SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(エスエムビーシーコンシユーマーフア…の新卒採用・企業情報

正社員

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

【消費者金融|その他金融】

あなたの「いま」へ、まっすぐ。

当社は、設立以来、生活や暮らしの変化に合わせて、利便性・安全性の高い個人向けローン商品を開発するとともに、各種ご相談・ご契約の受付体制の整備を行うなど、お客さまの多様な資金ニーズに迅速にお応えできる消費者金融サービスを国内外問わず、幅広く提供しています。

  • CSR活動に積極的

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

私たちの魅力

事業内容
SMBCグループにおけるコンシューマーファイナンス事業の中核を担う会社です。

当社は1962年3月の設立以来、「庶民金融の理想を追求し、その限界に挑戦する」という創業精神のもと、生活や暮らしの変化に合わせて利便性・安全性の高い個人向けローン商品を開発するとともに、お客さまの多様な資金ニーズに迅速にお応えできる金融サービスを提供しています。

そして、創業以来培ってきた与信をはじめ、様々なノウハウを活かして各事業を展開しています。

<金融事業>
金融事業では、個人のお客さまに対して無担保・無保証による小口資金の融資を行っています。当社が展開するサービスブランド「PROMISE」では、「フリーキャッシング(リボルビング・ローン)」を中心に、自営者の資金ニーズにお応えする「自営者カードローン」、お客さまのお借入れに対する返済負担の軽減を目的とした「おまとめローン」などの商品を提供しています。お客さまの「いつでもどこでも、便利に安心して利用したい」というニーズに速やかにお応えするために、よりよいサービスの提供に努めています。

<保証事業>
保証事業では、これまで培ってきた与信・債権管理などのノウハウを活かし、銀行や信用金庫などと提携し、金融機関が取り扱う個人向け無担保ローンの保証業務を行っています。保証業務は、提携金融機関にお客さまがお申込みをした際、金融機関における申込審査ののち当社が保証会社として保証審査を行う仕組みとなっており、その結果を踏まえて金融機関がお客さまに融資を行っています。

<海外事業>
海外事業では、国内で培ってきた与信、債権管理、業務運営、マーケティングなどのノウハウを活かし、海外での事業を展開しています。海外事業は1989年に台湾で始まり、1992年に当社初の海外における消費者金融業の現地法人としてプロミス香港を設立しました。2004年にはプロミス香港で培ってきた実績をもとにプロミスタイランドを設立し、その後、中国本土の7都市に現地法人を設立しました。審査スピードと顧客利便性を訴求するとともに、各地域での認知拡大に努め、事業の強化に取り組んでいます。

<債権管理事業>
債権管理事業では、与信管理と並んで大きな強みである債権管理のノウハウを活かし、お客さまへの各種ご案内やご返済に関するご相談などの対応を行っています。お客さまとの会話を通じてご返済に関する悩みにいち早く気付き、お客さまの状況やニーズを把握した上で、解決に向けたご提案やご案内を行っています。

事業戦略
SMBCグループの一員として

当社は、2012年にSMBCグループの一員となり、当グループのコンシューマーファイナンス事業の中核会社としての役割を担っています。グループシナジーを最大限に活用し、お客さま満足を高めていくとともに、本邦のNO.1リテールビジネスを目指し、さらなる成長に向けて取り組んでいます。

SMBCグループでは、2017年4月から新たなグループ経営体制をスタートさせ、グループ一体でのお客さま対応力の更なる強化に向け、事業部門制を導入しました。

また、2018年4月には、グループのマスターブランドを「SMBC」と定め、新たなグループ呼称及びグループロゴの設定に加え、グループ各社の社名ロゴを統一するなど、グループ各社とともにグループブランドの浸透、ブランド価値の向上に努めています。変化の激しい環境の中で、多様化するお客さまのニーズに応えるため、これまで以上にグループの力を結集し、お客さまへより質の高い最適な金融商品・サービスの提供に取り組んでいきます。

ビジョン/ミッション
お客さまの「想い」に、最適な金融サービスでお応えします。

【将来ビジョン】
お客さまから最高の信頼を得られるグローバルなコンシューマーファイナンスカンパニーを目指す

当社の考えるコンシューマーファイナンスとは、お客さまが安心してお金を借りることができるサービスを安定的かつ継続的に提供することです。お客さまの安心を大切にしたサービスの向上に取組み、社会的責任(CSR)を担う企業市民として健全なコンシューマーファイナンス市場の育成に努めるとともに、地域社会とのコミュニケーションを大切にしながら活気ある社会と笑顔で元気な人々の暮らしの実現に貢献してまいります。

私たちの仕事

当社は、お客さまの「いつでもどこでも、便利に安心して利用したい」というニーズに速やかにお応えするために、様々なチャネルネットワークを整備しています。全国に11店舗(2020年10月末現在)あるお客様サービスプラザでは、店頭窓口や電話により当社のお客さまや地域の方々に対して、お借入れ・ご返済・その他お金に関するご相談をはじめ、お客さまに応じた家計診断などのサービスを行っています。東京、大阪、福岡の3ヵ所に拠点を置くお客様サービスセンターでは、自動契約機や、インターネット、電話といった非対面チャネルを通して、お申込みの受付・審査、お借入れ・ご返済に関するご相談、各種ご案内を行っています。お客さまのお取引に関する情報を一元的に把握し、各種対応を行うことで、安心してお取引いただける仕組みを構築しています。

はたらく環境

職場の雰囲気
従業員に対する考え方

当社は、従業員を「人財」と位置付け、教育、処遇、福利厚生という3つの観点から様々な制度を設け、一人ひとりの能力を最大限に発揮できる職場環境づくりを推進しています。人財育成においては「成長を支援する」という考えのもと、社員教育に積極的に取り組んでいます。そして『内外環境の変化・動向から「今何が必要か」を察知し、「何をすべきか」を熟考し、新たな価値創造に向けて、変革に挑戦できる』人財の育成に取り組んでいます。

◇ダイバーシティへの取組み
当社では、性別、年齢、国籍、障がいの有無、雇用形態などを問わず、従業員一人ひとりが能力を発揮でき、働きがいを感じられるような職場環境の構築を目指した、ダイバーシティ推進に取り組んでいます。例えば、仕事と育児の両立支援のための地域限定職制度や時短勤務制度の導入、女性やシニアの活躍推進に向けた各種研修の実施、LGBTへの理解浸透や人事制度改正など、様々な施策に取り組んでいます。また、各部署にダイバーシティ推進担当者を配置し、社員の意識改革や活躍の場の整備といった取り組みを実施しています。 こうした取り組みを通じて、多種多様な人財が仕事へのやりがいや成長意欲を持ちながら働ける環境の構築を目指しています。

◇従業員満足度向上に向けた取組み
当社では、お客さま満足度の向上だけでなく、従業員満足度の高い職場環境の実現に向けた取り組みを行っています。働き方改革の実現に向けたテレワークの導入や各種制度の改正、自己啓発推進のため、貸金業務取扱主任者をはじめとする資格取得支援や、スキル向上を支援する通信教育を導入しています。また、福利厚生として、それぞれのライフスタイルに合わせて利用できるカフェテリアプラン※を導入するなど、福利厚生メニューの量・質の充実を図っています。
※加入対象となる社員に毎年ポイントを付与し、付与されたポイントの範囲内であらかじめ定められたメニューを選択利用できる福利厚生の運用方式

◇健康経営の取組み
当社では、経営基盤を支える社員とその家族の健康保持および増進を図るため、代表取締役社長を健康経営最高責任者として選任し、「健康経営宣言」に基づき、健康経営を推進しています。
「健康経営宣言」
当社の将来ビジョンである「お客さまから最高の信頼を得られるグローバルなコンシューマーファイナンスカンパニーを目指す」ことを実現するため、社員一人ひとりが心身ともに健康で活き活きと働き、お客さまの視点に立ったサービスを提供し続けられるよう、「健康経営」に取り組んでいきます。
また、会社と健康保険組合が一体となって、社員とその家族の自律的な健康保持および増進を積極的に進めていくことを宣言します。
EAP(従業員支援プログラム(Employee Assistance Programの略))体制の強化に向けた休職・復職対応、メンタルヘルス教育の企画・推進、産業医・産業保健スタッフとの連携体制の充実、保健室の設置、安全衛生委員会の開催など、多様な活動を展開しています。

社風
お客さま満足からお客さまの感動体験を創出する活動への変革

当社は、創業以来、お客さまの立場に立った対応を徹底し、CS向上に努めてきました。今年度は、お客さまの期待を超えるべく「CXを徹底追求することにより、顧客ロイヤルティの獲得・向上を目指す」を基本方針とし、CXへの取り組みを強化、全社一体となった実効性のあるCS・CX活動を推進していきます。

組織の特徴
将来に渡って自己成長が実感できる!

当社は、ジョブローテーション(計画的な異動)を推進しています。「お客様サービスセンター」「お客様サービスプラザ」での顧客応対をはじめ、「金融営業推進部」「保証営業推進部」「海外事業統括部(台湾・香港・タイ・中国本土に展開)」「債権管理部」といった各事業での企画・運営や、コーポレートなど、将来に渡って任される業域は幅広く、新しい業務や人との関わりを通じ、自己成長を続けられる会社です。

企業概要

創業/設立 1962年(昭和37年)3月20日
本社所在地 東京都中央区銀座四丁目12番15号歌舞伎タワー22F~29F
代表者 代表取締役社長 金子 良平
資本金 1,407億円
営業収益 2,884億円(2020年3月末現在)
従業員数 2,313名(男性1,273名、女性1,040名)
平均年齢:41.2歳 (2020年06月現在) 
子会社・関連会社 株式会社SMBCモビット
アビリオ債権回収株式会社
プロミス香港
良京實業(台湾)
プロミス資産管理(台湾)
プロミスタイランド
プロミス深セン
プロミス瀋陽
プロミス深セン事務センター
プロミス天津
プロミス重慶
プロミス成都
プロミス武漢
プロミス上海

(2020年10月末現在)
事業所 877店(有人店舗11店、自動契約店舗(無人)866店)
(2020年10月末現在)
沿革 1962年3月   大阪市に関西金融設立
1963年2月   関西プロミスに商号変更
1963年4月   PC(プロミスチェック)システムによる消費者金融業を開始
1969年1月   東京プロミスが発足、東京進出を果たす
1974年1月   関西プロミスと東京プロミスが合併/社名をプロミストラストに変更
1974年6月   業界初のコンピュータシステム稼動
1980年1月   プロミスに商号変更
1983年8月   業界初の自動与信システム稼動
1984年1月   貸金業規制法に基づく貸金業者の登録完了
1989年9月   台湾にて良京實業を開業
1992年7月   香港にてPROMISE(HONG KONG)を開業/当社初の海外での消費者金融業進出
1993年9月   日本証券業協会に株式を店頭登録
1994年12月 東京証券取引所の市場第二部に上場
1996年5月   IT事業を行う子会社ネットフューチャーを設立 
1996年9月   東京証券取引所の市場第一部に上場
2000年5月   三和銀行(現 三菱UFJ銀行)、アプラス、プロミスとの合弁会社モビット(現  SMBCモビット)を設立(同年9月営業開始)
2001年3月   パル債権回収(現 アビリオ債権回収)設立
2004年6月   三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMFG)と広範な業務提携および資本提携で合意(契約締結は同年9月)
2005年1月   三井住友銀行の100%子会社であったアットローンを当社の連結子会社へ変更
2005年10月  タイにてPROMISE(THAILAND)を開業
2007年9月   三洋信販を買収
2010年7月   中国・深セン市にてPROMISE(SHENZHEN)を開業
2010年10月  三洋信販を吸収合併
2011年4月   アットローンを吸収合併
2011年5月   中国・瀋陽市にてPROMISE(SHENYANG)を開業
2011年12月 SMFGによる当社の連結子会社化
2012年3月   上場廃止
2012年4月   SMFGによるプロミスの完全子会社化
2012年7月   プロミスをSMBCコンシューマーファイナンスに商号変更
2012年8月   中国・深セン市にてPromise Consulting Service(Shenzhen)を開業
2013年3月   中国・天津市にてPROMISE(TIANJIN)を開業
2013年9月   中国・重慶市にてPROMISE(CHONGQING)を開業
2013年12月  中国・成都市にてPROMISE(CHENGDU)を開業
2013年12月  中国・武漢市にてPROMISE(WUHAN)を開業
2014年3月   モビット(現 SMBCモビット)を完全子会社化
2014年10月  中国・上海市にてPROMISE(SHANGHAI)を開業
2015年4月   台湾にて普羅米斯資産管理を開業
2016年10月  ネットフューチャーを吸収合併
2017年12月  モビットをSMBCモビットに商号変更

(2020年10月末現在)
総資産 1兆4,050億円(2020年3月末現在)
営業貸付残高 1兆1,926億円(2020年3月末現在)

採用連絡先

〒104-0061
東京都中央区銀座四丁目12番15号
人事部  採用担当 
フリーコール:0120-007-227 (平日9:00~17:30)
 E-MAIL :jinji@smbc-cf.com 
採用HP:https://www.smbc-cf-recruit.jp/
アクセス:東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」すぐ