疾患「がん」。治療による脱毛に悩む方に医療用ウィッグを贈るNPOと企業(ヘアケアブランド、ウィッグメーカー)の共同事業に、コンセプト開発(看護学生がウィッグ用の髪を寄附する仕組みを作り、医療の未来を担う若い世代への教育的意味も持たせる)から携わり、2018年に10周年を迎えた。多くのメディアに報道され、日本にヘアドネーションが広がるきっかけを作った。
●子どもから高齢者までの健康づくりは日本が抱える大きな課題の一つ。「(一社)卓球で日本を元気にする会」と共に、「健康卓球」の普及に向けて、地方自治体や医療と一体となった拠点づくりを企業活動とのマッチングも図りながら推進している。
●障害のある人と地域の人がともに集える地域の拠点として、区や社会福祉法人、世界的ファッションブランドのショップを手掛けた著名な建築家らと共に、医療-福祉-文化-食が連携した新しい福祉施設のコンセプトと、
食のスペースづくりに参画、2019年オープンを迎え継続中。
●地域の文化的価値、縁がある人物の歴史的業績の再発見を通して、さらに2020beyondプログラムなど国の動きにも合致する形で、地方自治体に対して、地域づくり・街づくりのコンセプト提案、象徴的イベントの企画・運営を行う。
創業/設立 1986年09月
本社所在地1 東京都中央区築地2-12-10築地MFビル26号館5階
電話番号 03-5565-4911
事業所 利便性が非常に高い、中央区築地が本社です。
支社等はありませんが、関連会社に、株式会社朝日広告社、株式会社朝日サステイナビリティ・マネジメント、
株式会社ウエルズ、株式会社女性総研があります。
代表者 中村和代
資本金 2,000万円
売上高 4億円(2021年03月現在)
従業員数 11名(2021年04月現在)(従業員のほか、関連会社のメンバー10~15名が常駐しています。)
上場区分 非上場
主要取引先 多様な企業(食品、製薬、家電、美容、サニタリー、衣料、住宅、生保等)、地方自治体、学会などがクライアントです。クライアント企業は、ほぼ誰でもが社名を知っているトップ企業、グローバル企業が殆どです。