独立行政法人国立病院機構 中国四国グループ

独立行政法人国立病院機構 中国四国グループ(コクリツビョウインキコウチュウゴク…の新卒採用・企業情報

正社員

独立行政法人国立病院機構 中国四国グループ

【特殊・独立行政法人|病院・医療】

国立病院機構は医療事業、臨床研究事業、教育研修事業を通じて日本の医療の向上公衆衛生の向上・増進に寄与します。

  • アットホームな社風

  • 経験や年功を重視

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
病院の運営・経営の全体を把握して動かす、組織の心臓部的な仕事

経営企画、診療報酬の請求業務、職員の人事労務管理、各種契約事務、地域医療連携業務など、病院運営に必要な業務を幅広く行い、病院や医療を支えているのが事務系総合職です。院長をはじめ医療スタッフから、CTやMRI等の数億円もする医療機器の購入や設備拡充について相談を受けたり、時には難病の患者様へ各種助成制度をご案内したり、地域に根差したイベントの企画・運営を通し、患者様や地域住民等と接点を持つなど、その活躍の場は多岐にわたります。その様々な業務に臨む際、常に経営や患者様への医療サービスの視点から判断し、広い視野を持って企画・立案するのが事務系総合職です。いわば、事務系業務のオールラウンダーと言えます。

私たちの仕事

病院経営・運営を担う事務系総合職の役割は、病院の医療体制や組織環境を整備する事。経営や運営全体を捉え問題を解決していく力を養う為、採用当初は、経営企画や診療報酬の請求、人事労務管理等のコア業務をまず経験する事で病院経営に不可欠な業務を理解していきます。そこで培ったスキルや視野を基に、将来的には、よりよい病院の経営・運営を目指して経営状況の分析や運営方針・経営戦略の企画立案までも行っていきます。

はたらく環境

組織の特徴
社会で通用するバランス感覚を備えたゼネラリストへ

医療行為を通し、患者様と接点を持つ医師や看護師などの医療職が最前線ならば、事務職はそれを広く支える後方支援です。病院経営・運営は、医療職と事務職のそれぞれの役割を果たすことで成り立ちます。事務系総合職の職務は多岐にわたりますが、そのどれもが病院という組織を通す事で個人のみならず社会や地域へ広く貢献できる仕事。その為にも、何が求められているか感じ取る力と、多方面と交渉し業務を遂行していく調整力が必要であり、何より病院という大きな組織を俯瞰的に捉えられる多角的な視野が求められます。逆に言えば、仕事を通してこのような能力を身に付けていけるという事。日々、様々な業務を通して自身の成長を感じられます。

企業概要

創業/設立 平成16年4月1日
本社所在地 広島県東広島市西条町寺家513
資本金 2,029億円(2018年3月決算)※法人全体
職員数 約11,000人 (2019年04月現在) 中国四国グループ内の常勤職員数
事業所 中国四国9県の22病院
■鳥取県 
 鳥取医療センター(鳥取市)、米子医療センター(米子市) 

■島根県 
 松江医療センター(松江市)、浜田医療センター(浜田市) 

■岡山県 
 岡山医療センター(岡山市)、南岡山医療センター(都窪郡) 

■広島県 
 呉医療センター(呉市)、福山医療センター(福山市) 
 広島西医療センター(大竹市)、東広島医療センター(東広島市) 
 賀茂精神医療センター(東広島市) 

■山口県 
 関門医療センター(下関市)、山口宇部医療センター(宇部市) 
 岩国医療センター(岩国市)、柳井医療センター(柳井市) 

■徳島県 
 東徳島医療センター(板野郡)、徳島病院(吉野川市) 

■香川県 
 高松医療センター(高松市)、四国こどもとおとなの医療センター(善通寺市) 

■愛媛県 
 四国がんセンター(松山市)、愛媛医療センター(東温市) 

■高知県 
 高知病院(高知市)
【国立病院機構とは】 ・全国の国立病院や国立療養所が、独立行政法人となって発足(2004年) 
 ・医療の提供、医療に関する調査及び研究、医療に関する技術者の研修、その他附帯する業務を行う法人 
 ・地域ごとに6つのグループに分けて運営
【国立病院機構の特徴】 ・セーフティネット医療(他の設置主体では実施される保障がない医療)を提供 
 ・全国141病院を通じて、地域のニーズにあった医療を提供 
 ・安心、安全な医療の提供だけでなく、臨床研究や教育研修、災害医療も実施 
 ・効率的、安定的な経営を維持

採用連絡先

独立行政法人国立病院機構 中国四国グループ 人事担当
〒739-0041 広島県東広島市西条町寺家513
電話:082-493-6654