SOMPOケア株式会社

SOMPOケア株式会社(ソンポケア)のキャリタス限定情報

正社員

SOMPOケア株式会社

【介護・福祉サービス|環境サービス|一般(その他)サービス】

高齢者の皆さまに生き生きと
日々を送っていただくこと。
ご利用者さまが自分らしく
日常生活を送るために、
それぞれの心身の状態や価値観に
合わせた質の高いサポートを、
職員一人ひとりが
高い専門性を生かして実践しています。
それがSOMPOケアの
「介護プライド」です。

成長の手応えと誇りを感じながら
質の高いサポートを
実践していく。

訪問介護では、ご利用者さまの自宅に伺い、食事や入浴、排泄などの介助をします。 親身にフォローしてくれる上長のおかげで、ご利用者さまに寄り添うケアを実践できるようになりました。 現在はサービス提供責任者となり、ケアマネジャーのプランに基づき介護計画手順書などを作成すること、人材を育成することも私の仕事です。 ただ与えられた業務をこなすのではなく、自分自身の裁量で仕事ができることは、楽しくやりがいがあります。

介護を深く追求することで、
その楽しさと喜びに気づく。

介護職はしんどいというイメージを持たれることが多いですが、SOMPOケアでは、先輩や同僚に支えてもらいながら、 毎日やりがいを感じ、楽しく勤務しています。この仕事の素晴らしさを世間に発信し、介護が憧れの職業となるくらい、 イメージを変えていきたいです。そのために、まずはホーム長を目指し、施設介護の良いところも改善すべきところも、より深く追求していきたいです。

素晴らしい仲間とともに、
目標に向かってまい進できる。

副ホーム長時代、うまくホームの運営ができなかった時期がありました。 経験豊かな上長からの指導、信頼できるスタッフのアドバイスや手助けのおかげで難境を乗り越えることができ、管理職として大切なことを多く学びました。 当時支えてくださった方には、とても感謝しています。 現在、ホーム長を任せていただけるのも、経験豊かな上長からの指導や信頼できるスタッフとのチームワークなどの積み重ねだと思っています。

小さなことでも
誰かが見ていてくれる、
不安を安心に変えられる職場。

幅広い職種があり、個人の希望をくんでもらえる環境が整っていることは、SOMPOケアの大きな特長だと思います。 教育研修の講師を経て、現在は研修のサポート業務として、eラーニングの整備など、新しい試みに日々挑戦しています。 SOMPOケアはスタッフ育成に力を注いでおり、介護が未経験という方も、入社してから安心して学べる環境を整えています。 介護職に興味のある人は私たちがサポートするので、不安がらず、ぜひ挑戦してみてほしいです。

全国に約280の介護付きホーム、約130のサービス付き高齢者向け住宅、約20のグループホーム、 約560の在宅サービス事業所を展開しており、シニアリビング居室数※で業界1位の規模を有しています。 今後も地域の皆さまに寄り添い、在宅介護から施設介護までフルラインナップでサービスの充実を図っていきます。

お一人おひとりへ、
自分らしい生き方を提案。

SOMPOケアの掲げる「カスタムメイドケア」。それは、その方の“これまで”を、誰よりも深く知ることから始まります。 ご利用者さまの「できること」「したいこと」を大切にしながら、その方の“これから”を丁寧にご提案していきます。 お一人おひとりに真摯に向き合い、寄り添い、考え続けることで、個別性の高いケアが実現できると考えているのです。 SOMPOケアは人間尊重という理念の下、本当の意味での「自立支援」のあり方を考えています。

介護のスペシャリストを育成する
企業内大学、
SOMPOケアユニバーシティ。

介護サービス技術の向上は、これからの介護を支える重要な使命です。そのためにSOMPOケアでは、 現場を忠実に再現した環境で実技や理論を学ぶことができる企業内大学を設置。 業界に先駆けて発足したこの企業内大学では、社員一人ひとりの中長期のキャリアプランに基づいた教育体制で、スキルアップと働きがいの創出を図っています。 また外部機関との連携による共同研究なども行っています。

一人ひとりの成長に合わせた
キャリアアップが可能です。

SOMPOケアでは介護付きホームから在宅サービスなどまで幅広いサービスを展開しています。 そのため介護の現場で豊富な実務を経験することが可能となっています。将来のキャリアアップのために、 自分がやりたいことや夢の実現に向けて、キャリアヒアリングシートで社員一人ひとりをバックアップ。 個々の社員の能力や知識、希望に応じたキャリアを目指すことができます。

未来の介護を見据えた研究所、
それがFuture Care Lab in Japan

体動センサーの活用や生活記録のデジタル化など、ケア業務は日々進化し続けています。 そうした進化に合わせてFuture Care Lab in Japanでは、ICT、ロボット、AIなど、 最先端の技術を介護のフィールドに積極的に取り入れた未来の介護の形を研究しています。 多彩なケア業務をテクノロジーで革新するために、実証と研究を続けているのです。