城北信用金庫

城北信用金庫(ジヨウホクシンヨウキンコ)の新卒採用・企業情報

正社員

城北信用金庫

【信用金庫】

一人ひとりのお客さまにマッチした、より高い価値を提供し続けることで、私たちは将来にわたって選び続けられる金融機関を目指します。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
信用金庫業界屈指の預金量~実績が顧客信頼度を裏付けるバロメーター

城北信用金庫は、信用金庫業界トップクラスの預金量と店舗数を誇る金融機関です。

東京都城北地区、埼玉県南部を営業エリアとし、
この地域のお客さまの夢を応援することが私たちの使命です。

私たちが地域の皆さまからお預かりしている業界屈指の預金量は、
地域のお客さまとの多様なコミュニケーションの結果積み上がってきたものです。

お客さまの満足度が実績として“かたち”になる
それが、私たちの喜びです。

ビジョン/ミッション
まだ見ぬ、城北へ。

金融機関を取り巻く環境が大きな変化を迎える時代にあって、私たちの強みは、一人ひとりのお客さまにマッチした、金融はもちろん、金融の枠にとらわれない、多様でより高い価値を提供していることです。

それは、地域のお客さまとの長い取引の中で、Face to Faceの親密な関係性を築き上げてきたからこそできることです。私たちの仕事に必要なのは、お客さまとのつながりを深めていく『人間力』。私たちは、この『人』にしかできないコミュニケーション力を最大限に発揮することで、新たな時代に選ばれ続ける金融機関を目指しています。

事業戦略
価値提供の基盤をつくり、地域の「プラットフォーマー」を目指す

私たち金融機関を取り巻く環境は、低金利政策の長期化、異業種企業の金融業への参入、ICT技術の進展によるデジタライゼーションの加速と大きな変化の時代を迎えています。

こうした中、城北信用金庫が進むべき道は、これまでの長年のFace to Faceのお取引の中で蓄積されたキメ細かいお客さまの情報をベースに、一人ひとりのお客さまにマッチし、カスタマイズされた、より高付加価値のサービスを提供し続けていくことです。そのために、私たちが提供するサービスは、金融商品にとどまらず、金融の枠にとらわれない非金融のコンテンツも多く取りそろえています。「お客さまのために何ができるのか」「地域のために、もっと私たちにできることはないか」私たちは金融の枠を超えた価値を提供し続けることで、独自性を発揮し、お客さまに選ばれ続ける金融機関を目指しています。

私たちの仕事

≪営業店業務≫

◆営業
 お客さまのもとへ定期訪問を重ね、ライフスタイルやビジネスの状況を見ながら、随時適切なアドバイスを行います。お客さまのお悩みやご要望に対し、迅速に、そして真摯に応えなければなりません。大変ですが、達成感も多い仕事です。
信頼関係が深まると、お客さまから将来の「夢」を聞かせていただけることもあります。その「夢」の実現をお手伝いすることも、営業にとって大切な仕事です。
「自分の担当エリアの方は、すべてお客さま」という絶対の自信を持っています。自分が任された地域を愛し、地域の皆さまからも愛されているのが、城北信用金庫の営業係です。

◆融資
 中小企業の育成や地域住民の生活形成のための資金を提供するセクションです。営業担当者と連携を図り、そこからの融資案件や来店されたお客さまからの融資相談について、資金提供や融資アドバイスという形でお客さまの「夢」の実現をサポートします。お客さまのニーズにきめ細やかに対応するため、融資担当の仕事は、お客さまの財務内容だけでなく、実際にお客さまがお仕事しているところへ足を運び、その様子や、経営者の方の人柄や事業の将来性など総合的に判断したうえで、分析・判断し対応することです。審査とアドバイス業務が一体となったお客さま本位の融資、これが城北信用金庫の融資スタイルです。

◆預金窓口(テラー)
 窓口係りはテラーと呼ばれ、城北信用金庫の「顔」となる仕事です。ご来店になるお客さまの預金や振込手続きのほか、幅広いご相談にお応えしています。地域の方々と自然と顔見知りになる窓口は、地域密着を掲げる信用金庫において地域との架け橋となってコミュニケーションを生み出す大切なポジションです。経験を積めば積むほど、お客さまとの出会いが楽しみになります。そして、テラーには、お客さまがご来店いただくロビーや窓口カウンター等を、居心地が良く、また来たいと思ってもらえるようデザインしていく『空間プロデュース』の役割も担っています。城北信用金庫のイメージメーカーとして働く喜びと緊張感があります。

◆預金事務
 窓口係がお客さまから承った普通預金の入出金や振込、定期預金の作成、それに加え、住所変更や通帳を紛失した場合の届け出の手続きなど任される仕事は多く、「正確さ」「丁寧さ」「スピード」が求められる仕事です。金融機関にとっては当たり前のことですが、預金事務の仕事のクオリティは金融機関としてのクオリティに直結するものであり、金融業の基本となる仕事です。

≪主な本部業務≫

◆ソリューション事業
 ソリューション事業部を中心に、当金庫が提供する金融商品・サービスならびに各種ソリューションの企画、立案、金庫全体のコンサルティング機能を発揮するための様々な活動を展開しています。2019年5月には、地元荒川区にインキュベーション施設とコミュニティ施設(COSA ON)を開設し、創業支援と地域企業の連携による新たなビジネスの創出に取り組んでいます。他にも企業のM&Aや個人のFP相談など、専門的に地域の「課題解決支援」の業務を行っています。

◆コミュニケーション開発
 「金融」の枠にとらわれない地域との多様なコミュニケーションのあり方を考え、様々な企画や戦略をコミュニケーション開発事業部を中心として展開しています。クラウドファンディング「NACORD」や農業女子プロジェクト「Natuliga」の立ち上げなど、「非金融部門」の様々な活動を行っています。

◆国際業務
 外国為替など、お客さまの海外取引をサポートしています。海外への送金・外貨両替といった日常的な業務から、貿易に伴う手形売買や信用取引、決済業務など、業務は多岐にわたります。

はたらく環境

組織の特徴
金融にとらわれない多様な価値の提供

私たちは「地域密着型金融」として、地域活性化のために様々な事業に取り組んでいます。”お客さまのしあわせ”という使命が果たせるなら、私たちは金融サービスだけにこだわりません。

◆クラウドファンディング『NACORD(ナコード)』
 NACORDは信用金庫ならではの視点で、地域事業者のアイディアや最新の取組みを発信するウェブメディアです。経営者インタビューや商品紹介、クラウドファンディングプロジェクトを随時お届けしています。また、クラウドファンディングについては、新規事業や新商品開発における新しいマーケティングツールとして、お客さまをサポートしています。

◆農業女子プロジェクト
 農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」に参画し、当金庫の持つ事業支援のノウハウと信用金庫業界、事業者とのネットワークを活用し、女性の農業従事者や本格的な就農を目指す女性の農業事業を応援しています。また、プロモーション支援の一環として、Webサイト「Naturliga」を立ち上げ、農業女子の魅力・情報発信などのサポートを行っています。

◆JOC、行政と連携したアスリート支援事業
 若い世代の「世界に向けたチャレンジ」を応援するとともに、金庫内の「ダイバーシティ(多様性)」という観点からアスリート採用を行っています。また、選手が競技を続ける上での気持ちや金銭的負担、現役引退後の不安などの解決を目的に、日本オリンピック委員会(JOC)と連携し、地元お取引先企業に対する「アスリート就職支援ナビゲーション(アスナビ)」のコーディネートを行っています。

◆夏休み日帰り旅行
 子どもたちの夏休みを利用して、ご家族での日帰旅行を当金庫がプロデュースしています。親・子・孫の3世代の結びつき、家族の時間を創造することを目的として2010年8月から毎年開催しています。
※2020年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止としました。

◆北区花火会
 城北地区の一大イベント「北区花火会」に特別協賛しています。荒川という地域資源を活用することで、子どもからお年寄りまで今まで以上に地域への愛情を感じてもらい、地域住民同士の絆を深めてもらおうと、区内の民間企業が中心となり、区民一人ひとりと力を合わせて盛り上げる手作りのイベントで、北区の新たな秋の風物詩となっています。2019年の第8回花火会では、新たに一万円札の顔に選ばれた北区ゆかりの渋沢栄一をテーマにしたストーリー花火等、過去最高となる8,888発が打ち上げられました。
※2020年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止としました。

◆業界初の「消費者庁長官表彰(特別枠)」を受賞
 2020年度「消費者志向経営優良事例表彰」において、「消費者長官表彰(特別枠)」を受賞しました。この賞は、「消費者志向自主宣言」を公表し、その宣言に基づく優れた取り組みを行っている企業を表彰するもので、当金庫の、高齢化が進む地域社会での「生活口座共有サービス」「シニア向けライフサポート『結』シリーズ」など、地域の課題解決に向けた金融・非金融からの取り組みについて、高く評価いただいたものです。

◆東京都北区観光協会の設立 ~PR Station~
 2017年1月に設立し、同年4月より業務開始となりました。様々な歴史、文化、エンターテイメントを持つ北区を独自の観点から捉え、多くの人に北区の魅力を発信・PRします。また、北区ならではのコンテンツを生み出し、地域に新しい価値を創り出します。

オフィス紹介
新型コロナウイルス感染症への対応

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、当金庫の取引先である中小企業にとっても、サプライチェーンの混乱による受注の急減、インバウンド需要の落ち込み、外出自粛やイベント中止による国内の消費低迷など、非常に厳しい環境が続いています。中小企業の支援を使命とする信用金庫として、新型コロナウイルス感染症対策特別融資等による資金面での支援はもちろん、経営に関するお客さまの不安や悩みに正面から向き合い、事業継続のための支援・サポートを役職員一丸となって取り組んでいます。

地域に対する取り組みとしては、過酷な状況下で尽力している医療従事者の方に、北区観光協会が運営する『#東京都北区帰宅メシ』の参加飲食店のお弁当を、地域の協力を募って無償提供する「THANKS UNITY」を発足しました。また、北区内のテイクアウト可能な飲食店一覧のマップを公開し、街の飲食店を応援しています。

営業店舗においても、ATM等の機器類の除菌はもとより、消毒液やアクリル板、空気清浄器の設置、手洗い場にはペーパータオルの設置といったキメの細かい対策を講じるとともに、窓口で時間のかかる手続きのお客さまには、事前予約により対応するなどの工夫をして、社会的インフラである金融機能の維持に努めています。

職員の働き方においても、時差出勤の実施や、情報漏えいに対するリスクに対応したリモートワークのシステムを導入し、交代で在宅でのリモートワークを実施しているほか、職員は、毎朝検温を実施し、体調がすぐれない場合や、家族の調子が悪いケースなどには、自宅待機(休暇ではなく、出勤扱い)とし、一定期間、経過を観察するなど、職員間でお互い協力しながら、コロナ禍でも安全かつ円滑に業務を進められる職場環境の構築に努めています。

企業概要

創業/設立 1921年(大正10年)5月31日
本社所在地 東京都北区豊島1-11-1
代表者 理事長 大前 孝太郎
出資金 365億円(2020年3月期)
預金量 2兆4,839億円(2020年3月期)
職員数 1,948名 (2020年03月現在) 男性1,170名/女性778名
子会社・関連会社 城信ビジネスサービス(株)、城信サプライサービス(株)
事業所 東京都・埼玉県及び千葉県に95店舗(うち13有人出張所)
(2020年3月現在)
城北信用金庫 採用ホームページ https://www.shinkin.co.jp/johoku/recruit

採用連絡先

〒114-8521
東京都北区豊島1-11-1

JR京浜東北線・地下鉄南北線『王子駅』・都電荒川線
『王子駅前』より徒歩7分

Tel   : 03(3913)1164(平日9:00~17:00)
Fax   : 03(3913)1197
E-mail : saiyo@johokubank.co.jp
URL    : http://www.shinkin.co.jp/johoku/recruit

採用研修部