株式会社キヨシゲ(キヨシゲ)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社キヨシゲ

【金属製品|環境サービス】

鋼板・鋼材の販売・加工からスクラップまで、ワンストップ対応で企画ご提案します。
当社のモットーは、仕事も遊びも全力投球。「やる気」さえあれば、いくらでも機会が得られる職場です。しっかりスキルを身につけ、一緒に成長して行きましょう。
2017年8月ベトナム、ホーチミン市に現地法人「キヨシゲベトナム」を設立。ベトナムを足がかりにアジア圏も視野に成長中。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 海外事業展開に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • 安定した顧客基盤

私たちの魅力

事業内容
一途に鐵、一途にお客様。

今日においても鐵は、機械、建物、クルマ、日用品と様々な場面で人々の生活を支えるきわめて有能多能な素材です。キヨシゲは1960年の創業以来、この鐵一筋に力を集中し技術を磨き、お客様の多様化するニーズに一生懸命応えてまいりました。 ほとんど捨てるところの無いこの鐵素材に関して、当社は素材の検討・選定から始まって加工方法の検討・選定、スクラップの処分方法の検討・選定まで、いわば鐵の入り口から出口までを当社一社でのワンストップ対応により企画しご提案しています。こうすることでお客様には高品質の追求とトータルコストの圧縮のためのベストな方法をご提案できるのです。そして、お客様に常に最も信頼できる情報をご提供することを通じて、共に繁栄できる関係づくり(共栄)を進めることが流通加工業に携わる私どもの使命であると信じております。いまだ進化の途上にある鐵ですが、私どもはこれからも徹底的に鐵にこだわっていくことで、産業と人々の生活に貢献していきたいと考えております。

私たちの仕事

■ソリューション事業
鋼板・鋼材流通に関する豊富な経験・ノウハウと最新情報に高度の加工技術をミックスさせ、お客様のニーズに対して鐵の「販売」から「加工」「スクラップ回収」までの理想的なワンストップ・ソリューションを実現しています。

■加工業務
鋼板・鋼材加工の豊富なバリエーションと千葉県内第一号の板金一級国家資格者を有する高度な技術・ノウハウを駆使してお客様のオーダーにスピーディに対応しています。

■資源循環業務
高度成長期にスクラップ事業からスタートしたキヨシゲは、鐵の循環を扱う過程で産業廃棄物の重要性にも目を向け、事業化に向けて前向きに検討しています。また、環境対策と安全対策にも作業効率の向上という観点から自主的に取り組んでいます。

はたらく環境

社風
「働きやすい環境づくりは社員の自主的な取り組みから」

■技術検定の奨励など技術向上をサポート。
当社では社員の自主的な勉強会が活発に行われています。会社もこれを積極的にサポート、すでに板金技能工やプレス作業主任者が続々と生まれています。

■安全対策の向上に安全委員会、安全マニュアル
外部のコンサルタントの知恵もかりて安全対策を徹底的に見直して安全マニュアルを作成、日々の作業の安全向上に大きな成果を挙げています。

■社員の要望・発想を取り入れて社内改革を推進
どうしたらもっと働きやすくできるか、仕事の環境改善について社員から出されている様々な要望・発想を積極的に取り入れて社内改革を実行しています。

たとえば...
●計画連続休暇(大型レジャーを楽しめる)
●残業削減に努め、ノー残業デーを設定
●ハラスメント対策の取り組みを実施
●夏期のノーネクタイ
(官公庁のクールビズ以前から実施)
●社内禁煙 等

職場の雰囲気
働きやすい環境

女性の社員も多くとても働きやすい環境で社内は常に活気があります。

組織の特徴
人を育てる企業 充実の新入社員研修

全ての新入社員は、4月から9月までの半年間、研修生として勉強して頂きます。 
 営業職と生産管理職は、インストラクター1名が付き、各部署を1ケ月のローテーションで回り工場研修を受けて頂きます。
 事務職の方は1名のインストラクターが付き、OJT形式で事務の研修・指導受けて頂きます。  
 10月になりますと本配属となります。配属部署は、本人の適正と希望を考えて決定されます。
また、営業職の方については、営業に出る前準備として、更に事務所での事務の研修を半年間行います。

企業概要

創業/設立 創業:1960年3月27日
設立:1970年7月1日
本社所在地 千葉県浦安市鉄鋼通り2-4-3
代表者 代表取締役社長 小林光徳
資本金 5,000万円
売上高 60億円(2018年3月期)
69億円(2019年3月期)
61億円(2020年3月期)
従業員数 103名 (2020年12月現在) 
主要取引先 阪和興業(株)三井物産スチール(株)
日鐵住金物産(株)サミットスチール(株)
エムエム建材(株)伊藤忠メタルズ(株) 
建築建材関係 車輌部品関係  
産業機械関係 鋼製家具・事務器関係
家電重電関係 その他
事業所 本社第一工場 千葉県浦安市鉄鋼通り2-4-3
本社第二工場 千葉県浦安市鉄鋼通り2-4-4 
本社第三工場  千葉県 浦安市鉄鋼通り1-7-8
加工センター   千葉県浦安市鉄鋼通り1-2-5
市川工場    千葉県市川市大町488-9
北関東営業所 群馬県伊勢崎市太田町1041-2 2F C号
沿革 1960年 3月  東京都葛飾区東立石にて製鋼原料回収業を個人創業する
1962年 6月  鋼板販売とシャーリング加工を開始する
1968年 6月  東京都葛飾区白鳥に工場移転
1969年 5月  業界に先駆け、大型シャーリング省人化ライン新設
1970年 7月  株式会社に改組 資本金500万円
1970年10月  東京鐵鋼販売業連合会及び東京鋼板シヤー組合に加盟
1971年 4月  茨城県筑波町に工場用地(3,300平方メートル)購入
1971年 6月  資本金1000万円に増資
1971年12月 浦安鐵鋼団地内に浦安工場建設
1973年 2月  資本金2000万円に増資 
1974年 3月  建築金物製造販売に進出 
1981年 1月  販売管理コンピュータシステム導入 
1983年 9月  本社工場にプレス加工部設置 
1984年 5月  資本金を5000万円に増資、現在に至る 
1988年 3月  浦安工場に新社屋事務所棟新築 
1990年11月  レーザー工場新築、及びレーザー加工部設置 
1993年 9月  販売管理システムをリプレース、営業情報をリアルタイム化する 
1996年 4月  弊社社長、東京鋼板シャー組合会長就任
1996年 4月  東京鐵鋼販売業連合会常任理事就任 
1998年 5月  情報化に対応し、インターネット接続と社内LAN構築 
1998年 8月  大型シャーリング省人化ライン増強リプレース 
2000年 6月  浦安鐵鋼団地内に加工センター新築
2000年 6月  加工部門の増強を計り本社工場及びレーザー工場を加工センターへ移設する 
2000年 6月  同時に本社工場を閉鎖する 
2000年 7月  旧浦安工場を本社工場とする 
2000年 7月  折曲加工強化の為、ベンダーライン導入 
2003年 7月  フォーク式パレットチェンジャー付レーザー(無人運転ライン)を導入 
2004年 3月  第一回社債発行 
 2005年 6月  東鋼商事・浦安工場を買収し、条鋼分野に進出 
2006年 4月  小林光徳が新社長に就任 
2006年 8月 ホームページを開設する
2009年 3月  創業50周年を迎える
2011年 2月 ISO9001(品質マネジメントシステム)取得
2011年 3月 東日本大震災で加工センターに地盤沈下の被害を受けるが早期に復旧 形鋼用レーザー加工機を導入
2011年 5月 市川税務署より優良申告法人の表敬を受ける
2012年 2月 ISO14001(環境マネジメントシステム)取得
2012年 4月 執行役員制を導入
2012年 7月 BCP(事業継続計画)を策定する
2013年 3月  浦安鐵鋼団地内に本社第三工場を購入 
2013年 4月  子会社 (株)田中鉄工所を吸収合併し市川工場とする
2014年12月 全工場ISO9001(品質マネジメントシステム)ISO14001(環境マネジメントシステム)取得
2015年3月 市川工場に生産管理システムAPC21を導入
2016年3月 全社に生産管理システムAPC21を導入
2017年8月 ベトナムホーチミン市に現地法人KIYOSHIGE VIETNAM CO,LTDを設立
2017年12月 港区芝大門オフィスを購入(現在賃貸中)
2018年6月 群馬県伊勢崎市に北関東営業所を開設
ISO取得 株式会社キヨシゲは、2011年2月6日、 国際標準化機構(ISO)の品質マネジメントシステム規格である『ISO 9001』、2012年2月12日、環境マネジメントシステムの規格である『ISO14001』の認証を取得しました。

採用連絡先

〒279-0025
千葉県浦安市鉄鋼通り2-4-3
TEL:047-351-7201
総務部宛て