みずほリース株式会社

みずほリース株式会社(ミズホリース)の新卒採用・企業情報

東証 正社員 応募受付終了

みずほリース株式会社

【リース】

「貸します解決!」 オーダーメイド型の提案で顧客課題に応える!

企業が求めるニーズ、抱える経営課題は一社として同じものはありません。リースには決められた商品や形はなく、いかに顧客ニーズ、経営課題に合った提案ができるのかがカギを握ります。みずほリースは企業のニーズに応じたオーダーメイド型の提案を創り上げ提供する、「少数精鋭の専門家集団」。積極的に若手社員にも大きな職責を与え、独自の視点やアイデアを大切にする環境が整っており、Challenge[挑戦]・Change[変革]・Create[創造]という「3つのC」の行動指針のもと、グループ各社の連携を活かし、常に最良の提案・ビジネスを追求しています。

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • 安定した顧客基盤

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
新たな価値創造に向けて ― Challenge Change Create ―

みずほリースは、旧・日本興業銀行が中心となり設立された、みずほフィナンシャルグループの総合リース会社です。
大企業から中堅中小企業まで、あらゆる企業の経営課題やニーズに対し、課題解決型の提案営業を展開しています。
お客様と共に挑戦を続ける、価値創造カンパニーとして、オペレーティングリース、ストラクチャードファイナンス、環境ビジネスへのファイナンスなど、これまでに培った専門的ノウハウを活かし、経営コンサル機能を含めた「法人向けの総合金融サービス」の提供を更に推進していきます。

事業・商品の特徴
総合リース業(リース、割賦、プロジェクトファイナンス等)

各種ファインススキームを駆使し、多面的なソリューション営業を積極的に展開している当社では、係わる企業、扱う商材も多岐にわたります。

【航空機】【船舶】【産業・工作機械】【建設機械】【医療機器】【情報関連機器】【不動産】【商業用設備】【環境関連機器】等

企業理念
経営理念・方針

■企業理念
私たちは、豊かな未来へ繋がる価値ある金融サービスの提供を通じて、広く社会に貢献する企業グループを目指します。 

■経営方針
1.お客さまのニーズにお応えし、グループの総合力を結集して、的確かつ迅速なサービスの提供を目指します。
2.株主・市場からの評価と信頼の一層の向上に努めます。
3.積極的な人材の育成・登用と自己研鑚を通じて、活力に満ち、働き甲斐のある会社風土の醸成に努めます。
4.法令及びその精神を遵守すると共に、企業としての社会的責任を常に認識し、広く社会の理解と共感を得られる企業グループを目指します。

■行動指針
3つのC
Challenge[挑戦] Change[変革] Create[創造]

私たちの仕事

優れた企画・提案力とみずほグループ各社などとの連携による独自の情報ネットワークが何よりも大きな武器。
その強みを活かしリースの可能性を切り拓いてきた当社は、一人ひとりの知識と熱意が重視されています。若手社員であれ、大きな職責が与えられることで社員のやる気を高めています。
今後もお客様ニーズに応じた総合コンサルティング機能を一層充実させることにより、企業の設備投資を喚起、新たなビジネスフィールドを創り出す全方位型のビジネスを展開していきます。

◯総合職(地域限定含む)
基本的にはまず営業部へ配属されます。営業部は業種を問わず様々なお客様と関わるエリア営業、大企業グループへの営業を中心としたコーポレート営業、医療や建設機械等、業界に特化して営業を行う機種営業、不動産や航空機等のファイナンス業務を中心に行う専門営業に分かれています。

◯業務職
アシスタント業務。営業・管理部門問わず社内で連携を取り、スムーズに仕事が進むよう事務面でのサポートをして頂きます。

はたらく環境

社風
「少数精鋭」を支える充実した環境!

少数精鋭の当社では、入社後の導入研修やOJTのほか、階層別研修や実務スキル研修を通して、その成長を後押ししています。
グローバル分野に注力する中で、海外人材の公募も実施しています。海外からのインターン生による全社員応募可能な英会話レッスンに加え、応募者に対しては語学研修も実施し、「海外トレーニー制度」を活用した、若手社員の海外現地法人への派遣も行っています。
また、ベテラン社員が講師となる社内教育の場「虎子屋」を設置。営業の極意や審査のポイント等、ベテラン社員のノウハウを学べるだけでなく、社内交流の場のひとつにもなっています。

オフィス紹介
みずほリース本社ビル

虎ノ門駅から徒歩1分の好立地にみずほリースの本社ビルがあります。出口を出れば、すぐに見える距離。雨の日にも、ほとんど濡れずに到着です。
すぐに電車に乗れる利便性の良さは、フットワークの軽い当社の営業にも役立っています。

組織の特徴
ダイバーシティ推進

2014年、女性活躍推進プロジェクト「SAKURA」が発足。一般の社員がプロジェクトメンバーとなり、女性の働き方やキャリアアップについて、課題やそれに対する施策を立案してきました。現在では女性だけにとどまらず、全社員の働き方改革を推進しています。

また、2016年には「ダイバーシティ推進室」を設置。さまざまな視点や価値観を尊重し、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮し協働していける体制づくりや社内の意識改革に取り組んでいます。

企業概要

創業/設立 1969年12月にパシフィック・リ-スとして設立
1981年11月に興銀リ-スへ社名変更
2019年10月にみずほリースへ社名変更
本社所在地 東京都港区虎ノ門1-2-6
代表者 代表取締役社長  津原 周作
資本金 260億8803万円
売上高 5392億円(2020年3月期 連結)
従業員数 単体:735名
連結:1804名 (2020年09月現在) 
子会社・関連会社 ◯国内
みずほ東芝リース(株)
第一リース(株)
ユニバーサルリース(株)
みずほ丸紅リース(株)
リコーリース(株)
みずほオートリース(株)
エムエル・エステート(株)
エムエル商事(株)
エムエル・オフィスサービス(株)

◯海外
瑞穂融資租賃(中国)有限公司
PT. Verena Multi Finance Tbk
Mizuho Leasing (UK) Limited
Krung Thai IBJ Leasing Co., Ltd.
PNB-Mizuho Leasing and Finance Corporation
Vietnam International Leasing Company Limited
PLM Fleet, LLC
Aircastle Limited
IBJ Air Leasing Limited
IBJ Air Leasing (US) Corp.
事業所 【国内】
本社(東京)、札幌、仙台、新潟、富山、大宮、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡

【海外】
中国(上海・広州)、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、イギリス、アメリカ
契約実行高構成比 (2020年3月期) ・リース:49.5%
・割賦:4.5%
・各種ファイナンス他:46.0%
主要株主 ◯(株)みずほ銀行
◯第一生命保険(株)
◯日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口)
◯日産自動車(株)退職給付信託口座 信託受託者 みずほ信託銀行(株) 再信託受託者 資産管理サービス信託銀行(株)
◯ユニゾホールディングス(株)
◯明治安田生命保険相互会社
◯DOWAホールディングス(株)
◯日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)
◯日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(三井住友信託銀行再信託分・(株)東芝退職給付信託口)
◯日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9)

採用連絡先

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-6
人事部リクルートチ-ム 
TEL:03-5253-6527
Mail:saiyo@mizuho-ls.co.jp