野村マイクロ・サイエンス株式会社

野村マイクロ・サイエンス株式会社(ノムラマイクロ・サイエンス)の企業情報

東証

野村マイクロ・サイエンス株式会社

【プラントエンジニアリング】

企業概要

事業内容 1969年(昭和44年)に創設し、液体ろ過用メンブレンの販売から事業をスタートさせ、日本における半導体産業の振興に合わせて“水”の純化に取り組んできました。
現在は、超純水製造装置を核として、さまざまな産業のニーズにジャストフィットする水処理システムを提供しております。
そのフィールドは、電子産業、医薬品製造から環境関連まで多彩です。

【電子産業フィールド】
  日常生活に欠くことのできない半導体デバイス、液晶テレビ、スマートフォンなどに使われている電子部品。その製造プロセスにおいて不可欠となるのが、限りなく不純物「ゼロ」に近い水。すなわち“超純水”です。当社は、1974年(昭和49年)に日本初の膜処理技術による超純水製造措置を販売しました。以来、国内はもとより海外でも常に最先端の超純水装置を提供し続けております。

【医療・ヘルスケアフィールド】
  厚生労働省に定められたGMP(製造規範)に合致した医薬品(固形製剤、インフルエンザワクチンなどの注射剤)を製造するための製薬用水設備を提供しております。さらに、遺伝子工学やDNA解析などのバイオテクノロジー分野にも提供しています。水を通じて、豊かで健康的な暮らしをサポートしております。

【研究開発・分析フィールド】
  水処理システムの設計や維持管理には、水質分析が欠かせません。当社では常に超純水の水質を極限まで低い濃度を分析する技術に挑戦しており、世界でもトップクラスの分析能力を誇っています。また、微量分析のノウハウを活かして顧客ニーズに即応した受託分析も実施しております。

【新製品開発】
  これまでに培ってきた超純水製造技術、水質の微量分析のノウハウなどを活かしお客様の「ニーズとシーズ」に合った、オンリーワンの新製品を開発し、他社にはない野村マイクロ・サイエンスのユニークな製品をお届けしております。
創業/設立 1969年04月
本社所在地1 神奈川県厚木市岡田2-9-8
電話番号 046-228-3235
事業所 本社/神奈川県厚木市
北上駐在事務所/岩手県北上市
仙台出張所/宮城県仙台市
埼玉駐在事務所/埼玉県さいたま市
東日本営業所/神奈川県厚木市
掛川駐在事務所/静岡県掛川市
名古屋出張所/愛知県名古屋市
京滋駐在事務所/滋賀県大津市
西日本営業所/大阪府吹田市
福山出張所/広島県福山市
中四国営業所/広島県広島市
観音寺出張所/香川県観音寺市
山口駐在事務所/山口県下松市
九州営業所/福岡県大野城市
大分駐在事務所/大分県大分市
長崎駐在事務所/長崎県大村市
宮崎駐在事務所/宮崎県宮崎市
熊本駐在事務所/熊本県菊池郡 
代表者 代表取締役社長 八巻 由孝
資本金 22億3,680万円
売上高 199億2,500万円(2021年03月現在)
従業員数 322名(2021年03月現在)
上場区分 国内上場/東証
主要取引先 三星電子(株)
(株)大林組
三星エンジニアリング(株)