日鉄日立システムエンジニアリング株式会社

日鉄日立システムエンジニアリング株式会社(ニッテツヒタチシステムエンジニアリン…のキャリタス限定情報

正社員 応募受付終了

日鉄日立システムエンジニアリング株式会社

【情報処理|コンサルタント|情報サービス】

NHSの歩みとビジョン
1988
設立の背景

「システムユーザーとしての利用技術」と
「コンピュータメーカーの情報通信技術」が融合
NHSは1988年、当時の新日鉄(現:日本製鉄)と日立製作所の出資により設立されました。設立当初から新日鉄のシステムユーザーとしての利用技術と、世界を代表するコンピュータメーカーである日立製作所の情報通信技術を生かし、さまざまな業界のシステム構築を手がけてきました。とりわけ、基幹システムにおける多くの実績は今日のNHSの大きな強みとなっています。
1988~
成長の原動力

創設期に培ったKnowledgeを元に
ソリューションメニューを開発
我々はこれまで30年以上かけて製造分野、金融分野、社会・公共分野などさまざまな業界のシステムを構築してきました。そして近年では創設期から培ったKnowledgeをもとにNHS独自のサービスメニューを展開し、実績を積み重ねています。
2013~
ビジネスモデルの変換

時代の変化をキャッチして
独自ビジネスを拡大
ソフト開発、受託開発などの実績を積み重ねたことで技術力、開発ノウハウを蓄積し、ビジネス領域を拡大していきました。現在では、お客様が抱える様々な課題を理解し、先進の技術、製品、サービスを組合せ、最適なシステムを提案・構築するソリューションプロバイダーとして、コンサルティングからシステム設計・開発・保守に至る一連のサービスを総合的に提供しています。
さらなる成長のビジョン

お客さまのビジネスを共創するSoEの実現を目指す
今後は、お客さまの取引環境を網羅的にサポートするプラットフォーマーを目指します。SoE(Systems of Engagement)とサービス化をキーワードに、お客様のビジネス相手となる取引先(顧客)と関係性を最適化し、お客さまの社内業務の効率化にとどまらず、お客さまのビジネスをともにつくり上げるパートナーとしてのプラットフォーマーを目指していきます。