常石造船株式会社

常石造船株式会社(ツネイシゾウセン)の新卒採用・企業情報

正社員

常石造船株式会社

【輸送用機器】

海は広い。それ以上に、未来は果てしない。
常石造船は、真っすぐな「やる気」を待っている。

  • 地域に密着した事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
グローバルな建造体制と多様な製品展開が最大の強み

常石造船は、常石本社工場(広島県福山市)、ツネイシ・ヘビー・インダストリーズ・セブ(フィリピン・セブ島)と常石集団(舟山)造船有限公司(中国・舟山市)、アスティジェロ・ツネイシ・パラグアイ(パラグアイ・セントラル州)、これら4つの拠点で事業を展開しています。
創業から100余年。木造船の建造にはじまり、海外の進出に至るまで積極果敢な事業展開を進めてきた原動力は、船づくりに対する飽くなきチャレンジ精神で、現在の業界をリードする存在に至るまで常に進化を続けてきました。
1990年代にフィリピンに進出。造船業界ではそれまで成功例のなかった海外進出を軌道にのせ、その後の中国、パラグアイ進出の礎をつくりました。コスト力や為替変動への耐性という競争優位を確立するとともに、国内外の拠点で同一の「常石品質」で船舶を提供するグローバルな建造体制を有しています。
製品展開は、ばら積み貨物船を主軸に、コンテナ運搬船やタンカーをラインアップし、多様な市場のニーズに応えています。中でも300隻の竣工を達成したベストセラーの載貨重量8万2000トン級のばら積み貨物船「カムサマックス」は、当社登録商標が業界標準として呼称されるほど認知され、同カテゴリーでは世界トップシェアを誇っています。
変化に柔軟に対応し拡大してきた常石造船は、これからも未来に向け、持てる技術を結集し、時代のニーズに応える最新鋭の船舶の提案・建造に全力を注ぎ、新しい価値を創出していきます。

また、修繕サービスは、ばら積み貨物船をはじめ、自動車運搬船やプロダクトタンカー等多様な船種で、年間150隻を超える船舶の修繕実績を持ち、一般修繕から用途変更や船体の大型化といった高度な改造まで、多岐に渡る工事に対応しています。
修繕と新造船建造の両事業を営むからこそ生まれる、長期的なシップライフサイクルを見据えた提案で、お客さまの船の安全はもちろん、世界の海の安全に貢献します。

私たちの仕事

私たちは、より良い船をつくり、人々のくらしと社会の発展に貢献するため、日々努力を重ねています。
先進的な低燃費性、多様な貨物に対応できる柔軟性など徹底した経済性をもとに開発されたTESSシリーズ、パナマックスバルカーの大型ニーズを捉えるだけでなく、輸送や荷役の効率化、最新のエコ装置の搭載、低燃費化による高い運航採算性を実現したカムサマックス。これらの独自ブランドは市場のニーズを的確に掴む商品企画力、妥協のない高い技術力によって開発され、世界から高い評価と信頼を築いています。
造船業界を取り巻く環境が変化し続けているなか、常石造船では資格取得支援や研修制度の拡充など次世代への技術伝承に向けた人材育成環境の整備やIoT、最先端技術の研究・導入を行い、造船現場の技術革新に取り組んでいます。

はたらく環境

社風
挑戦こそ、我々の誇り

■挑戦し続けてきた歴史

1917年の創業以来、104年にわたる歴史の中で、会社の将来を左右する数々の挑戦を経て成長を続けてきました。例えば、海外工場の設立。「造船業界では海外での分業は不可能」とさえ言われながらも挑戦を続け、30年を経た今、フィリピン、中国、パラグアイと日本を結び、4拠点での世界分業建造を実現しました。コスト競争力や品質、顧客満足において業界唯一の強みとなっています。

そんな”失敗を恐れない”DNAは、今の私たちにも脈々と受け継がれています。
「成長のためには、失敗して当たり前。社員一人が失敗しても会社が潰れることはない」
このように経営陣も言うほど、挑戦し失敗を恐れることはない、という社風が浸透しています。

企業概要

創業/設立 創業:1917年(大正6)7月
設立:2011年(平成23年)1月
本社所在地 広島県福山市沼隈町常石1083番地
代表者 代表取締役社長 奥村 幸生
資本金 1億円
売上高 1,646億円(2019年12月期 ツネイシホールディングス株式会社連結対象の造船事業全体)
従業員数 878名 (2020年12月現在) 
主要取引先 ■海運会社 日本郵船(株)、(株)商船三井、川崎汽船(株)などを
      はじめとした日本並びに、欧州、香港、シンガポール、中国、
      台湾ほか各国の海運会社
■商  社 三井物産(株)、丸紅(株)、三菱商事(株)、伊藤忠商事(株)、
      住友商事(株)、双日(株)などをはじめとした商社
■そ の 他  船舶管理会社など
事業所 東京事務所:東京都千代田区一番町 2-2 一番町第二TGビル 5F

<建造拠点>
フィリピン/セブ島、中国/浙江省、パラグアイ/アスンシオン近郊

採用連絡先

〒720-0393
広島県福山市沼隈町常石1083番地
常石造船株式会社
総務・人事部人事グループ
TEL:0120-214-340
MAIL:ts.recruit@tsuneishi.com