神戸鈑金工業株式会社

神戸鈑金工業株式会社(コウベバンキンコウギョウ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

神戸鈑金工業株式会社

【鉄鋼|自動車|輸送用機器】

先輩一覧

藤槻 幸志(2013年入社)

製造部 生産技術G  

職種 生産管理・品質管理
出身校 広島国際大学
出身学部 工学部
専攻分野 機械系

インタビュー

仲間とともに。会社を引っ張っていけるリーダーに成長したい!

  • 入社して7年半は広島工場で生産管理を担当していましたが、2020年10月に本社(兵庫県高砂市)へ異動になりました。現在、本社の生産技術Gへ配属となり、自分たちで考えながら組み立てラインの立ち上げを行っています。生産技術の仕事は、会社全体の流れや仕組みが理解できていないと務まりません、ものづくり工場を支える柱でもあります。今はまだ毎日が未知の分野の勉強と経験の積み重ねですが、この新しい環境で、これまで体験したことのない業務に取り組み、挑戦できることを日々楽しんでいます。
    地元大好き、広島愛いっぱいの私ですが、これからは、ここで頑張って、会社を引っ張っていけるリーダーの一員となれるよう成長し続けたいと強く思っています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    会社の雰囲気が良かったこと!

    地元広島で就職先を探していたところ、合同企業説明会で「神戸鈑金工業」と出会いました。第一印象から「いいな!」と感じ、選考を受け採用していただきました。説明会から会社の雰囲気が良かったことも決め手の一つです。担当者や上司の方がとても丁寧に説明してくださり、フランクに話ができたことも安心でき、さらに実家から通えるのも後押しとなりました。
    実際、入社後も会社の雰囲気がとても良く、安定的な基盤がある会社なので、自分の人生において「仕事をする」というたくさんの大切な時間を費やすにあたって、「神戸鈑金工業は最も良い企業」という思いは今も変わらず、就職できて本当によかったと心から感じています。

  • 仕事のやりがいは・・・

    仲間と一緒に、一つの目標に向かって邁進しているとき!

    広島工場ではできなかったことを経験できていることが、今一番嬉しいことです。本社では、組み立て工場の立ち上げや塗装設備の立ち上げ、新システムの立ち上げなど、新規に始めることばかりです。新しいことを自分たちでやるというのは、もちろん苦労も多く、心も身体もしんどいですが、それを乗り越え、「景色が変わった!」と実感できた時の達成感は喜びでしかありません。仲間と一緒に、一つの目標に向かって時には挫折しながらも邁進し、ともに仕事をしているとき、やりがいを感じながら頑張っている自分がいます。結果、「仕事がしやすくなった!」と言われるのは本当にうれしいです。これからも様々な苦難を乗り越え、頑張れる自信がつきました!

仕事の特徴

  • プロジェクトの立ち上げに関われる仕事