三国屋建設コンサルタント株式会社

三国屋建設コンサルタント株式会社(ミクニヤケンセツコンサルタント)の新卒採用・企業情報

正社員

三国屋建設コンサルタント株式会社

【調査・研究・シンクタンク】

社会資本(インフラストラクチャー)を中心とした橋、トンネル、漁港・港湾、河川、ダム、農業施設などの公共土木施設や、防災・環境保全に関する事項の計画・調査業務を中心に、民間企業を顧客としてコンサルティングを行う専門業者です。

  • 安定した顧客基盤

  • 無借金経営

  • 自己資本比率40%以上

  • 30歳代の役員実績

私たちの魅力

事業内容
環境の保全と社会インフラ形成の建設コンサルタント

当社の事業領域は4つです。1.動植物、昆虫の自然環境調査 2.橋梁・トンネル・港湾漁港施設・河川管理施設などの点検を行うインフラ点検 3.水質・底質、騒音・振動・大気などの生活環境調査 4.コンクリート内部の鉄筋・はつり状況、非破壊検査などの調査・分析。
環境と防災に関連するさまざまな社会と生活に欠かせないインフラ整備事業を通して、限りある自然と人々の暮らしを守ります。

私たちの仕事

環境関連業務では、河川などの水域や猛禽類などの陸域の生物調査、水質に係る物理環境調査などを行っており、防災関連業務では構造物調査は、変状を目視及び打診にて確認。その後、変状の原因を推定するために、詳細(非破壊及び破壊)調査を行い、より精度の高い劣化原因を追究しています。当社では、これまでに得た調査実績をもとに、計画立案・調査法の提案やマニュアルに沿った調査、報告書の作成までを一貫して行っております。社会インフラの老朽化が叫ばれる昨今、土木構造物の維持管理を目的とする点検業務は、これからますます需要が高まる一方です。

はたらく環境

職場の雰囲気
面倒見の良さは小さな会社ならでは

入社してまず2年間は、先輩上司について仕事についてしっかりと学びます。その後は担当者として現場を任されるようになり、年間の半分以上は社外で点検業務を行うようになります。当社は少人数の小さな会社であるため、社員同士の距離が近くアットホームな雰囲気。反面、全員がチームワークをとりながら真剣に現場と向き合う時間があるので、メリハリがある環境です。

企業概要

創業/設立 2002年(平成14年)10月8日
本社所在地 宮城県仙台市宮城野区高砂二丁目2番2号
代表者 代表取締役 難波 勇
資本金 1,000万円
売上高 1億8,155万円(2020年9月実績)
従業員数 17名 (2020年12月現在) 男性10名 女性7名
子会社・関連会社 三国屋建設株式会社
事業所 関東事業所(埼玉)/東京営業所

採用連絡先

三国屋建設コンサルタント株式会社 採用担当 難波
問い合わせ先 info@3928.co.jp