エア・リキードグループ

エア・リキードグループ(エアリキードグループ)の新卒採用・企業情報

海外 正社員

エア・リキードグループ

【ガス|化学|プラントエンジニアリング】

エア・リキードグループは、フランス・パリを本社とし、全世界80カ国以上に展開するガス事業のリーディングカンパニーであり、創業110年以上の歴史を持つガス事業のグローバルにおけるパイオニアです。

エア・リキードグループはこんな会社です!

【Point1 日本でも110年以上の歴史を持つ、世界80ヶ国以上で産業ガス事業を展開するグローバルリーディングカンパニー】
【Point2 エンジニアリングおよびイノベーションの継続強化】
【Point3 グローバルリーディングカンパニーの強みを活かした人事のコンセプトおよび様々な能力開発プログラムを展開】
【Point4 多様性の包括を推進】

エア・リキードは日本で産業ガス事業を行う唯一のグローバル企業です。世界から日本へ、そして日本から世界へビジネスを展開するお客様をサポートする革新的な技術ノウハウを身につけることができます。

  • 海外事業展開に積極的

  • 安定した顧客基盤

  • 実力と成果を重視

  • 外資系企業

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
世界80カ国以上に展開するガス事業のリーディングカンパニー

エア・リキードグループはフランス・パリを本社とし、全世界80カ国以上に展開するガス事業のリーディングカンパニーであり、創業110年以上の歴史を持つガス事業のグローバルにおけるパイオニアです。全世界67,000人の従業員、年間特許件数300件、2018年グループ全体売上は219億ユーロ(約2.8兆円)になります。
日本エア・リキードは1907年、エア・リキードグループの一員であるエア・リキード・オペレーションは1999年に創業し、日々の安全で効率的なオペレーションを通じ、欧米と日本独自の最先端テクノロジーを融合した革新的なイノベーションを世界中のパートナーへ提供しています。
事業拠点は世界80カ国、日本国内では45支店・営業所と事業拠点を広げ、「より安全に」「より良い製品」「より高い技術」をポリシーとし、常に安全を確保しながらお客様をサポートしています。エア・リキードグループの優れたチーム力とビジネスにおける多様性が堅実で持続的な成長・発展の基盤となっています。

私たちの仕事

エア・リキードは産業・医療ガスのエキスパートです。
産業用・医療用ガスの製造・販売から、関連機器およびサービスの提供に至るまで、幅広い領域に展開しています。

■ガス
酸素、窒素、ロケット打上用燃料ガス、特殊ガス、医療ガスなどのガス製造・販売、次世代エネルギー(水素)への取り組み
■機器/装置
ガス分析計、冷却用フリーザー、その他ガス応用機器・装置の製造・販売
■サービス
ガス関連検査・保守点検業務、関連分析、研究、その他関連サービス提供
■プラントエンジニアリング
空気分離装置、LNG/水素エネルギー関連機器、各種サポート

【エア・リキードグループのマーケット】 
エア・リキードグループは多様な業界にまたがりお客様に製品やサービスを提供しています。100年で培ってきた技術と専門性でマーケットを4事業に確立させ、お客様のビジネスサポートを行っています。

■ラージインダストリー/Large Industries
科学、石油精製、製鉄・冶金などの大規模産業向けにパイプラインで産業ガスやエネルギーソリューションを提供
■エレクトロニクス/Electronics
超高純度キャリアガス、特殊材料ガス、その他カスタマイズされた製品やサービスを半導体、液晶、太陽電池製造向けに提供
■ヘルスケア/Healthcare
近年重要度が増しているこの分野では、在宅医療や病院向け医療ガス、呼吸関連機器などを提供
■産業ガス事業/Industrial Merchant
広範な産業分野にシリンダーやバルクでガスやアプリケーションを提供

はたらく環境

働く仲間
研究から品質の道へ。半導体の製造工程に特化した特殊材料ガスの品質管理

学生時代からグローバルに挑戦したいという思いがありました。都内の大学の工学部を卒業後、スイス・ローザンヌの大学院に留学。バイオセンサーに関する研究を行いました。さまざまな業界を視野に入れて就職活動をしましたが、鉄鋼から化学、金属加工、食品、半導体を含むエレクトロニクス、ヘルスケアに至るまで、多様な業種のお客さまに製品を供給している点、そして、オンライン面接など非常に柔軟な選考を行ってくれた点に魅力を感じ、当社への入社を決めました。

入社後は1カ月半の新人研修でビジネスマナーやプレゼンの仕方、各ビジネスラインの概要について学んだ後、エレクトロニクス事業本部エレクトロニクス・スペシャリティ・マテリアルズ事業部に配属されました。ウエハー上の膜の生成やエッチングなど、半導体の製造工程に特化した特殊材料ガスの品質管理を担当しています。特殊材料ガスは、サプライヤーから調達した原料を混ぜたり、圧力差を使って移し替えたりして製造するのですが、近年、半導体の超微細化が進んでいることもあり、不純物がきわめて少ない高純度のガスが要求されます。それは、“25mプールのなかにオレンジジュースが一滴混入することすら許されない”というレベルです。品質のプロとして、分析機器によって測定したデータがお客さまの要求仕様を満たしているかどうかをチェックし管理する。これが私のミッションです。

やりがいを感じるのは、お客さまへの提案が承認されたときですね。私たちのお客さまである半導体メーカーは、変化を極端に嫌います。不確定要素を徹底的に排除するという観点から、“copy exactly”と表現されるのですが、「常にいいもの」ではなく「常に同じもの」をつくることが求められるのです。ただし、サプライヤーや製造能力の変更などにより、分析の頻度など、品質管理の方法をどうしても変えなければならないケースもあります。こうした場合に、お客さまにご納得いただけるような数値的根拠を提示して変更が認められたときは、本当にうれしいですね。

正直な話、入社前は自分が品質管理を担当するとは思ってもみませんでした。ただ、実際にやってみると、品質管理の世界には非常に奥深いものがあり、大学院でのグループワークを通して学んだリーダーシップやチームワークのスキルも生きています。挑戦しがいのある仕事だと思っています。

(2018年新卒 広瀬さん)

組織の特徴
1年目から自分の頭で考え、創意工夫を積み重ねることのできる環境

中国・西安の大学院で工学(熱力学)の修士号とMBAを取得し、2017年に当社に入社しました。就職活動にあたっては、就業する国・地域には一切こだわらず、自分の専門性や語学力を生かすことのできる会社を探したのですが、韓国の友人から当社の存在を教えてもらうまで、日本エア・リキードについては何も知りませんでした。調べてみたところ、110年以上もの伝統を持つ会社であること。そして、創業以来、長期にわたり着実に成長しているということがわかりました。そこに大きな魅力を感じ、入社を決めました。

入社後は1カ月半の研修を経て、管理部のラージインダストリー管理グループに配属されました。ラージインダストリー管理グループは、“社内コンサル”のような立場で、自動車や重電、鉄鋼、化学メーカーをはじめとするお客さまに納入する製品の売り上げや利益、コストといった数字を分析・管理し、改善の提案を行う部署です。ラージインダストリー部門のお客さまとは30年超といった長期契約を締結しているケースが多いので、売り上げの急激な増減はありませんが、電気料金の変動など、数字に影響を与える要因を分析するとともに、将来の状況を予測した上で、売り上げの増加やコスト削減に向けた改善策を提案しています。当初の希望どおり、大学院生のころにMBAの取得に向けて学んだ事を役立てることができていますね。

この仕事の面白さは、目標を達成するために何をすべきかを自分の頭で考えて、創意工夫を積み重ねることができる点です。ラージインダストリー管理グループは今でこそ、私とロシア人の上司との2人でチームを組んで仕事をしていますが、最初の半年間は私一人でした。また、業務のマニュアルや決まった方法もありません。営業をはじめとする各部署の担当者に相談しながら、何とか仕事を形にすることができたのは大変でしたが、いい経験になりました。

私の場合、入社前に描いていた仕事のイメージとのギャップを感じることは、ほとんどないですね。というのも、Web面接を含め計4度の選考を経て入社したわけですが、その過程で、どの部署にどのような社員が所属し、どんな仕事を担当しているかといったことだけでなく、それぞれの部署で苦労するポイントについても、きわめて詳細に説明してくれたからです。具体的な仕事のイメージを入社前につかむことができたのは、とても助かりました。

(2017年新卒 趙さん)

職場の雰囲気
製造現場は先進的でクリーン、そしてシステマティックな環境

大学では生物工学を専攻し、就職活動においても化学系をはじめとしたメーカーを志望していました。化学メーカーや日用品メーカー、食品メーカーなどさまざまな分野のメーカーを訪問するなかで出合ったのが当社。産業用ガスの製造を通じ、食品や半導体、エレクトロニクス、自動車、宇宙開発など多岐にわたる産業分野と関わることができる点に非常に強い魅力を感じました。また、若手社員たちが既存の新人研修を見直すなど教育改革をリードしていることを知り、若手が活躍できる環境にも魅力を感じて入社を決めました。

現在は、産業用ガスの大量生産・大量供給を行うラージインダストリー事業本部にて、液化窒素や液化酸素、液化アルゴンの生産管理に携わっています。私は主にプラントのオペレーション担当として、運転管理や設備機器の管理、品質管理をメインとした業務に従事。これに加え、工場の全自動化に向けた自動制御機器の評価検討などもあわせて行っています。

当社には、技術や人格の面で優れた人材をスペシャリストとして認定する「マイスター制度」というユニークな制度があります。このマイスターは、製造管理、品質管理、機器管理などのさまざまな技術領域に紐付いて設定されており、技量とヒューマンスキル双方を高いレベルで併せ持つ人材が、上司の推薦を受けて取得できるというもの。私は現在の仕事で扱っているASU(エア・セパレーション・ユニット:空気分離装置)のマイスターを取得したいと思っています。これによって明確な目標が生まれ、常に高いモチベーションで日々の仕事に取り組むことができています。

入社前は、工場勤務というのは油で汚れる大変な仕事というイメージがありましたが、当社の工場はPCの操作でほぼ全ての作業が完結するほどの自動化が成された極めて先進的でクリーンな環境であり、いい意味で予想を裏切られましたね。また、上下関係が厳しくなく、同僚、先輩、役員たちとフランクに意見を言い合えるフラットな社風が根付いているのも特徴だと思います。何かに取り組む際は、全員で意見を出し合い、検討・実施していくのが当社のスタイルです。そんな社風なので、入社1年目からプラント運営や業務改革に参加している一体感を強く感じることができたのだと思います。

(2018年新卒 行武さん)

社風
さまざまな役割のプロフェッショナルと連携できるからこそ仕事が面白い!

大学で化学系の研究を行っていたことから化学系メーカーに絞って企業研究を行い、当社の存在を知りました。100年以上の歴史を持つエア・リキードは、フランス・パリに本社を置き、80カ国以上にネットワークを展開する世界大手のガスメーカー。その一員である当社に大きな魅力を感じました。何よりもエア・リキード・オペレーションのガスは、化学、石油、鉄鋼・非鉄金属、建設業、自動車産業、航空産業、金属加工など多岐にわたる産業分野でなくてはならないものとして使われています。大きなスケールで社会に貢献したいと思い、入社を決めました。

現在は、製造スタッフとして製造ラインの保守・保全やオペレータの作業管理などを中心とした管理業務に携わっています。保守・保全業務では、作業を行う工事業者の手配や作業における監督業務なども併せて担い、常に生産ラインが最良のコンディションで稼働するよう責任をもって管理しています。液化窒素であれば毎時18,000立方メートル、液化酸素であれば毎時5,000立方メートルという、とてつもない生産能力を有するラインの保守・保全は非常に大きな責任がともなう仕事ですが、それが大きなやりがいにもなっています。

入社して感じたことは、「思った以上に人とのやりとりが多い仕事」だということ。プラント設備を操作するオペレータはもちろん、保全工事を行う業者さんや設備メーカー、ガスを納入するお客さま、ガスを運ぶローリーのドライバーさんなどさまざまな人々と日々接し、コミュニケーションを図りながら仕事を行っています。それゆえ、常に新しい刺激や学びを得ることができ、それが仕事の楽しさにもつながっています。技術だけでなく人とのコミュニケーションも重要であり、自分たちの仕事はたくさんのプロフェッショナルたちの協力があって初めて成り立つものであるということを改めて実感しています。こうした環境で仕事ができるので、技術者としてはもちろん、人間として素晴らしい成長が果たせると思っています。

(2018年新卒 小林さん)

企業概要

創業/設立 1907年 日本初となる空気分離装置を大阪に設置し酸素製造事業スタート
1930年 帝国酸素を神戸に設立
2003年 統合によりジャパン・エア・ガシズがスタート
2007年 新生日本エア・リキード株式会社へ
2017年 創業110周年を迎える
2020年 日本エア・リキード合同会社としてスタート
本社所在地 日本エア・リキード合同会社
〒108-8509
東京都港区芝浦3丁目4番1号
グランパークタワー

エア・リキードグローバルE&Cソリューションズジャパン株式会社
〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通7-1-15

エア・リキード・オペレーション株式会社
〒661-0012
兵庫県尼崎市南塚口町4-3-23
代表者 日本エア・リキード合同会社
社長兼CEO Virginie CAVALLI (ヴィルジニー・キャヴァリ)

エア・リキードグローバルE&Cソリューションズジャパン株式会社
代表取締役社長 Nicolas FOIRIEN(二コラ・フワリアン)

エア・リキード・オペレーション株式会社
代表取締役社長 大平 透(オオヒラ トオル)
資本金 217億9750万円
売上高 1036億3100万円(2018年3月期)
従業員数 約 2000名 (グループ会社含む) (2020年12月現在) 
主要取引先 (株)東芝メモリ、ソニーセミコンダクタ九州(株)、三菱重工業(株)、京セラ(株)、旭硝子(株)、シャープ(株)、日本冶金工業(株)、大日本印刷(株)、住友化学(株)、旭化成エンジニアリング(株)、旭電気製鋼(株)、味の素AGF(株)、(株)アポロ月山、(株)アルバック、(株)池田機械、(株)IHI、ウシオ電機(株)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、大阪製紙(株)、海上自衛隊、カゴメ(株)、川崎重工業(株)、キヤノン(株)、九州電力(株)、高エネルギー加速器研究機構、(株)神戸製鋼所、西日本旅客鉄道(JR西日本)(株)、サントリー(株)、昭和電工(株)、スタンレー電気(株)、住友電気工業(株)、高砂熱学工業(株)、ダイキン工業(株)、キヤノンメディカルシステムズ(株)、ネスレ日本(株)、ジャパン マリンユナイテッド(株)、富士通(株)、パナソニック(株)、丸大食品(株)、三國機械工業(株)、安田薬品(株)、UCC上島珈琲(株)、GEヘルスケア・ジャパン(株)、ヤマザキビスケット(株)、(株)荏原製作所
事業所 ■本社/東京 
■地域本部/東日本(東京)、中部(名古屋)、関西(尼崎)、西日本(福岡)
■支店/北海道、東北(白石)、北日本(新潟)、北関東(東松山)、南関東(川崎)、北陸(富山)、東海(名古屋)、四日市、京滋(滋賀)、近畿(姫路)、姫路、中国(倉敷)、山口(下松)、四国(新居浜)、北九州(福岡)、南九州(熊本)
■営業所
山形、秋田、筑波、東葉、相模原、諏訪、静岡、堺、広島、福山、香川、大分、長崎、鹿児島
■工場
恵庭、新潟、青梅、川崎、筑波、伊那、尼崎、姫路、水島、熊本、福岡、鹿児島、松山、他

採用連絡先

〒108-8509
東京都港区芝浦3丁目4番1号 グランパークタワー
エア・リキードグループ 新卒採用担当
ww-jp-alj-newgrads@airliquide.com