株式会社エクスプラス

株式会社エクスプラス(エクスプラス)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社エクスプラス

【その他商社|玩具・アミューズメント機器|商社(総合アパレル)】

「常に市場の変化を読み、市場のニーズに応え、顧客を創造すること」
それが私たち株式会社エクスプラスの信条です。
現在、エクスプラスはファッション雑貨、生活用品、フィギュア、デジタル事業をメイン事業としています。しかし、数年後にはまったく違う事業に取り組んでいるかも知れません。
私たちは創業以来、常に進化を求めて新規事業を立ち上げながら企業活動を継続してきました。他社が狙わないようなニッチなマーケットを開拓し、優位性を確保すること、そして他社と差別化できる独自性の高い商品・サービスを創り出すこと。そうした姿勢を強みとし、「より狭く」「より深く」「よりはやく」をモットーにリーディング・カンパニーとして歩み続けています。
人々が求め、必要とするものは変わり続けます。私たちは社会の状況に応じて「まだないもの」を届けて人々の生活を支えることで、社会に役立つ企業としての責任を果たしていきます。

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • 自己資本比率40%以上

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
社会と市場の変化への先見性、そしてアイデアが次々と新たなビジネスを生む。

「ライフスタイル事業」では取り扱う商品がベルト、バッグ、ストールなどのファッション雑貨から、エコバックやハンディファン、小型加湿器、ラグなど生活関連雑貨に広がりを見せています。2020年の新型コロナウイルスの感染拡大にあたっては、ライフスタイル事業を通して関係を築いていた取引先とともに、マスクなど衛生関連用品にもそのフィールドを拡大。高品質かつデザイン性も高い商品を、適性価格で提供しながら、社会への貢献を果たしています。

「エンターテイメント事業」は1998年に始まったフィギュア事業と、2018年に始まったゲーム事業からなります。双方とも1人の社員が持つ強烈なこだわりと専門性から始まった、当社のアイデアとフットワークの軽さが反映された事業分野です。日本の怪獣や特撮ヒーローなどを取り扱うフィギュア事業は、国内はもちろん海外のマニアからも支持を受け、口コミやSNS、彼らが集うイベントなどを通して、主に北米やアジア諸国で高く評価されています。ゲーム事業は外国人のデザイナーやプログラマー、エンジニアを積極採用して動き出したビジネス。2年余の期間をかけて作り上げた第一弾ゲームが、2021年にはいよいよリリースとなります。

「デジタル事業」は社内業務の効率化・高速化・自動化を目指し、デジタル化・IT化を進めたことから始まりました。商品企画や生産管理、商談システムから経理業務まで、社内の幅広い分野の業務のデジタル化を継続して行っています。社内外のシステムエンジニアと現場の社員が協働して開発~改善を重ねたITシステムを社内で運用していますが、高い汎用性を秘めています。特に人手不足に悩む日本国内の中小企業のビジネスに役立つサービスとして展開し、今後ますます拡大させていく予定です。

このように、社会や市場の変化からの刺激と社員の持つ専門性やアイデアの掛け合わせから事業が始まり、その発展からまた新たなビジネスが生まれていくのが当社のスタイル。
新しいことに挑戦したい方、アイデアを活かしてビジネスを展開させたい方に、当社は理想的な仕事環境を提供します。

事業・商品の特徴
グローバルな環境と多様性で社員の創造性にインスピレーションを。

当社は様々な国にルーツを持つ外国人の社員が多数働いており、海外にも多数の取引先企業があります。また、中国、香港、フィリピン、インドなどに複数の関連会社・合弁会社を有しているため、将来的に海外に駐在して働きたいという方にもグローバルなステージを提供できます。

オフィスでは社員が固定席を持たず、毎日違うデスクで働けるフリーアドレス制。また東京ー大阪間、そして上海や香港の支社とも頻繁にTV会議を行い、それぞれのオフィスで働く仲間が活発に意見を交わしています。国籍や話す言語・世代も多彩な社員がともに働きながら交流することでお互いにインスピレーションを与え合い、新たなアイデアや発想が生まれています。
社員が積極的に提案しやすい環境を提供しながら、それぞれのひらめきを尊重し、社会に役立つビジネスの開発につなげています。

事業戦略
社員のポテンシャルを引き出す、風通しの良さと整備された仕事環境。

当社では少人数のチーム制を敷いています。チーム内でアイデアを出しやすく、議論が発展しやすい環境を心掛けています。
また市場の変化に対応、先取りするために、毎年組織図を必ず変えています。

またチームの垣根を越えた横断型のプロジェクトチームも構成しています。ジャンルの違う仕事に取り組むもの同士がお互いに刺激を与え合うことで、新たなビジネスの創出や自分の仕事の発展につなげています。

新型コロナウイルスが感染拡大する前から、社員のテレワークを推進しています。在宅勤務を奨励するだけでなく、大阪と東京それぞれでいつでも利用できる社外コワーキングオフィスとの契約も行いました。                                      またテレワークを推進しながら、オフィスへの積極的な投資も並行して行っています。
いつでも意見交換できるオンライン会議設備の強化や、集中力を高めてスピーディな意思決定を促すためのスタンディング・ミーティング用会議室の配備。今では社内の全ての会議室がスタンディング・ミーティング対応のTV会議室になりました。社員の生産性を高め、ポテンシャルを最大限に引き出すための投資は惜しみません。

私たちの仕事

■ライフスタイル事業(ファッション雑貨&生活用品)
ベルト、バッグ、ストール、シューズ、帽子などのファッション雑貨のOEM/ODMビジネスを展開。取り扱い商品は、ハンディファン、小型加湿器、ラグ、エコバッグといった生活雑貨の領域に広がっています。また、近年のコロナ禍に対応し、マスク、フェイスシールド、アイソレーションガウンにも拡大。
中国の浙江省、広東省、江蘇省やバングラデシュ、フィリピン、インドなどグローバルな生産背景を活かしながら、人々の生活に役立つ商品を用意しています。

■エンターテインメント事業(フィギュア&ゲーム)
・フィギュア
1998年にスタート。当初は怪獣を中心とした特撮キャラクターのフィギュアを展開していましたが、近年は映画やアニメーションのキャラクターも幅広く製品化しています。国内外の熱狂的なファンを持ち、マニアを中心にそのクオリティとラインナップは高く評価されています。
商品の詳細は自社ECサイト『ショウネンリック』で紹介しています。
https://jp.ric-toy.com/

・ゲーム
2018年に立ち上げた事業です。
アメリカ、イラン、インドネシア、ドイツから集まった外国人スタッフを中心に、オリジナルゲームの製作を手掛けています。
2021年、第一弾商品「SMELTER」リリースに向けて鋭意開発進行中です。

■デジタル事業
もともと業務の効率化・スピードアップを目指し、独自開発の技術で、社内のデジタル化を推進してきました。
・3Dプリンターを使用したフィギュアの原型制作
・RPA(Robotic Process Automation)を導入し、間接業務の自動化・無人化を実現
・デジタル・サイネージを利用したサイバー商談室
・越境EC(ネット通販)システムの構築
・3Dグラフィックシステムを利用した、サンプルレスでの企画・生産進行管理
こうした業務のデジタル化を進めながら汎用性を高め、私たちとビジョンを共有できる他企業に質の高いプラットフォームを提供することで事業を拡大しようとしています。

はたらく環境

オフィス紹介
働きやすい職場づくりのためなら、いつでも迅速に勤務環境を改善。

テレワークやコワーキングシステムの利用推奨、フレックスタイム制の導入、出産・子育てする社員に向けた休暇制度など、より柔軟な勤務形態を目指し、常に改良を図っています。今後も社員の意見を取り入れながら、迅速に環境づくりを進めていく予定です。

大阪本社、東京支店ともに中心地の最寄駅から近く、通勤しやすい立地も魅力です。

働く仲間
国籍と世代を超え、多様性を実感して働ける。

社内では日常的に英語・中国語などの外国語の会話が交わされています。また若手とベテランが忌憚なく意見を交換し合える環境が当社の特長。積極的に外国人留学生や、海外留学経験者を採用してきたのも、多様な特性を持つ人々が混じり合う「クロス・カルチャー」を志向してきた結果です。
多様性を感じながら働くことで、社員それぞれがお互いの可能性を高め合うことができます。

社風
失敗を恐れない。ゼロからのスタートに怯まない。

当社のビジネス立ち上げの信条は「スモールスタート」。
機能やサービスを絞り込んで早く立ち上げ、状況に応じてビジネスを大きくしていく方針をとっています。そのため、新規事業を立ち上げるフットワークは軽く、方向転換もしやすいことがポイントです。

最初は経験や専門性が少なくとも、そこから社員たちがプロとしての知識やスキルを習得し、大きなビジネスに発展させてきた実績があります。こうして、社内には次々と有能なエキスパートが育ってきました。

私たちは失敗を恐れず、迅速に事業をスタートさせて結果を生み出します。チャレンジ精神とフットワークの軽さが、エクスプラスの強みです。

企業概要

創業/設立 設立1986年1月17日
本社所在地 大阪市中央区平野町1-8-8 平野町高橋ビル9F
代表者 代表取締役社長 大橋 孝夫
資本金 単体:50,000,000円
グループ企業合計:175, 348, 624円
(2021年2月現在)
従業員数 75名(海外子会社在籍者を含む) (2021年02月現在) 
子会社・関連会社 【子会社】
星朋商貿(上海)有限公司 X PLUS (SHANGHAI) CO.,LTD. (2006 年、上海市)
星嘉(香港)有限公司 X PLUS (HK) CO.,LTD. (2005 年、香港)
XANNEX ENTERPRISES INDIA PVT. LTD. (2013 年、インド コルカタ) 
株式会社パンクス(2019 年、大阪市)
株式会社アールアイシー (2000 年、大阪市)   
温州星誠検測服務有限公司 WENZHOU STAR SINSERITY TEST SERVICES CO.,LTD. (2020 年、温州市)

【合弁企業】
STAR ACE TOYS LIMITED (2013 年、香港)
STAR ACE JAPAN CO.,LTD. (2015 年、大阪市)
A FASHION HONGKONG LTD.(2019 年、香港)
A&P GLOBAL BAG MANUFACTURING INC.(2019 年、フィリピン)
HONGKONG STARWAY HOLDINGS LTD.(2019 年、香港)
事業所 大阪本社:大阪市中央区平野町1-8-8 平野町高橋ビル9F
東京支店:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-30-3 代々木TRビル2F

採用連絡先

新卒採用担当:筒井 浩介/亀井 晴香
メールアドレス:recruit@xplus.co.jp