日工株式会社

日工株式会社(ニッコウ)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

日工株式会社

【プラントエンジニアリング|機械】

皆さんが毎日歩いている道路に敷かれた「アスファルト」。
住んでいる建物など街中に使われている「コンクリート」。
当社は豊かな生活に欠かせないインフラ整備に必要な、それらを生成するプラント、搬送システム、環境関連製品を製造している『機械メーカー』です。
 
1919年の設立以降、「蓄積した技術」と「安定した資本基盤」を活かして、国内だけでなく海外でも活躍する機械を『開発・製造・販売』しています。

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • アットホームな社風

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
独自のテクノロジーを確立した、アスファルトプラントのトップメーカーです。

【独自技術で業界をリード】
1919年の創業以来、日工は日本の街づくり、世界のインフラ整備を支える「ソリューション・パートナー」企業として社会に貢献しています。これまで手掛けたプラントは、世界50カ国、1000件以上。なかでもアスファルトプラントの国内シェアは70%、高速道路用では90%以上を占めています。(※1)明石海峡大橋や羽田空港、関西国際空港、中部国際空港など大規模建造物から、日々の暮らしに欠かせない生活道路まで、国土開発・環境保全のあらゆるシーンで活躍しています。

【日工が誇る5つのコア技術】
「乾燥加熱燃焼」「混練」「搬送・選別」「制御」「メンテナンス」。これら5つのコア技術が当社の大きな強みとなっています。アスファルト合材を製造する過程において「乾燥・加熱・燃焼」を行うバーナ技術、即ち「ヒーテック」は他社の追随を許さない独自開発力の成果。さらに、コンクリートプラントで培ったコンクリートをミキサで混ぜる「混練」、コンベヤによる「搬送・選別」、プラント設備をコントロールする「制御」といった高い技術力も私たちの大きな強みです。また、これらの技術のアフターフォローを担う「メンテナンス」に注力しているのも他社とはひと味違う点。日工は5つのコア技術で業界をリードしています。

【海外進出を加速させ、さらなる成長を】
今後当社はアスファルトプラントの国内需要を深耕しつつ、海外売上比率25%の実現を目指し、アジア新興国を中心に海外進出を加速させます。さらに、ヒーテック技術を用いた工場跡地などの油汚染土壌浄化設備や石こうボードリサイクル設備、レアメタル回収設備、PCB分解設備などの環境関連設備の開発、および既存のコア技術を応用した新規事業の確立にも注力。また、こうしたコアテクノロジーをプラント分野だけでなく環境・リサイクル分野にも積極的に応用していきます。

【「真にお客様から信頼されるメーカー」を目指して】
震災復興への取り組みには引き続き全力を挙げると共に、4つの基本方針である「新製品の開発」「営業力向上による新たな販売戦略の構築とメンテナンス事業の強化」「海外事業の強化」「製品競争力を向上する為の設計技術・生産技能レベル向上」に注力。さらに当社ブランドを高める活動を推進し、「真にお客様から信頼されるメーカー」を目指します。

(※1 2019年版 四季報、自社調べによる)

私たちの仕事

【事業内容】
国内外のインフラ整備に活躍するプラント機器等の製造・販売・メンテナンス

◆アスファルトプラント
◆コンクリートプラント(バッチャープラント)
◆各種コンベヤ
◆環境関連製品
◆プラント関連制御装置

【各職種の仕事内容】
◆営業
機械製品の営業を担当します。
先輩社員からお客様を引き継ぎ、共に成長しながら、パートナーとしてお客様に合った製品を企画・提案・営業していきます。決まった製品を売りさばくのではないため、学ぶことは多いですが達成感のある職種です。 

◆メンテナンスサービス(技術サービス)
プラントを熟知した技術者として、プラントの診断・機能アップ・リニューアル・メンテナンスを行います。自分が直接機械に触れることもありますが、現場監督としてプラントに関わることも多いです。全職種の中で研修期間が最も長い職種です。機械・電気を中心とした機械好きな理系の方が多いですが、じっくり研修しますので専攻は問いません。

◆機械設計・制御設計・開発
機械設計、制御設計、開発設計、商品開発・企画を担当します。
日工が約100年に及ぶ歴史の中で培った「乾燥、加熱、混練、搬送、制御」などの技術を駆使して製品をつくり上げていきます。
 
◆製造・生産技術
製品の製造に関する事務や、工場の生産設備の管理を担当します。
 
◆情報システム
社内システムの企画・開発・運用・保守等
コンピュータやネットワークを利用して経営や業務活動を支援します。

はたらく環境

職場の雰囲気
社員一人一人を長い目で見て育てていく環境

【アットホームな社風】
職場の雰囲気はアットホームで、先輩が後輩の面倒をみる伝統があり、年齢や役職の上下にかかわらずフランクに接することができます。
このような社内環境もあって、平均勤続年数は18.5年(2017年3月時点)と、上場企業の中でも上位です。安心して長年勤めていただける会社だと自負しています。

【部署間の連携】
設計、製造、購買、営業、メンテナンスなど、あらゆる部署が情報を共有し、最高のパフォーマンスを発揮。
会議では活発に意見が交わされ、多様な視点による「新たな価値」を創造しています。

【充実した教育制度】
新入社員は、内定者研修、新入社員外部研修、プラント・技術についての学習、資格の取得等、手厚い集合研修を受講することができます。また、新入社員研修の後は、OJT制度によって、先輩からマンツーマンで教えてもらうことができます。
さらに、社内外における英語教育や、資格取得補助といった自己啓発支援制度もあり、自己成長・スキルアップをすることができる環境です。

企業概要

創業/設立 設立/1919年8月13日
本社所在地 住所/兵庫県明石市大久保町江井島1013-1
郵便番号/674-8585
電話番号/078-947-3131
代表者 代表取締役社長 辻 勝
資本金 91億9700万円
売上高 270億3,500万円(単独)
351億5,100万円(連結)
【2020年3月末実績】
従業員数 528名(単独)、838名(連結)
【2020年3月末現在】 (2020年03月現在) 
子会社・関連会社 日工(上海)工程機械有限公司、NIKKO ASIA (THAILAND) CO., LTD.、
日工電子工業(株)、日工マシナリー(株)、トンボ工業(株)、日工セック(株)、
(株)前川工業所、日工興産(株)
事業所 <本社・支社>明石本社、事業本部(東京都千代田区)
<支店・営業所>北海道支店(札幌市)、東北支店(仙台市)、関東支店(さいたま市)、北関東支店(群馬県高崎市)、中部支店(名古屋市)、大阪支店(東淀川区)
中・四国支店(広島市)、九州支店(福岡県大野城市)、
横浜営業所(横浜市)、四国営業所(高松市)、南九州営業所(鹿児島市)、
台北支店(台北市)
<サービスセンター、ステーション>東京サービスセンター(千葉県野田市)、
東京サービスセンター湾岸サービスステーション(千葉県市川市)、
明石サービスセンター(明石市)、盛岡サービスステーション(盛岡市)、
北陸サービスステーション(金沢市)、明石サービスステーション(明石市)、
岡山サービスステーション(岡山県倉敷市)
<工場>本社工場(明石市)、産機工場(明石市)、東京工場(千葉県野田市)、
幸手工場(埼玉県幸手市)、加古川工場(加古川市)、福崎工場(兵庫県神崎郡)
平均勤続勤務年数 15.8年
【2020年3月末現在】
※2020年3月期有価証券報告書より
採用実績と過去3年間の新卒離職者数(人数) 過去3年間の新卒採用者数
2020年       13名
2019年       14名
2018年       15名

過去3年間の新卒離職者数
2020年       0名
2019年       1名
2018年       4名

採用連絡先

E-Mail:jinzai@nikko-net.co.jp
TEL:078-947-5263
FAX:078-947-7674
 
〒674-8585
兵庫県明石市大久保町江井島1013-1
総務室 採用担当:植木