日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)

日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)(ニッポンカモツテツドウ)の新卒採用・企業情報

正社員

日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)

【鉄道|不動産|倉庫】

日本で唯一の全国ネットワークを持った鉄道貨物輸送と不動産開発を軸として、積極的に新規分野にも踏み出し、私たちにしかできない社会貢献を続けています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 3年連続で業績アップ

私たちの魅力

事業内容
挑戦、そして変革 ~Challenge &Change~

貨物鉄道事業、倉庫業、駐車場業、広告業、損害保険代理業その他の保険媒介代理業、
自動車整備業、一般土木・建築の設計、工事監理及び工事業、その他附帯・関連事業等

事業戦略
日本唯一の全国ネットワークを持った貨物鉄道事業者

私たちJR貨物は、全国規模のネットワークを持つ、日本唯一の貨物鉄道会社です。 全国242箇所の貨物取扱駅をむすび、毎日426本の貨物列車を早朝から深夜にわたって運行。 全列車の走行距離は1日あたりで、地球約5周分に相当する18.9万kmにもなります。長距離・大量一括輸送、あるいは環境貢献といった 鉄道貨物輸送ならではのメリットを活かしながら、石油、液化天然ガス、紙・パルプ、食料品など暮らしに不可欠な物資を運ぶ鉄道貨物輸送は、 欠かすことのできない社会インフラと言えます。 物流事業はそれ単体では生きていくことのできない事業ですが、しかし、どんな産業とも密接に関係できるもの。あらゆる産業とつながり、 あらゆる産業の根幹を支え、ひいては社会の暮らしを築く一翼を担う。それが私たちの使命だと考えています。

私たちの仕事

全国242の取扱駅を基盤として、営業キロ 7,957.3km (75線区)で1日426本の貨物列車を運行しています。
輸送量:197億トンキロ(2019年度実績)

はたらく環境

社風
社員全員が意見を出し合い、物事を進めていく環境があります。

経済の発展と豊かな生活を支えている物流業界への注目はますます大きくなってきています。内外に広くネットワークを持つ会社だからこそ、これからの社会の発展のために物流全体をどうしていくか、といった大きな視点を私たちは持っていかなければいけないと考えています。 事業への信頼基盤である安全を最優先しながら、「お客様」と「現場」を2本の軸として、「お客様」の求めるサービス・商品に「現場」がしっかり対応していける状況をグループ全体で作り上げていきたい。 これからできることは、本当にたくさんあります。テクノロジー、新サービス開発、グローバル化など、チャンスがたくさん潜んでいる。チャンスを未来に向け形にして、広げていくことができるのが、JR貨物です。 そして、こうした発展のために必要になるのは、自由で柔軟な発想です。新しいことを柔軟に考えること、それを行動に結びつけていくこと。そして自分が持っている強みをそこに発揮できるのは、若い人の特権でもあります。だからこそ、いろんな経験やバックグラウンドを持った多様性のある人を求めたい。そうした素養が大きく活きるフィールドが、私たちの中にはあります。

企業概要

創業/設立 1987年4月に日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)発足
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿
代表者 代表取締役社長兼社長執行役員 真貝 康一
資本金 1900000万円
売上高 19160000万円(2020年3月期)
従業員数 5413 (2020年04月現在) 正社員のみの人数です
事業所 ■本社(東京都渋谷区)

■支社
北海道(札幌市)、東北(仙台市)、関東(東京都品川区)、東海(名古屋市)、関西(大阪市)、九州(北九州市)

■支店・営業所・現業機関
全国各地

採用連絡先

日本貨物鉄道株式会社 経営統括本部 人事部 人事・採用グループ

〒151-0051 
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿

https://www.jrfreight.co.jp/