栃木県土地開発公社

栃木県土地開発公社の企業情報

栃木県土地開発公社

【公団・公社・公益】

企業概要

事業内容 「公有地の拡大の推進に関する法律」に基づき、昭和50年に栃木県庁が全額出資して設立しました。
主な業務は、地域の雇用を創出する『産業団地の造成・分譲業務』、地域の安心安全なまちづくりに欠かせない『
道路や公園等の公共用地の取得業務』を行っています。
産業団地は栃木県内の3~4割を当公社が造成・分譲しています。
主な団地として、県央の芳賀工業団地にはホンダエンジニアリングなど自動車関連をはじめとする、製造業の企業など多数立地しています。
また、公共用地に取得業務は、東北自動車道や北関東自動車道などの高速道路、みかも山公園(佐野・栃木市)やなかがわ水遊園(大田原市)、JR自治医大駅や県立宇都宮北高校などの公共施設の用地取得を行っています。
地域に貢献でき、地図に残る仕事です。
創業/設立 1975年04月
本社所在地1 栃木県宇都宮市栄町1番15号栃木県開発センタービル7階
電話番号 028-622-0466
事業所 なし
代表者 理事長 吉田 隆
資本金 2,000万円
売上高 4億8,611万円(2019年03月現在)
従業員数 24名(2019年04月現在)(正社員、非常勤職員、アルバイトを含む。)
上場区分 非上場
主要取引先 国土交通省、栃木県、工業団地に進出する企業