自己分析とは……?

自己分析とは、一言でいえば自分を知ること。
ES(エントリーシート)や面接にも密接に関わってくる、いわば就活の基本です。
これができていないことには、就活はうまくいきません。
実際、みなさんの先輩も就活準備として最も力を入れていたのが自己分析です。

先輩たちが最も力を入れた就活準備とは?

「自己分析」と回答した先輩
77.7%

キャリタス就活 学生モニター調査結果(2020年1月)

自己分析でわかること

  • 自分に合いそうな企業・職種がわかる
    (=自分に合わなそうな企業・職種がわかる)

  • 自分のことを相手に正しく、魅力的に伝えることができる
    (自己PR・志望動機につながる)

  • 「自分の軸」を持つことで、
    志望業界・企業を選ぶことができる

自己分析のやり方

家族や友人、知人の意見も取り入れつつ、
診断テストなどもうまく活用してバランスよく分析する

客観評価に最適な自己分析テストをやってみよう!

通学時間などを利用して「自分らしさ」を見つけましょう。

  • 【キャリタス自分研究&適職診断】

    たった15分でできる!あなたの「価値観」と「能力(強み)」がわかります。

  • 【キャリタスクエスト】

    21問の簡単な質問に答えると、あなたの性格や特徴が100種以上のユニークなキャラとして診断!

自己分析のコツ

  • 1:自分の経験を書き出す

    ・2~3年前から現在を中心に「自分の歴史」を書き出す
    ・自分の「強み」「弱み」「やりたいこと」「できること」などのキーワードから書き出す

     

    誰かに見せるものでもないため、どんな些細なことでもとにかく正直にどんどん書く

  • 2:見直す

    ・書き出したことの中から自らの特徴、長所を探す
    ・自分の価値観を把握する

     

    その間も思い出したことは書き足す

  • 自分自身にインタビューしながら自己分析する

例えば「コンビニでのアルバイトをがんばりました!」という人であれば……?

  • 嬉しかったことや辛かったことなど、印象的だったことを書き出してみよう感情の動いたときがポイントになりやすい
  • 長所が見つからない……という場合は?短所=長所!短所をプラスに捉えて、	長所に言い換えてみよう	例:人の意見に左右されやすく、周りに流されやすい→人の意見を取り入れ、	臨機応変に対応できる(柔軟性、環境適応力がある)

自己分析から自己PRへ

自己分析を通じて理解、把握した「自分の特徴、長所、価値観」をESや面接において
自己PRに落とし込む際の最大のポイントは、

企業(人事担当者)が魅力に感じるように書く、話す

ということ。そして構成は、

  • 結論
  • 理由・目的・
    状況
  • 課題点・
    具体的行動
  • 結果・成果

として、具体的なエピソードを交えつつ、ストーリー調にということも意識しましょう。
単純に「私は問題解決能力があります。」ではなく、「どんな問題・課題があって、それをどう解決し、どういった結果・効果があったか」それを明記、明言するように心がけてください。

今だけ!先輩はどんな自己PRを書いた?インターンシップの選考に通過した先輩のES集(自己PR編)をダウンロード!
\ PCでダウンロードしよう/

自己分析ワークシート(完了後の見本付)

「書き出すといってもイメージが湧かない・・・」、「サンプルが欲しい」という人も多いはず。
そこでこのページをご覧のみなさん限定で、キャリタス就活でしか手に入らない
オリジナル自己分析ワークシートを見本と一緒に無料でプレゼント!

『先輩のES集50例(自己PR編)』および『自己分析ワークシート』をダウンロードするには、会員登録またはログインが必要です。

1:会員登録がお済みでない方
いずれかのボタンをタップすると、別ウィンドウで会員登録ページが立ち上がります。登録完了後、こちらのページに戻り更新するか、再度ボタンをタップすると、会員限定ページに遷移しますので、そちらからダウンロードできます。
2:会員登録がお済みの方
いずれかのボタンをタップすると、別ウィンドウでログインページが立ち上がります。ログイン完了後、自動的に『自己分析シート』が表示されますので、そちらからダウンロードできます。
3:ログイン済みの方
いずれかのボタンをタップすると、『自己分析シート』が表示されますので、そちらからダウンロードできます。

自己分析ができたら……

  • 【業界・企業研究のやり方】

    自分に合った業界や企業を選ぶコツをわかりやすく解説!

  • 【ES対策】

    書類選考の準備も必須!「読まれるES」の書き方を実例をもとにお教えします!

  • 【面接対策】

    選考における最大の関門、面接。よくある質問から実際の応対例まで、面接を有利に進める方法を伝授!