東京都農業協同組合中央会

東京都農業協同組合中央会の企業情報

東京都農業協同組合中央会

【農協】

東京にも農業があるのをご存知ですか?都内にもまだまだたくさんの畑や田んぼがあります。
我々JAグループは地域に根ざした協同組合として、農業の振興や農家(組合員)の所得の増大を目標としております。
JAグループは全国にたくさんありますが、JA東京中央会は”東京”の農業の振興に全力です!

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
東京の農業とJAを支える組織です。

私たちの事業は東京農業と東京のJAを支援することです。
そのため、経営相談・監査、農業振興施策の企画・支援、対外広報活動、役職員教育...等、多岐にわたります。
たくさんの業務があり、それぞれが役割をもって東京の農業とJAを支えています。

企業理念
戦後から続く頼られる組織です。

JAは日本語にすると「農業協同組合」といいます。
地域に根ざした共同体として、戦後からずーっと地域の農業者(組合員)と一緒に、農業を守って、そして振興してきました。
我々は、株式会社ではなく、NPO法人でもなく、”協同組合”という組織です。

JAは、農業者、そして地域住民のみなさまのために様々な活動しており、そういった活動をしている東京のJAを支え、東京農業と都内JAの発展に取り組んでおります。

私たちの仕事

私たちは、東京の農業とJAを支えるにあたって多角的な業務を行っております。
JAの経営相談や業務監査、役職員教育。
東京農業振興施策の企画・支援、要望活動。
都民の皆様に対する対外広報活動。
グループ内の調整など多岐にわたります。
一つ一つに専門性が求められ、また全体を俯瞰してみる能力も必要とされております。

はたらく環境

組織の特徴
相互扶助の精神で

JAは協同組合です。協同組合は「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という相互扶助の精神で設立されました。
今なお、その精神は継続され、農業者・地域の住民のみなさま、また職員同士も、支えられ支えながら事業を行える職場です。

企業概要

創業/設立 1955年設立
本社所在地 東京都立川市柴崎町3-5-25
JA東京第1ビル4階
代表者 代表理事会長 須藤正敏
職員数 54名 (2019年04月現在)
事業所 東京都
気になる

60人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません