株式会社アレフ(アレフ)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社アレフ

【食品|農業・林業|フードサービス】

日経新聞や各局TV番組にも引っ張りだこ!人も環境も良くする、 『「食」「農」「環境」』持続可能な循環型サイクルを生み出す食のインフラ企業

循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰、環境コミュニケーション大賞など、環境に関わる様々な賞を受賞。
年間200以上の各メディアにも取り上げていただけるようになりました。

時代と共に変化を続け、人々にとって身近で安全・安心な「食」を提供するだけでなく、自然を壊さず、共生する努力を続けることで初めて、私たちが社会に欠かせない存在になれると考えています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • アットホームな社風

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
食材だけでなく、人に優しく愛される空間を創出します!

お客様にとって身近で安心できる食のインフラとなることを目指す当社。メイン事業である「びっくりドンキー」では、乳・小麦・卵を使用しない、食物アレルギー対応のハンバーグメニューを2年半かけて開発しました。また、手話認証資格制度の推進、点字メニュー導入率は94%です。店内外にスロープ手すりの設置、ベビーベッドや多目的トイレの導入、自閉症のお客様への絵カード交換式コミュニケーションシステムを活用したPECSメニュー実験導入などノーマライゼーションへの取り組みを進め、他社に先駆け、どんな方でも、一人でも多くのお客様に楽しんでいただけるサービスを追求しています。他にも、お子様に残さず食べる喜びを体験してもらうため“もぐチャレ”企画を実施。残さず食べてお皿をピカピカにするチャレンジに成功したら、ご褒美を渡すなど、食を通して楽しく健康になれる仕組みを生み出しています。

また、環境への取り組みとして、自然や生き物に親しみながら活動する環境教育プログラム「えこりん村学校」を運営しています。本プログラムは2007年に活動を開始、2014年度には環境省による環境教育プログラムESDに選出されました。小学生の児童を対象として、「食と生き物のつながり」を大切にし、子どもたちが自ら挑戦し、考えることで自発的な探求や発見を引き出せるような活動を実施しています。

事業戦略
自然のチカラを活かした安全・安心な「食」の提供を目指して

協力農家と自社で研究を進める無農薬のお米、契約農家と一緒に育てる野菜、そして独自基準をクリアしたアレフ・ナチュラルビーフ。土や太陽、水、そして食物連鎖という自然のサイクルをしっかりと活かせば化学物質は必要ないと考えるアレフ。当社では食材の開発・調達の三原則である“品質”“安全”“トレース”に独自基準を設け、自分たちが自信を持って提供できる食材にこだわっています。そしてこの素材の素晴らしさを生かし、安全・安心な「食」を提供するための根幹が、全国8箇所に構えるコミッサリーです。毎日食材を使い切り、店舗からの発注を受けてからの製造を徹底することで、当社が提供する安全・安心な「食」は守られています。

ビジョン/ミッション
環境へ配慮し、自分たちで新たな循環を創り出す

「食」「農」「環境」をリンクさせ、素材の研究から生産・買付、加工、サービスまでを自社で一貫してコントロールする「マス・マーチャンダイジング」を構築している当社。各コミッサリーではソーラーシステムの導入や動植物性残渣のリサイクル、地熱活用など環境対策にも取り組み、自然のサイクルを壊さぬよう努力を続け、バイオガスプラントでは各店舗で排出した廃棄物を自らリサイクルし、新しい循環の輪を創っています。こうした取り組みは、環境報告書として毎年発行しており、環境コミュニケーション大賞・環境報告書部門では優良賞を受賞。2016年には業界で初めて北海道工場がISO50001を取得しています。

私たちの仕事

■私たちは、【「食」=人を良くする】という理念の元、時代に合わせたサービスを提供しています。

「食」という字を上下にわけると、「人を良くする」と読むことができます。私たちは、創業時より50年にわたり、この言葉を大切にしながら事業を行ってきました。国が定める以上の高い基準(=アレフ基準)を設け、当社の考えに共感いただける国内外の生産者のみと協力し、安全・安心な食材を調達することに取り組んできました。食を提供する企業として社会的責任を果たすため、「食」「農」「環境」をリンクさせ、素材の研究から生産・買付、加工、サービスまでを自社で一貫してコントロールする「マス・マーチャンダイジング」も構築。業界初の環境ISO50001を取得するなど、環境への取り組みは多数の評価をいただいています。

はたらく環境

職場の雰囲気
人生の変化に合わせて力を発揮できるよう、働く環境を良くする

店舗数を拡大し成長していくためには、社員一人ひとりが存分に力を発揮できることが大切です。私たちは、働きやすい環境の整備にも力を入れてきました。たとえば、みなし残業の廃止や年に2回、5日連続で休暇を取得できるリフレッシュ休暇など、社員が長く、安心して働ける制度を導入しています。人材不足が叫ばれる業界ですが、当社の平均残業時間は日本企業平均の1/3にまで低下し、プライベートの時間もゆっくり過ごすことができます。くるみんマークの取得、北海道あったかファミリー応援企業にも登録されており、人生の転換期を迎えても安心して働ける環境を用意しています。

企業概要

創業/設立 1976年7月
本社所在地 北海道札幌市白石区菊水6条3丁目1番26号
代表者 代表取締役社長 庄司 大
資本金 1億円
売上高 396億円(2020年3月実績)
従業員数 767名 (2020年03月現在) 
子会社・関連会社 えこりん村株式会社
デリシャス株式会社
株式会社牧家
株式会社サイプレス
有限会社みつる
事業所 北海道/38事業所/札幌市、小樽市、函館市、恵庭市、沙流郡
岩手県/5事業所/盛岡市
秋田県/2事業所/秋田市
宮城県/7事業所/仙台市、名取市、宮城郡
山形県/3事業所/山形市、米沢市
福島県/8事業所/福島市、郡山市、伊達市
茨城県/3事業所/土浦市、龍ヶ崎市、つくば市
群馬県/1事業所/太田市
埼玉県/17事業所/三郷市、所沢市、川越市、さいたま市、熊谷市、戸田市、上尾市、 新座市、ふじみ野市、鶴ヶ島市、川口市、羽生市、越谷市、久喜市
千葉県/7事業所/流山市、千葉市、我孫子市、市原市、松戸市
東京都/18事業所/文京区、新宿区、豊島区、板橋区、足立区、練馬区、小平市、八王子市、狛江市、西東京市、東村山市、立川市、福生市、 多摩市、府中市、西多摩郡
神奈川県/10事業所/相模原市、茅ヶ崎市、川崎市、横浜市、厚木市、大和市、平塚市
山梨県/1事業所/甲府市
岐阜県/1事業所/大垣市
大阪府/6事業所/大阪市、八尾市、箕面市、和泉市、摂津市
兵庫県/7事業所/神戸市、加古川市、宝塚市、姫路市、西宮市
福岡県/4事業所/福岡市、久留米市、糟屋郡
佐賀県/1事業所/佐賀市
大分県/1事業所/大分市
熊本県/2事業所/熊本市
宮崎県/1事業所/宮崎市
鹿児島県/2事業所/鹿児島市
沖縄県/1事業所/うるま市

採用連絡先

<本社>
〒003-8515 北海道札幌市白石区菊水6条3丁目1-26
<東京本部>
〒108-0074 東京都港区高輪3丁目24番18号 高輪エンパイヤビル6F

TEL :03-5579-9515 (平日9:00~18:00)※学生専用
担当:江本(エモト)