アイシン高丘株式会社

アイシン高丘株式会社(アイシンタカオカ)の新卒採用・企業情報

正社員

アイシン高丘株式会社

【自動車】

鋳造の専門メーカーとして設立されたアイシン高丘は、設立以降、
謎の宝庫であった鋳造の原理を多く解明し、自動車業界を支えてきました。

また、原理の解明だけでなく、工法や材料等、様々な開発を進め、量産化を実現し、鋳造業界に多大な貢献をしてきました。
 
更に、鋳鉄製品の精密加工まで一貫して手掛けており、鋳造の大規模な設備から、ミクロンの精度が求められる精密設備までを扱っております。また、鋳造で培った知見を活かし、塑性加工や音響等、他事業への拡大も行っております。

 早期から海外展開を開始し、今では連結売上高の半分以上を海外での売上が占めています。豊富な海外展開の経験を活かし、グローバルでNo1の鋳造メーカーを目指しています。

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 実力と成果を重視

  • アットホームな社風

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
極めてシビアな世界のトップクラス企業として

アイシン高丘の最大の特徴は、その品質にあります。

例えば部品の組立メーカーでは、手順どおりに部品を組めば製品が完成するので、ある工程で不具合が起きても、次の工程で部品を取替えれば解決は可能です。

しかし鋳造の場合、材料の成分や配合、砂型の水分量、気温といった様々な条件が複雑に絡み、その1つがわずかに変化しただけでも最終品質に大きく影響します。 

つまり、金属の溶融から成形・冷却、そして仕上げ加工まで、全工程で繊細な品質管理が必要となるのです。不具合を次の工程でカバーできないシビアな鋳造分野において、アイシン高丘は世界トップクラスの生産を誇ってきました。

その事実が、私たちの高い品質技術の証しです。

企業理念
「品質至上」が終わりなきテーマ

「品質至上で未来の創造」がアイシン高丘の経営理念。

最先端技術を駆使し、常に良い品質の製品を開発・生産していくことが、お客様の満足につながり、社員や社会の人々みんなの幸せと企業の将来が約束されるという気持ちが、この言葉に込められているのです。

この「品質至上」には終わりがありません。 

また、変化の激しい時代を勝ち抜くために、ビジョン経営に基づく常に次代を見据えた事業を展開。プレス工法やステンレスを用いた部品開発などの新分野に積極的に進出。
上記のような自動車業界の海外展開に応えるため、社員の活動のフィールドはグローバルに広がっています。

みなさんにも「品質至上」の精神を世界に広げることを期待してます。

私たちの仕事

・自動車用部品(ブレーキローター等の鋳鉄部品全般、ステンレス製排気系部品、車体系プレス部品)、工作機械、金型などの開発、製造、販売。 

・次世代車関連
・土壌改良剤などの研究
・開発 

ものづくりの原点を担い、形を造りだす「鋳造分野」だからこそ、社員全員が、 
自分達の技術力とものづくり力に誇りを持ち、新たな技術革新に取組んでいます!! 

材料開発から生産・品質保証まで一貫したものづくり体制が我社の強み!

はたらく環境

働く仲間
全社員がグローバル人材!

1982年に初めて海外駐在員を派遣して以来、これまでに200名以上が海外駐在を経験してきました。

現在も100名以上が世界中の拠点や研究施設に駐在しています。
海外への“出張”経験者となると、全総合職の半分以上にその経験があります。 

新たな海外進出や各拠点での新ラインの設置など、海外でのミッションはさらに拡大するので、これまで以上に現地で活躍できるスタッフが必要になります。

また、従来は生産に関する海外赴任がほとんどでしたが、現地化・現調化の流れにより、設計や開発のスタッフが海外で活躍するというケースも一般的になってきました。 

全ての総合職に海外で活躍できるチャンスがあります!

企業概要

創業/設立 1960年3月8日 に高丘工業株式会社として設立。
1986年9月1日に現社名に改称。
本社所在地 愛知県豊田市高丘新町天王1番地
代表者 取締役社長 内田信隆
資本金 53億9600万円
売上高 単独1,482億円
連結3,100億円 (2020年3月期)
従業員数 単独2,399名
連結13,137名 (2020年03月現在) 
株主 アイシン精機(株)、トヨタ自動車(株)
事業所 本社(愛知県豊田市)、本社工場、吉良工場、東京営業所、大阪営業所、広島営業所

採用連絡先

〒473-8501 愛知県豊田市高丘新町天王1 
人事総務部 人材開発チーム  
TEL 0565-54-1158 (直通)
Eメールアドレス recruit@to.at-takaoka.co.jp