株式会社岩手日報社(イワテニツポウシヤ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

株式会社岩手日報社

【新聞|情報サービス|広告】

先輩情報1

長澤 誠(2016年入社)

広告事業局・事業部  

職種 営業推進・販売促進
出身校 立教大学
出身学部 コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科
専攻分野 その他文系

インタビュー

新聞社のイメージとは違う幅広い仕事を行っています!

  • 私は広告事業局・事業部に所属しています。新聞社の仕事といえば、記者や広告営業を想像する方が多いと思いますが、主に様々なイベントの企画、運営を行っています。開催するイベントはスポーツや文化など多岐にわたり、私は主にスポーツ(駅伝大会、継走大会、小学生3x3バスケットボール大会)を担当しています。私は小学校からこれまでハンドボールを続けてきました。高校の時にはインターハイや全国選抜大会、国体に出場しました。大学の時にも全日本学生選手権や、国体に出場し、社会人となってからも毎年国体に出場しています。普段から遠征や大会、中学生の指導や審判などで職場を離れることが多いですが、職場の方々のサポートをいただきながら活動しています。仕事としてもスポーツに触れる機会が多いことをうれしく思います。選手として続けてきた経験があるからこそ、「より良い環境を提供する側(選手ファースト)」になって仕事をしています。運営準備をしていると毎年様々な課題に直面しますが、多くの壁を乗り越えてきました。入社して3年目くらいからは自分のやりたい企画に積極的に挑戦しています。一番の軸は選手ファーストです。今では選手が素晴らしい記録や感動を生んでくれたときが、仕事をしている中で一番の喜びになっています。また昨年から開催している小学生プログラミングコンテストも担当しており、初の実施に関わりました。未来を担う「いわて」の子ども達に多くの活躍の機会を提供することこそが、地方新聞社の役割の大きな一つだと感じています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    職種のデパートと呼ばれる新聞社。きっと自分にも地元に恩返しできる仕事があるはず!

    就職活動を行っている上で一番重要視していたのが、地元である岩手県内への就職でした。これまで何かの資格を取得していたわけでもなく、自分が社会人として何ができるか全く想像がつきませんでした。何かに特化した専門的な仕事よりも、どんなことにでも幅広く挑戦できる環境の方が、社会人になってからでも自分探しができるのではないかと考え、この会社を志望しました。

  • 私のモットー

    一度決めたことは最後まで貫く!

    様々なイベントを担当していると、昨年と同じように開催すれば良いと思ってしまい、新しいことにチャレンジする姿勢を忘れがちです。しかし、私はどんな状況でも向上心を持って取り組まない限り、イベントの質は維持または低下すると考えています。そこで、毎回自分自身に何らかの課題を与えて小さなことでも何かに挑戦する気持ちで最後まで取り組むことを意識しています。決めたことは最後まで決して諦めずに挑戦し続けています。

  • 思い出に残る仕事

    初めて担当した大型催事

    入社2年目に初めて大きなイベントを担当したときのことです。作業量が日々増えていく中、気付けば自分を見失いかけていました。何のためにこの大会を行うのか、なぜ自分が担当しているのか…日に日に余裕がなくなり、当時の記憶がほとんどないほど追い込まれていました。しかし、大会が終了した直後に上司に「よくここまで頑張った。素晴らしいよ」と掛けていただいた言葉に安堵し、一人涙したことを今でも鮮明に覚えています。あの時のことが今でも忘れられません。やっと会社の一員として貢献できたと少しだけ感じられた瞬間でした。

  • 私の尊敬する人

    部下の心にしみる言葉

    入社2年目、とある上司から教わった言葉を信じて仕事をしています。それは、「20代はがむしゃらに、30代は実績を上げる。40代で後輩をまとめて、50代でこれからの会社のために尽くす。」です。さらに「何かあったときにはかわりに頭を下げて責任を取る。そのかわり仕事の手を抜くな。」と。移動中の車内で掛けられた何気ない会話の中でしたが、その印象は大きかったです。私もいつかは部下の心に染みるような言葉を掛けてあげられる上司になりたいです。

  • メッセージ&アドバイス

    日々のコミュニケーションを大切に!

    以前、就活中の学生に自分の長所が見つからず困っていると言われたことがあります。私は「その謙虚さがあなたの長所ではないでしょうか?」と答えました。長所や短所、自分がどんな人間か…頭の中で考えているだけではうまく浮かんできません。友達やバイト先の方、家族との何気ない会話の中にたくさんのヒントがあるはずです。仕事の新たな発想も、人とのコミュニケーションから生まれるものだと思っています。就活にかかわらず、どんなことでも人とのコミュニケーションを積極的に行うことが最大のヒントだと思います。頑張ってください!

仕事の特徴

  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事