伊勢化学工業株式会社

伊勢化学工業株式会社(イセカガクコウギョウ)の先輩社員、OB・OG情報

東証 正社員

伊勢化学工業株式会社

【化学|ガス】

先輩情報

柚木崎 航平(2014年入社)

営業本部 市場開拓室
(研究所 所属当時)  

職種 技術開発
   
出身学部 新領域創成科学研究科
専攻分野 農学・化学・生物系

インタビュー

ヨウ素技術の開発、および研究開発のサポート業務をしています。

  • ヨウ素技術の開発では廃液中のヨウ素の分離・濃縮を研究をしています。コストをかければ簡単にできることをいかに費用をかけずに実施するか、また実験室の装置をいかにスケールアップして工場の設備にするか、といった大学での研究とは一味違った視点が重要になり、そこに企業での研究開発の醍醐味を感じます。
    そのほか、研究開発の特許化、関連部署へ文献の代理調査・報告といった研究開発の周辺業務および社外との共同研究によって新しい技術を導入する業務も担当しています。入社前は研究所というと、ひとりで実験ばかり行っているイメージがありましたが、実験ひとつとっても社内外の人たちと協力しながら行うものであることを身をもって体感しています。おかげで、20年来の人見知りがだいぶ治りました。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    そこに会社があったから

    大学の専攻内容を活かせる化学系メーカを中心に就職活動を行ってきました。当時の私の知っているメーカなんて売上高1兆を超えるような超有名企業くらいで、業界研究の本を読んでもせいぜいそれら超有名企業に加えて有名企業の名前を知った程度。そんな巨大企業がどんな製品をつくているのか、そもそも化学者は化学メーカで何をしているのか全く想像ができませんでした。
    そんな適当な就職活動をしていたものだから、超有名企業からは袖にされる日々。困ったなぁ、もっといろんな企業を受けてみたいのだけど、そもそも企業を知らないしいったいどうしたものか…。と思っていたところ以前登録していた就活媒体から中小企業とのマッチングサイトができたから登録してくれと言われ、登録したついでによさそうな企業をお気に入りに入れておいたところ、その一社から面接を受けてみないかとお誘いがあり、面接に行って気が付いたら内々定をもらっていたのが伊勢化学工業という会社でした。
    1か月前まで聞いたこともないような企業ではありましたが、企業研究(という名のネットサーフィン)してみると数少ない日本の資源であるヨウ素を取り扱うという明確な利点を有している企業であること、伊勢化学工業の業績が健全に見えたこと、出身地近くに工場がある縁も感じて入社を決めました。・・・というのは建前で、ほんとは入社を決めた理由なんて「何となく」です。立派な理由や目的があったわけではありません。これ以上就活する気も起きなかったですし、何となく自分と合いそうな会社だったし、この会社でいいんじゃないかなと思い入社しました。
    そんな適当な理由で入社しましたが、今の会社や職場はとても気に入っています。もし、もう一度大学生に戻って就活しろと言われたら、またこの会社を受けると思います。

  • 当社のいいところ

    部署間での交流が多い

    人数が少ないわりにさまざまな部署があり、一般の化学メーカ以上に分野横断的にいろいろな業務が行える点が面白いと感じます。私は鉱業部(天然ガスとヨウ素原料であるかん水を地下からくみ出す井戸やパイプラインを整備する部署)と一緒に業務をすることがありましたが、この鉱業部は伊勢化学工業がほかの化学メーカと大きく異なる特色ある部署と感じています。地質学や土木学が背景にある世界なので化学を専門としてきた私にとっては目新しいことも多く、やることのスケールもかなり大きいので刺激になります。

  • 今後の目標・将来の夢

    大きな技術開発に携われれば

    ヨウ素という製品はどの企業が製造してもヨウ素、ほとんど違いはありません。そういった他社と差別化しにくく、かつ価格が上下する製品の技術開発に最も求めれられていることは、いかにコストを抑えた製造ができるか、といったことではないかと考えています。20年、30年後のいつかずっと先に、あの技術があったからヨウ素製造のコストが下がって、苦しい時も会社が耐えることができた、と言われるような大きな技術開発に携われたらいいなぁというのが夢です。

  • マストアイテムはコレ!

    普通自動車免許と自動車

    入社するにあたり、本社勤務でない場合は寮と工場の関係から自動車通勤は必須です。私は入社まで関東に住んでいたため、免許は持っていたもののペーパードライバー。入社1週間前に中古車を購入して、はじめは会社まで運転できるかドキドキでしたが、今では遠出の旅行もできるようになりました。

  • メッセージ&アドバイス

    すこしでも興味があればエントリーしてみてください。

    昨今メタンハイドレードや都市鉱山といった日本の資源に注目が集まる中、すでに日本が世界第2位の産出国であるヨウ素のことは残念ながらほとんど知られていません。私も上記の通り、ヨウ素や伊勢化学工業のことをよく知らずにエントリーシートを送り、入社しました。しかし、幸運にもこの会社に入社して、会社の良いところも悪いところも見たうえで、入社してよかったなと考えています。そして日本が産出国であるヨウ素の製造にかかわる仕事ができることを誇りに思っています。
    伊勢化学工業なんて聞いたこともないという方も、ほんの少しの興味が沸いてきたらぜひエントリーを検討してみてください。ご縁あって入社された際に「入社してよかったな」と思っていただけるような職場づくり会社づくりをして待っています。

仕事の特徴

  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • コツコツ研究・開発する仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • モノつくりをする仕事