五十鈴建設株式会社

五十鈴建設株式会社(イスズケンセツ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

五十鈴建設株式会社

【建設】

社員インタビュー

宮本 達也(2014年入社)

茨城営業所  

職種 建築土木企画・設計
出身校 東京電機大学
出身学部 工学部
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

将来的には経営レベルことに関わっていきたい

  • 現在所属する茨城営業所では、まだ入社して2年と数カ月の私に、お得意さまからの工事依頼を10件くらい任せていただき、その背景には、先輩たちが築き上げてきたお客さまとの信頼関係のもとに成り立っていると感じています。一般的に会社規模が大きくなるほど、営業・設計・工事などに分けられますが、茨城営業所では営業から工事の管理まで全てを任せてもらえるため、お客さまと直に接することから現場監督としての必要なスキルだけでなく、商売の基本的なことなども学べ、そのような経験から幅広い知識や経営感覚的なことが身に付いているのではないかと感じています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    イキイキとした職場で仕事をしていきたい

    建築について理解を深めたいと思い会社を探していたところ、知り合いの勧めで五十鈴建設の存在を知りました。五十鈴建設はもともと鉄鋼建材販売からスタート、その後直ぐに総合建設業へと事業を拡大し、約50年も続く歴史ある会社です。入社を決めたきっかけは、働いている人や職場の雰囲気でした。五十鈴建設は少数精鋭で上層部との距離が近く、社長から直接電話がかかってくるほどの風通しの良い会社です。会社の説明をしてくれた所長含め、会社で働いている人全体の雰囲気がイキイキとしていました。

  • 当社のいいところ

    人との関わりで得られる貴重な学び

    仕事はまだまだ素人で、お客さまからのどんなご相談にも応えることは難しいですが、現場では、監理するだけでなく自ら率先し挨拶や掃除も行い、お客さまの夢の実現に向け協力業者さんとのチームワークや問題解決を心がけています。知識やスキルは自分で勉強できますが、現場での人との関わりの中で得られる学びは貴重なもので、いかに現場を効率的に進めるかという前に、現場の人たちとどういう関係を作れるか、どうすれば関係が作れるか、その方法を先輩の言葉遣いや行動などから盗んだり、また協力業者さんからも教えてもらっています。

  • 今後の目標・将来の夢

    お客さまとのコミュニケーション、お互いの信頼関係を作る重要性

    今の目標は、お客さまにとって困ったときはいつでも相談してくるような存在になることです。また、現在は先輩方にいろいろと支えてもらっていますが、今後は先輩方と肩を並べられるぐらいに仕事ができ、物おじせずに自分の意見をどんどん発言し、営業所全体を活気づけるような人財になりたいと考えています。

  • 仕事のやりがいは・・・

    真のやりがいはチームワークから

    たくさんの方と協力して一つのものを作って完成したときの喜びは非常にやりがいを感じます。また、お客さまに感謝されたり、「ありがとう」と一言いただけたときは次の仕事への活力になります。どんな仕事でも同じだと思いますが、自分が納得いくまで考えたり、本当に一生懸命やったことは形になって現れます。努力が足らなければ失敗につながったりします。一人でできることは限られていますが、何でもみんなで話し合って、相談すれば大抵のことはできると思います。そうすることでチーム力が上がり、仕事へのやりがいが高まります。

  • 私のモットー

    “志”を高く持つ

    志は高く持つことが必要だと感じています。具体的には、まず新築工事を一人で任せられるようになりたいです。見積り作成、工程管理、現場管理、安全管理をしっかりできるようになります。また、上司、部下、協力業者の方から信頼されるような監督になります。志は日々進化・変化していくと思います。日頃から自分はこうなりたいとしっかりとビジョンを持って、仕事に取り組んで一つ一つ課題をクリアしていくことが大切だと思っています。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 周りの人をサポートする仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事
  • 若いうちからマネジメントできる仕事